囚われの身で何が分かったのか?

 

 

 「はてな」さん、このところ、変だ。

 「不具合が発生・・・」、「回復しました・・・」と通知がある、それ以外にも「不具合」と言えるかどうか際どいところの「動作」が散見される。(私のPCが単純に古すぎて次から次へと来る動作指令に追いついていない・・・と言われると反論は無理だが。)

 それにしても、

 一旦、運用を始めた「システム」にあれこれと改良を加えていくことは、いろんな面で重要且つ必要なことだが、慎重には慎重を期して・・・と願う。

 まあ、言い訳じみたことを書けば、現役の頃、「システム管理者」であった私も幾度となく苦い経験があったことは白状しておく。

 改良が改悪を生むことは多々あることで・・・。

 

 渋谷での「バカ騒ぎ」も終わったようだが、我が街でも、私鉄駅近くにある県立高校の生徒らしき若者が「変装」を楽しんでいたようだ。楽しんでいる分には良いとしても「ハメ」を外さぬように・・・と祈る。お巡りさんのお世話になって調書を取られてしまうと、後の人生に付き纏われることになるのでね。

 いずれにせよ、来年のこの「騒ぎ」には、悲しいかな、「何らかの規制」が必要となるだろう。本来のこの行事の持つ意味など知らずに「騒ぐ」だけの者たちに対して。

 

 

 さて、先日撮った「菊」の写真。まだ続く。

 

f:id:tomy2291:20181102115157j:plain

f:id:tomy2291:20181102115213j:plain

f:id:tomy2291:20181102115248j:plain

f:id:tomy2291:20181102115305j:plain

f:id:tomy2291:20181102115320j:plain

f:id:tomy2291:20181102115337j:plain

 撮影地:横浜市泉区(2018/10/30)by PENTAX K20D

 

 

 

 安田さんが会見を開いた。

 何を言いたかったのか? 何を聞きたかったのか?

 3年余日をほぼ全日囚われの身であった人に何が語れるだろう。語れるのは、見張り役やその他言葉を交わすことのできた限定された方々からの「信憑性に疑問が付きそうな」この会見では語っていない情報だけと言っても過言ではない。少なくとも、自分の目で見てはいない情報だ。

blogos.com

 安田さんの、失敗であった行動の一部始終が明らかになることで、困るのは誰なのか? 日本政府でないことだけは確かだ。

 

 

 

 良いお天気です。

 このところの「晴天続き」に思うことは、真夏の東京を「この頃の東京は暑くない・・・」とオリンピック招致に血相を変えていた面々に、その真意を聞いてみたい。序に下手な英語で「アンダーコントロール」と言い放った「愚か者」にも同様に・・・。

 

 

   今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。