「飯塚投手」やっと勝ち星が付いたね。

 

 飯塚君!やっと勝ち星が付いたね、おめでとう!

 記事にある通り、普通に、3勝目(3度目の正直)だね。勝利投手の権利を持ったまま途中降板して、後続の投手が打たれてしまって・・・という、勿体無いというか残念というかの連続で。

headlines.yahoo.co.jp

 そのことは、ラミレス監督やナインも随分気にしていたようで、とにかく良かった。

 速球はそんなに速い方じゃないんで、球の切れとコーナーで勝負するタイプ。最近、あまり見かけなくなったタイプの投手で、且つ、故郷・新潟の「日本文理高校」(時々、甲子園にも顔を出す、新潟では強豪校)の出身。

 これからも応援します。頑張って下さい。

 一番喜んでいるのは、今度こそ!と諦めずに何回も登板させてくれたラミレス監督じゃないかな。これからも、しっかりと期待に応えて下さい。

 

 

 

 

 

f:id:tomy2291:20180619200838j:plain

f:id:tomy2291:20180619200847j:plain

f:id:tomy2291:20180619200902j:plain

f:id:tomy2291:20180619200916j:plain

f:id:tomy2291:20180619200929j:plain

 撮影地:横浜市泉区(2018/06/19)

 

 

 

 

 

 「類は友を呼ぶ」という諺があります。この諺が示す意味は何でしょう?

 

 『気の合う者や似通った者同士は、自然に寄り集まって仲間を作るものである』ということが普通に理解されているこの諺の意味でしょうか。

 

 私の理解はこんな感じです。

 『今の自分が付き合っている人、今に自分に近づいてくる人は、今の自分のレベルにお似合いの人。今の人間関係が嫌で、もっとちゃんとした人と付き合いたいなら、自分がちゃんとした人と付き合うにふさわしい人にならないといけない』。

 

 

 

 それはさておき、「安倍」と「加計」は、正しく、「類は友を呼ぶ」ですね。

 人を食ったような「会見設定」と「会見内容」。

 「岡山」でAM11:00から会見を開くとマスコミに伝えたのがAM9:00。東京に居るマスコミ関係者には顔を合わせたくない・・・と言っているようなもの。隠したい事、聞かれては困ることがてんこ盛りなんでしょう。

 本人は「謝罪」のマネをしているつもりだろうが、表情に「厳しさ」が感じられない。やりたくないけど仕方なくやってる・・・が丸見え。時折笑みさえ浮かんでいた。

 会見時期も変だよね。他に大きなニュース(サッカーとか地震とか)があるので、自分のことは大きく取り上げられないだろう・・・と大慌てで会見。目論見が、これも丸見え。

 

www.nikkei.com

 

 こんな「トンデモ爺さん」に、愛媛県今治市は広大な土地と多額の資金を提供し、国からは私学助成金が出る。

 

 これでも、まだ、「安倍一味」の支持率が高い。とんでもない国、とんでもない国民だ。

 

 

 

 

 

 「DeNA」飯塚君、ゴメンね。お祝いの記事が、「安倍」と「加計」で真っ黒に汚れてしまった。

 

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 次の登板が「横浜スタジアム」(通称:ハマスタ)だったら「応援」に行きます。