「後味の悪い試合」だった。

 

 昨日とは打って変わって「寒~い」日でした。本降りの「雨」も降り続けました。福祉ボランティア活動では、少し、「雨」に打たれました。寒かったです。家に帰ってから、ファンヒーターで少し体を温めましたので大丈夫のようです。

 これからの時期、「雨」の日の福祉ボランティア活動は、少し億劫になります。

 

 

  「立憲民主党」の頑張りに期待します。

 残念ながら、我が選挙区には「立憲民主党」の候補者はいません。自民、希望、共産の争いです。

 間違っても、自民には入れません。

toyokeizai.net

 

 

 弁護士「郷原信郎」さんのブログです。

 

 その通りだと思います。面倒だから「投票」には行かない・・・とよく聞きますが、たとえ、自分は「投票」しなくても、結果としては、得票率の一番多い「候補者」又は「政党」を信任したことになります。

 

blogos.com

blogos.com

 

 

 プロ野球セ・リーグクライマックスシリーズ・ファイナルステージは、「広島」優位で進んでいますが、昨日の「5回コールド」で「広島」の勝利ゲームは、何とも言えないものがありました。

 「甲子園球場」での同じような気象状況による「阪神」VS「DeNA」の試合は、文字通り「泥試合」の状況でも9回まで行いましたが、「広島」での昨日の試合は、5回裏の「広島」の攻撃で3点が入った時点で、まるで、申し合わせたかのように、「コールドゲーム」に。

 新聞などに、審判などの「言い訳」が載っていましたが、文字通りの「言い訳」でしかないでしょう。

 サッカーの試合で、理不尽な「ファール」を取られた時のような・・・。

 

 何か釈然としない、後味の悪い、そんな試合だったと感じました。

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

 

久し振りの「良い天気」。

 

 今日は朝から良いお天気です。こんな「青空」久しぶりです。

 でも、これもつかの間、明日からは、また、「雨」の日が続くという。

 

 折角の晴れ間、数日ぶりに「ウォーキング」に行って来ました。暑くなく、寒くなく、気持ちよかったです。

 

 ここ数日の「冷え込み」で、「富士山」も「冠雪」かも?と少し期待したのですが、まだのようでした。

f:id:tomy2291:20171018104721j:plain

 霞んでいたので、これが精一杯の写真です。

 

 水辺はお日さまが「キラキラ」輝いて、水鳥たちが。

f:id:tomy2291:20171018105058j:plain

 

 そろそろこんな花の出番です。

f:id:tomy2291:20171018105308j:plain

f:id:tomy2291:20171018105316j:plain

f:id:tomy2291:20171018105327j:plain

f:id:tomy2291:20171018105336j:plain

 カメラ:PENTAX K5
 レンズ:TAMRON AF ASPHERICAL XR LD [IF] 28-300mm 1:3.5-6.3 MACRO
     + KENKO MC UV SL-39
     + KENKO Pz-AF 1.5X TELEPULS SHQ
 撮影地:横浜市泉区 2017/10/18

 

 

 さて、選挙戦もそろそろ終盤を迎えますが、新聞報道では「自民優勢」とかが伝えられています。

 でも、我が地の「自民党候補」はそうでもないようで、盛んに「ハガキ」が届きます。私は、今回初めてで2枚、かみさんも2枚。

 かみさんは、仕事の関係で、誰か(ほぼ確定できます)が住所氏名を教えたようですが、私の場合は、選挙権を得てから、「自民党候補」には投票したことは一度もなく、集会などにも行った事もなく、誰が住所氏名を教えたのか?、少し、気持ち悪いですね。

 我が地の「自民党候補」は、落選したら良いなぁ~・・・と思っている。何処でどうやって調べたのか教えたのか、本人に断りなく「コソコソ」やる人は好きではありませんので・・・。

 

 

 

 最近、事故多くありませんか? 米軍も、自衛隊も。事故に遭遇された隊員の皆さんには申し訳ないが「緩んで」いませんか?

www.msn.com

 

 沖縄での米軍ヘリ事故。今日にでも運用(訓練)再開という。確か、事故原因が判明してから・・・と公表していた筈。「やりたい放題」ですね。沖縄の人たちの苦悩が・・・。

 「小野寺防衛相」じゃダメだ!話にならん! 街頭演説なんかやめて、「安倍」が自ら陣頭指揮で対応しろ! どうせ、街頭演説なんか「ヤジ」に負けて聞き取れないんだから・・・。

 

 

 「阪神」ファンの皆様には申し訳ない言い方をしますが、金本監督の「言葉」、耳を疑いました。記事を書かれた「日刊スポーツ」も、そのように判断されたのでしょうか?

