「桜」のトンネル。

 

 「年度末」ですね。「別れ」と「出会い」の季節です。

 

 「TV」や「ラジオ」の「番組」も、「終了したり」「始まったり」しますね。また、「司会者」が変わったりもしますね。

 

 いつもながらに思うことがあります。

 

 「TV」の「バラエティー番組」と称する「モノ」。

 原色に近い「目に刺激が多すぎるような色」をふんだんに使い、目いっぱい明るい照明を使い、「芸人」を「ひな壇」に並べて、「どーでもいいこと」を喋らせる「あの番組たち」。

 何とかなりませんかね?

 制作する側は、とても「楽ちん」に、長いモノは数時間の番組を造ることができます。「番組制作」という「仕事」から「逃避」してませんか? その番組の「言いたいこと・訴えたいこと・知らせたいこと(主題)」は何ですか?

 

 もう一つ。

 歩いたり・クルマに乗ったり・バスに乗ったり・鉄道に乗ったり・航空機に乗ったり・船に乗ったりして彼方此方でかけて、その地域を「紹介?」する番組。

 そこに、いかにも、「ヤラセ」って分かり過ぎるくらいの番組進行がまかり通っている。

 これも何とかなりませんかね?

 「突然の出会い」と見せかけるための「演技」が、「下手」で「台本丸見え」です。

 

 「朝」と「昼」と「夜」以外は「放送休止」で、その短い放送時間の為の番組造りに懸命だったころに、一度、戻ってみては如何でしょう。

 

 かなりの高齢者でないと経験のないことですが・・・。

 

 

 

 

 

 毎日新聞、3月23日の記事から。

 

 国民は、そんなに「卑しい」か? 某解説委員殿。

mainichi.jp

 

 

 毎日新聞、3月27日の記事から。

 

 何度でも言いましょう、忘れないようにしましょう。主役は「あの夫妻」です。

mainichi.jp

 

 

 デイリースポーツ、3月28日の記事から。

 

 炎上して当然でしょう。

 「政権」と「佐川氏」と、入念な「打ち合わせ」のもとに行った「誘導」と言われても仕方のない「質問」でした。

 しかし、そのご努力は、完全に「ヒラメ」いや「裏目」に出ました。

headlines.yahoo.co.jp

 国民の「目」と「耳」は誤魔化せませんね。

 

 

 

 「BLOGOS」、3月29日の大西宏氏の記事から。

 

blogos.com

  証人喚問は、「与党の対応が試されている」のです。国民は、「田舎芝居」を見抜いています。

 

 

 

 こんなのも一つ。「ダイヤモンドオンライン」、3月29日の」記事から。

 

diamond.jp

 

 

 

 

 朝日新聞デジタル、3月28日の記事から。

 

 自民党の重臣が、言葉を選びながら語っています。

 一致団結が解けるときは「思いもよらぬ」所から崩れていきます。

 この方の「心中」を察するとき、「何物にも言い難い」ものを感じます。

www.msn.com

  自民党支持者ではありませんが、「普通に物事を考えられる人」に期待しています。

 

 

 

 

 「夏を思わせる「暑さ」の中、散歩&桜撮りに行って来た。

 もう「満開」です。

 「桜」のトンネルは「菜の花」も加わって「いい気分」でした。

 

 「隠し事」は正直に「白状」して、「お花見」でもいかがですか? 安倍夫妻殿、佐川殿。今が見頃ですよ。

 

f:id:tomy2291:20180329111840j:plain

f:id:tomy2291:20180329111906j:plain

f:id:tomy2291:20180329113035j:plain

f:id:tomy2291:20180329113108j:plain

f:id:tomy2291:20180329113141j:plain

f:id:tomy2291:20180329113219j:plain

 

 このお子さんが大きくなられる頃の「日本」は、どんな国になっているでしょう? 「安倍とその仲間たち」に任せておいて良いのでしょうか?

f:id:tomy2291:20180329113247j:plain

f:id:tomy2291:20180329113323j:plain

f:id:tomy2291:20180329113357j:plain

 

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 明日は、終日、福祉ボランティア活動です。