ようやく「Windows10」にアップグレードしました。

 

 今日は、ボランティア活動もなく「ヒマ」だったので、かねてから準備はしていたものの実行していなかった、「Windows10」へのアップグレードをやってみた。

 

 アップグレードしたPCは、パナソニックレッツノートの「CF-S9LYFSDR」という。OSは「Windows7」。

 

 アップグレードの予約をしたときに、一つだけ対応しないソフトウエアがあって(シマンテックのソフトウエア)、それは、早めにアンインストールしておいたのだが、そのほかには「無い」というのが、マイクロソフトの「診断」結果だった。

 

 だが、しかし、そうは問屋が卸さなかったのだ。

 「Intel(R) Dynamic Performance Management」のバージョンが古くて(Windows 7対応だった)、これで少し時間を取られた。

 アップグレード進行中に、これを「削除」しなさい・・・とのメッセージが出たのだが、このメッセージが適当でなかった。

 このメッセージが意図するところは、『新しいバージョン(Windows8対応のもの)のものに置き換えよ』なのだが、出てくるメッセージから、それは読み取れなかった。

 

 こんなところでモタモタしていられないので、WEBを検索しまくって、何とか解決策を見つけて実行。

 

 何とか動くようになった。ちょっと「重い」です。

 

 いろいろと弄って見たが、「Windows7」からアップグレードする「必要性」は、あまり感じられない。

 

 「Windows2000」、「Windwos XP」に続いて安定して動く「Windows7」で十分だと思う。

 

 

 そんなこんなで、「よい子は寝る時間」になってしまった。

 

 今日は、これにて。

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。