「恥ずかしいアピール」。

 

 「スマホ」の「4年縛り」が話題です。

 「独占禁止法」に違反の恐れとか・・・。穏やかではありませんね。

 「スマホ」の前の「携帯」でも「2年縛り」とかいうのがあったような(今もあるか?)関心がないのでよくわかりません。

 「携帯」も「スマホ」も、できる限り関わりたくない・・・と、つとめて無関心を装う老人でも、ニュースに登場すると気にかかります。 

www.huffingtonpost.jp

 歩く時もスマホ、自転車に乗っていてもスマホ、クルマを運転していてもスマホ、電車に乗っているときもスマホ、テレビを見るふりしてスマホ、ラジオを聞くふりしてスマホ、読書の片隅にスマホ、ご飯を食べながらスマホ・・・キリがありません。

 

 人の世は、老いも若きも「スマホ中毒患者」で溢れ返っています。「依存症」対策がここでも必要かもしれません。

 

 友人は、「携帯」から「スマホ」に乗り換えてオロオロしていたら、小学生の孫に「おじいちゃん!それはね・・・」と「ご指導」をうけたそうで、孫の成長を誇っておりました。

 

 私は、未だに、化石と化した「ガラケー」愛用者であります。当分の間、「スマホ」には乗り換えないでしょう。

 「使えば便利」と人は言いますが、その「便利な機能」を「いつでもどこでも」使う必要性に迫られておりませんので・・・。

 

 

 

 

 大阪の地震の「ブロック塀」倒壊を契機に、あちこちで、調査が進み、一部では取り壊す事態に発展している。

 「学校」に「プール」が整備され始めたころ、プールの周囲は、水を貯める土台は別にして周りは「フェンス」で囲まれていた気がする。どこの学校のプールの同じような構造だったようにも思う。

 では、なぜ?「目隠しブロック」を積むことになったか? 「目隠しブロック」とわざわざ書いたところにその要因の一つを見出すことができます。

 賢明な方はお分かりですよね。

 

 

 

 この様な事象は(他にも沢山ありますが)超党派で進めて頂きたい問題です。「安倍」にはできないことでしょうが。

www.msn.com

 

 

 

 

 サッカー日本代表は、「引き分け」でした。従って、まだ、次のステージへ進めるかどうかは次戦に持ち越しです。

 サッカー好きの私ですが、今回の日本代表には「熱く」なれません。「監督交代」の経緯が、あまりにも不透明で、気が削がれました。

 始まってみて、この方の「醜いプレー」に唖然とし、更に、気が削がれました。全世界に放映された中継映像から見ても、誰もが「ゴール」と認識できる状況を、ゴールではないとアピールしていました。

 サッカーの試合では、しばしば、オーバーアクションと思われる選手の態度が見受けられますが、それとは次元の異なる(次元の低い)「恥ずかしいアピール」でした。

headlines.yahoo.co.jp

 実は、この方、欧州でご活躍中ですが、日本では報道されないもののいろいろある方のようで・・・。

 今時、「神の手」は通用しませんね。「神の手」の説明は省略します。

 

 

 

 

 同じサッカーの話題。

 昨日は、J2リーグ、「アルビレックス新潟」VS「FC町田ゼルビア」戦の応援観戦に行ってきました。

 会場は、「FC町田ゼルビア」のホームグラウンドの「町田市立陸上競技場」。東京都町田市という地名には程遠い「自然豊かな」一角にありました。サッカーファンには「野津田」と言った方が分かりやすいでしょうか。招待して頂いた方は、「新潟県・・・」と言ってもだれも疑わないような所・・・と「新潟弁交じり」に話していました。同感!

 

 結果は、0-0の引き分けでした。

 

 サッカーの応援観戦は、いつも、少し奮発して、高額な「指定席」なのですが、今回の「招待席」は、それを遥かに上回る「ナイスビュー」の席。報道関係者席のすぐ横でした。

 

 随分前のことですが、「神宮球場」で「ヤクルト」VS「巨人」の試合を、同じような席で観戦したことがあって、その時のことを思い出しました。

 

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。