そんなに「喜ばしい」ことかな?

 

 

 『COP21』で皆さん「躍り上がって」喜んでいますが、そんなに「喜ばしい」ことでしょうか?

 なにか「抜け道」や「迂回路」が方々に散りばめられた『内容』に見て取れるのですが、どうでしょう。

 

 「地球温暖化」を「CO²」だけに背負わせて良いのでしょうか? なにか違う気がする。「CO²」だけに背負わせないと、「発展途上国」側にメリットがないことだけは確かなようだが、それよりは、いろんな視点での研究成果も加味すべきと思うが・・・

 

 

 『軽減税率』も「対象品目」だけは決着したようだが、肝心要の『財源』は、政府・与党で考えましょう・・・と、得意中の得意で『先送り』。先送りしても「無いものは無い」でしょう。

 問題は、どこを削るか。手っ取り早いのが「福祉関連予算」。間違っても「法人税減税」には手を付けられないでしょうね。財界にそっぽを向かれたら、安倍政権が立ち行かなくなるでしょう。

 自民党のとある方が、地方での演説で、「嬉しそうな顔つき」で、「大変なのはこれから・・・」などと発言しておられたが、それもそのはずで、自民党としては、公明党に「対象品目」の大幅拡大で「貸し」を作った訳で、これから「大変」なのは「借り」を返さなければならない公明党

 先に書いたが、手っ取り早く削れるのは「福祉関連予算」でしょうから、また、公明党の『看板』が崩れかかる(もう、全て崩れてる・・・という指摘もあるが)。しかし、支持団体からは「猛反発」が予想されるので安易に「福祉関連予算」は削れない。

 どうしましょう? 私的には「高見の見物」としよう。

 

 

 さてWindows 10」へのアップグレード。我が家的には、Windows 8.1からはアップグレードしたが、Windows 7からのアップグレードは諦めた。幾つか不具合が出た為。

 しかし、マイクロソフトもしぶとい。アップグレードは「取消」したのに、下手にWindows Updateを実行すると一緒にインストールしようとアップデートプログラムが「走る」

 

 

 今日は朝から夕方まで「冷たい雨」だったので、食材の買い物以外は外出しなかった。

 「暖冬」でスキー場に「雪」が無い。困ったもんだ。「雨乞い」ならぬ「雪乞い」をせねばならぬ。

 用事があって「田舎」に電話したら、「降らなくて」好都合と言っていた。まあ、それぞれの立ち位置で「降ってほしい」と「降らないで幸い」となるのは仕方ないか?

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。