寒い!

 「気温が低い」のに加えて「雨」。「初冬」のようだった。

 午後になって「雨」も弱まり、今は(間もなく日付が変わる頃)雲が切れはじめている。只、「気温の低い」のは明朝まで持ち越すようだ。

 

 「傾いたマンション」騒動が収まるところを知らないようで、あれもこれもと出てくる。更に、元請・下請け同士で責任のなすりつけ合いも始まっていて「見苦しい」。

 報道などでは「今のところ傾いたりする不具合は発生していない」から「問題ない」と報道されるが、そう「言い切れる理由」は何でしょう? あまりにも「業界側」に配慮した報道だ。即、是正すべきだ。

 政権から幾度となく「報道姿勢」などについて、不当ともいえる「要求」を受けて、政治問題に限らず、あるゆる報道に「やってはならない配慮」をするようになったか?嘆かわしい。

 その最たる報道機関が「日本放送協会」だろう。未だに、「偽装」ではなく「流用」と報道することが多い。双方の「意味」を国語学者にでも聞いてみたらどうだ。

 もう一つ、安倍首相お付きの、あの、女性記者、何とかならんのかなあ。今日も「日中韓会談」関連のニュースで「自分の思い込み」をレポートしていた。「御用記者」だからしょうがない?か。

 

 

 サッカーJ1「ヤマザキナビスコカップ」、「鹿島アントラーズ」優勝おめでとうございます! 個人的思考によるが「ガンバ大阪」には勝ってほしくなかった。

 我が「アルビレックス新潟」は「前代未聞?」の準決勝まで進めた。勿論、優勝してほしかったが、ここまで進めただけでもサポーターとしては嬉しい。

 リーグ戦も残すところあと2戦。我が「アルビレックス新潟」は「J1残留」が、まだ、決定していない。楽観的に見れば、「残留」は決まったようなものなのだが、僅かな確率で「降格」する可能性も残っている。今週土曜日の試合で「引き分け」以上の結果を出して「自力」で「残留」を決めてほしい。勿論、他の試合の結果次第では「負けても残留」できるのだが・・・。

 

 日銀が「2%物価上昇目標」の達成目標時期を延期した。いろんな理由を挙げて言い訳しているが、政権側の「3本の矢」とともに「黒田バズーカ」もとんでもない方向に撃っているようで、「効かない」。

 

 「金融緩和」に大賛成で、わかったような話をしていた識者や論者はこのところ全く顔を見ない。書籍も出ない。

 

 その「お隠れになっている識者や論者」から「非難轟々」だったこの書籍。読み返してみた。「意味深々」の内容でもある。「普通」の図書館や書店(変な図書館や書店が存在するようで・・・)には置いてあると思うので、購入するか立ち読みか借りるかして読んでみては如何でしょう。

金融緩和の罠 (集英社新書)

金融緩和の罠 (集英社新書)

 

 

 

 「雨」が降って「気温」も低かったので、明朝は、もしかしたら、「冠雪の富士山」が望めるかもしれない。少し期待する。

 

 今日のボランティア活動は「冷たい雨」の中での活動だった。少し雨に打たれたが、今のところ調子悪くない。これからの時期、雨に打たれてのボランティア活動は体に堪える。

 

 「冷たい雨」と言えば、

冷たい雨

冷たい雨

 

 

  明日もゆっくりのんびりいきましょう。