「報道」の仕方は・・・。

 

 今日もまずまずのお天気でした。朝方は少し冷えましたが、もう11月も半ばですからね。

 今夜から明日にかけては「雨」のようです。

 

 今日は、愛車・ブルーバードシルフィの12カ月点検で、長~いお付き合いのディーラーに愛車を持ち込んで点検して頂きました。

 特別に不調なところもなくて、エンジンオイルの交換と、ついでに、ノーマルタイヤスタッドレスタイヤへの交換も。

 その他、リアブレーキのパーツで、そろそろ交換したほうが・・・という指摘を受けたパーツがあったので、パーツが入荷次第交換作業を・・・ということで、パーツの注文をお願いしてきた。

 

 そんなことで、担当営業者と長話をして時間を費やしたので、写真撮りには行けず仕舞い。昨日載せた「富士山」の残りを。

 

f:id:tomy2291:20171113225254j:plain

f:id:tomy2291:20171113225302j:plain

 

 

 最近、とても気になることがあります。

 

 例の、座間市の殺人事件。(我が家からそんなに遠くないところですが・・・)

 

 その報道で、被害者のお名前を「実名」で報じたり、「友人」と称する方々に被害者のことを語らせたり・・・。

 ここ数日、少し控えめになってきましたが、「その報道の仕方」そろそろ止めませんか。お名前は、「Aさん、Bさん・・・」で良いじゃないですか。被害者のことを「友人など」に語らせるのも止めましょうよ。

 そのようなことで、被害者の方々の弔いになるでしょうか? 加害者への非難や追求になるでしょうか?

 

 もちろん、事件として報道することは当然ですが・・・。もう少し、いろんな意味で「配慮」のある報道はできないものでしょうか?

 

 今まで、経験したことのないような、特異な事件ですので。

 

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。