本当に「増税」できるかな?

 

 すっきり晴れません。雨も降ったり。

 晴れ間を選んで散歩に出かけました。

 

f:id:tomy2291:20181014222149j:plain

 

 久し振りに「菅官房長官」のブログを読みました。

 相変わらずですね。

blogos.com

 6月の米朝会談後、「6か国協議」が「5か国協議」に変わろうとしている事実を知らないようです。

 つまり、「蚊帳の外」になってしまっている。

 ブログ中にある『国際社会と連携しつつも、一番重要なことは日本が主体的に取り組むことです。』、「蚊帳の外」に追いやられた国が、どうやって、「日本が主体的」に取り組めますか?「国際社会と連携」できますか?

  本気でこのようなことを考えているとすれば、取り返しのつかないほどの認識不足。わざとこのようなことを書き綴っているとすれば、「安倍」以上の「ウソつき」です。

 

f:id:tomy2291:20181014222356j:plain

 

 こういう事は「公明党」が得意ですから、そちらのほうに任せるのが一番。

 流石に違和感を覚える国民が増えたことを気にしてか「軽減税率」という文言を使わなくなった。

news.livedoor.com

 増税の影響を和らげる対策の検討だそうですが、ぞの財源は何処から出てくるのでしょう。結局のところ、「税金」(実際は、税金どころか「国の借金」から)から賄われるわけで、2%上げたつもりがそうではないことになる。

 「安倍」の得意中の得意技『目晦まし戦術」である。

 更に、しっかりと(これも「安倍」の「目晦まし語」だが)『国土強靭化などの公共投資による需要喚起』が入れてある。

 諸官庁は、もう、諸手を挙げて「大喜び」だろう。「国土強靭化」の旗の下「財源」など気にもすることなく何でもできる。

 結局のところ、2%増税分は遥か彼方へ消えてゆき、更なる国債が積みあがるだけ。

 もう、こういう悪循環しかできない政権は潰しましょう。

 

 

f:id:tomy2291:20181014222519j:plain

 

 

f:id:tomy2291:20181014222620j:plain

 

 

f:id:tomy2291:20181014222651j:plain

 

 

f:id:tomy2291:20181014222658j:plain

 撮影地:横浜市泉区(2018/10/14)by PENTAX K5

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。