「酒よ」。

 

 今朝の「富士山」。

 夜明け前は、雲に隠れていましたが、日が昇るころには、ステージのカーテンが開くように雲が流れて、いつもの「富士山」です。

 

 手前に「梅」を入れてみましたが、思うようには撮れません。「修業」が足りませんね。

 

f:id:tomy2291:20170204075521j:plain

f:id:tomy2291:20170204075527j:plain

f:id:tomy2291:20170204075536j:plain

 カメラ:PENTAX Optio VS20 Compact Digital Camera

 撮影地:横浜市泉区 2017/02/04

 

 

 

 最近、特に、感じる事があります。クルマの「ウインカー」を出さない、又は、車線変更や曲がる「直前」まで出さないクルマが、とても、とても、多くなってきたと感じます。

 交通事故によってなくなられる方が、昔、「交通戦争」などと言われたころに比べたら激減している・・・とは聞きますが、「危ない」行為には違いありません。

 自分のクルマの挙動を周りに知らせる重要な「モノ」です。確実に操作したいものです。

 

 

 さて、週末。

 今日は久しぶりに「酒」を口にします。待ちに待った年1回の「同級会」の日です。

 年末の大晦日と新年の元旦に、お猪口で数杯口にしただけで、あとは飲んでいません。

 主治医から、「酒」は極力「避ける」ように(ダジャレではありません)との指示があって、お酒大好き人間が、一転、お酒飲めない人間になってしまいました。

 

 まあ、これも、「我が人生」でしょうかね。

 

 

 ラジオ・テレビで見聞きする「いつもの歌」とは少し異なります。


吉 幾三 「酒よ」

 「吉幾三」さんのように、演歌を聞きながら酒を飲めるのが羨ましくなりますが、それもこれも、「奇形心臓」を大事に守り続けなければならない運命の為。

 最近、ちょっと、弱り始めたかも・・・?

 

 

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。