なんだかよくわからないですが・・・。

 

 例の「時事通信」の記事ですが、

news.nifty.com

 記事の中で、自民党幹部の話として以下の記述がある。

 『「現職副大臣が離党するなんて前代未聞だ」。自民党幹部は24日、福田氏の動きを聞きつけると吐き捨てるようにこう語り、除名した上で、別の選挙区に転出する見通しの同氏の地元である神奈川8区には、新たな候補を立てる考えを示した。

 「時事通信」も、どちらかと言えば「安倍応援団」の一員。

 記事の中にある「前代未聞」という言葉を、近く開会される「臨時国会」の「開会」から「衆議院解散・閉会」までの流れ(現在、与党で最終調整しているのだろうが)のほうに当て嵌め「問題提起」することが望まれるのでは・・・と思うが、「応援団」の一員では言えないか? 「ワイドショー」に「事情通」として出演される「あの方」の「にやけた顔」が目に浮かぶ

 

 

 「古賀茂明」氏というと、違和感を覚える方もおられると思いますが、この記事は、良いところを突いていると思います。

www.msn.com

  あくまでも、トランプの「尻」を追いかける「アベ」には、適当な言葉が見つかりません。

 

 

 その「安倍政権」、なんだかよくわからない「大義名分」を掲げて「衆議院解散」するそうですが、一人、また一人と抜けていきますね、重臣が・・・。

 今日は、「集団的自衛権」の纏め役(高村氏)が、「体力の限界・・・」とか言って離れていきました。本当の所は別にあると思いますが・・・。

 

 

 「腰抜けマスコミ」は、今夕の記者会見でも、「丁寧な説明」について噛み付くことはしませんでした。

 

 「政府」がダメなら「マスコミ」もダメ。この国はどうなるんだろう。

 

 

 「希望の党」とやら、小池氏が前面に出てきましたが、この件について「若狭」氏は、直前まで知らされていなかったようで、記者の質問に対して「浮かぬ顔つき」で答えていた。

 ちょっと、胡散臭い気もする。人数だけそろえれば良いってものでもないでしょう。内部で何か起きているのかも・・・。

 

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。