headlines.yahoo.co.jp

 確かに、レギュラーシーズンは、「広島」には及ばなかったものの2位キープ。でも、クライマックスシリーズ・ファーストステージでは、「ヨタヨタ横浜DeNA」にまさかの2敗。これで、レギュラーシーズンの2位キープも「帳消し」でしょう。ここ一番の「詰め」の甘さが出てしまったと思います。

 「泥んこ試合」の記事の時にも少し書きましたが、チームを落ち着かせ、若い選手の後押しをするべきベテラン選手数人がダメだった・・・と思います。とても「胸張っていい」とは言い難い。

 

 

 

 さて、明日は「福祉ボランティア活動」あり。お天気悪そうなので、特に「雨」に濡れないよう注意したい。余程のことがない限り、びしょ濡れの合羽姿で、利用者さんを福祉車両に乗降させることはできませんので。

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

「横浜DeNAベイスターズ」ファイナルステージ進出おめでとうございます。

 

 果たして、「選挙の時」だけ・・・でしょうか? トランプの「ケツ」を追いかけ、「圧力!制裁!」と叫ぶしか手立てがない「アベ」。

 「韓国」に手を出したら即座に反撃を食らうので止めて、米国本土まで「ミサイル」を飛ばすには少し不安要素もあって、手頃なところでは「日本海に面して幾つも立地している日本の原発」辺りへ・・・と、「北の兄ちゃん」じゃなくても、誰もが考える戦略だと思います。

 折しも、選挙戦では、「北の脅威」を盛んに煽っているではないか! 野党側でなく、「アベ」が煽っている。
www.msn.com

 電力業界も、住民の言うことにも耳を傾けた方が良いかと思う。

 事象と状況は異なるが、分かっていながら何もしなかった「東電・福島」の恐るべき惨状を繰り返しますか? 「そんなことは起きない・・・」と言い続けますか?

 

  早く「原発」止めて、「燃料棒」を穴でも掘って埋めた方が良い。でもね、地震大国の日本は、そんな場所なんかどこにも無い。それを承知で、安全だ!安全だ!と嘘をついて「原発」を造り続けたのは「誰」でしょう?

 

 


  さて、

 横浜DeNAベイスターズセ・リーグクライマックスシリーズ・ファイナルステージ進出おめでとうございます!!!

 今夜、「泥試合」の余韻の残る甲子園球場で「阪神」に6-1で勝利。試合終了まで「気持ちよく」観戦できました。

 試合運びも、ほぼ、いつも通りの展開で。

headlines.yahoo.co.jp

  明日から、相手は「広島」です。頑張ってください。

 

 

 今日は、午後からお天気が回復してきました。明日は、久し振りに「お日さま」が顔を出すそうです。

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

誰も、何も、言わなくなってきた・・・。(その3)

 

 昨日の甲子園球場での「阪神」VS「横浜DeNA」の「泥試合」。色々と評価もあるようですが・・・。 

headlines.yahoo.co.jp

  「筒香選手」のこの対応から、「横浜DeNA」のムードが変わったと記事にはありますが、対照的に、「阪神」のムードを象徴するようなプレーが、この後の、「阪神」のある選手のプレーに見ることができたと思います。(記事にはありません。)

thepage.jp

 「横浜DeNA」は、「やってやろう!・・・」。「阪神」は、「いい加減に、終わりに(グラウンドコンディション不良で、コールドゲームに)しよう・・・」と。

 

 

 

 「森友問題」、「加計問題」、まだ終わっていませんよ。明らかにしてほしいことが山積です。それを明らかにすると、首相の座には留まれないので、選挙をやって、勝利し、選挙で信任を得たから今までの政権運営が間違いではなかった・・・という「言い訳」を作り、追及から逃れるという姑息な手段に出ている。

 今回の「総選挙」で勝利すれば、両問題を問われても、「今回の選挙で信任を頂いた。今までと同様にこれからの国政を任された。今まで丁寧にしっかりと説明させていただいたことにも了解を頂いたものと判断する・・・」と。

 

 これを言わせてはいけません、時ある毎に、機会ある毎に、言い続けなくてはいけません!

 

 

 告発、いいですね! 何回目ですかね? もっともっとやりましょう。

www.msn.com


blogos.com

 

blogos.com

  誰も、何も、言わなくなってきたところに、とうとう、「検察」にまで「忖度病」が流行りはじめたようで、もう一度、「マスコミ」と「野党」と「国民」の団結が必要だ。

 

 こんな事がまかり通る世の中にしてはいけない!!!

