「改ざん文書」はどうなった?

 

 今日はとても良いお天気でした。

 

 福祉ボランティア活動は、朝、利用者さんを通院先の病院へ送った後、「待ち時間+診察時間+処方薬の受け取り」まで、合計で4~5時間かかるので、一旦、事務所に帰り、「終了」の連絡を受けて、再度、通院先(病院)へ迎えに行くという行程でした。

 

 その間、「ヒマ」だったので、一旦、帰宅し、家の周りで写真を撮りました。

 

f:id:tomy2291:20180419174401j:plain

f:id:tomy2291:20180419174407j:plain

f:id:tomy2291:20180419174433j:plain

f:id:tomy2291:20180419174440j:plain

f:id:tomy2291:20180419174449j:plain

f:id:tomy2291:20180419174457j:plain

 

 

 

 もう、滅茶苦茶な「政治」と「官僚」の世界。

 

 訳の分からない「理由」を振りかざして「逃げ回る」姿には、呆れてしまいます。

 

 比較的「まとも」な対応と言動を行っていた「防衛大臣」も、ここに来て、自衛官の議員への暴言問題で、とうとう墓穴を掘ってしまいました。

 「・・・人それぞれに考え方はあるので・・・」と、「暴言自衛官」を「擁護」するかのような発言をしてしまい、更に、自分自身に非難を浴びることになってしまいました。

 

 やっぱり、この程度だったのですね。

 

  財務大臣は、国会開会中の国外会議への出席不承認(強制力はないが)を無視して「逃げ」ました。

 

 最近、色々出てくるので「忘れた」ような状況になっていますが、できる限り早く調べて公表すると言っていた「改ざん文書」の件はどうなったのでしょう? 「太田局長」しっかりして下さい。「ウソ」はいけませんよ。

 国会に対する「約束」です。(勿論、国民に対しても同様に「約束」です。)そんなに時間がかかることでもないでしょう。

 

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。