 

 

  今日は一日中「雨」でした。気温も「記録的」に低かったようです。明日は、午後、少し晴れ間がのぞく・・・とか予報では出ていますが・・・。

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

誰も、何も、言わなくなってきた・・・。(その2)

 

 今朝の某国営放送の「朝7時のニュース」で、外国人旅行者への「高速料金割引」のことが取り上げられていたのだが・・・。

 

 こういう「割引制度」を導入することで、クルマを運転する外国人旅行者の増加に伴う「問題点」の一つとして、「左右逆転」の交通事情があると指摘されていた。

 

 ご存知の通り、諸外国では、クルマは「左ハンドル」が基本、「人は左、クルマは右」がこれまた基本。英国や日本のように「人は右、クルマは左」は少数派。

 で、これによる交通事故も増加中・・・という。

 

 そこで、本題、

 そういった問題点への対応として、著名?な評論家(学者か?)が言っていた。「そういう不慣れな運転者と一緒に走っていることを考えながら運転・・・」と。

 即座に、愚作の我が息子2名が反応。「ありえねー!」「そんなやつはいねーよ!」と。

 残念ながら、見事に、世相を指摘した。

 

 

 もしも、「アベ」の頭の中に、にそういった「配慮らしきもの」が埋め込まれていたら、「森友」無し、「加計」無し、「拉致被害者」はとっくの昔に「救出」、「あんたが国難・・・」と言われないで済むだろう・・・。

 

 

 

 このことも、もう、誰も(どこも)問題視しなくなりました。

 今回の「衆議院解散」が「憲法違反」であること。

 従って、現在進行中の「衆議院選挙」は無効であり何の意味も持たないこと。

 

 ----- 筆者の違憲説は、このたびの解散が「臨時国会」の「冒頭」に解散することを問題視しているからだ。このたびの臨時国会はなぜ開かれることになったか。それは政府側の都合によるものではなく、憲法五三条の規定により一定数の国会議員が召集を要求したことに基づいている。召集を要求するのは審議したい事柄があるからで、憲法は少数派の発言権、審議権を保障する観点から国会の召集を内閣に義務づけている。

 

 ところが、この義務として開かれる臨時国会の冒頭に衆議院を解散してしまう。冒頭に解散すれば、審議はできないから、少数派の発言権や審議権は握りつぶされたことになる。実質的には国会を開かなかったに等しいから、内閣は憲法に違反しているというはかない。筆者がこのたびの臨時国会冒頭解散を違憲と判断する所以である。


 しかも、臨時国会が開かれたのは召集の要求があってから三ヶ月以上も後のことである。なぜ召集時期をそんなに先延ばしするのか。この批判に対して政府与党は、せっかく開く臨時国会には国民生活にとって重要な「働き方改革」に関する法案などを提出することにしていて、それには準備期間が必要だと、その理由を説明していた。


 その舌の根も乾かないうちの冒頭解散である。冒頭に解散するから審議はしない。したがって、法案も提出しない。おやおや、国民生活のための法案準備などと言っていたのは、単なる先延ばしの方便に過ぎなかったのか。人を小馬鹿にするのもいい加減にするがいい。


 こんな姑息な態度を含めて、このたびの冒頭解散は違憲だと断じるのだが、政府与党にはそんな危惧など微塵もなさそうだ。誰かが裁判に訴えても、どうせ勝つに決まっていると高を括っているのだろう。裁判所は明らかになめられている。筆者はこれまで七条解散があるたびに、理不尽に議員の身分を断ち切られた現職が訴訟をしないかと期待してきたが、今回は従前に倍してそんな人が現れるのを希っている。


 と言うのは、最高裁判所は過去の七条解散に係る訴訟では合憲とも違憲とも判断を示していない。衆議院の解散に「高度の政治性」を認めるとして、憲法適合性の審査を回避したのである。そもそも裁判官たちが合憲だと考えるなら、持って回った判決にする必要はない。合憲だとはとても言えないから逃げたに違いないと筆者は睨んでいる。
 それはともあれ、再び百歩譲って最高裁判所のこの判決を受け入れたとして、果たしてこのたびの臨時国会冒頭解散にも「高度の政治性」が認められるだろうか。筆者にはとてもそうとは思えない。むしろ、先に見たように姑息で人を小馬鹿にした「低度の政治性」しか認められないのではないか。こんな解散をも、最高裁判所は持って回った判決で違憲審査を回避するのかどうか、是非知りたいと思う。最後にもう一度、失職する議員の誰か、訴訟を提起してみないか。

(雑誌「世界2017 11月号 」『「片山義博」の「日本を診る」』から一部転記)

 

 

 一国の長である「総理大臣」自らが行った今回の「衆議院解散」が「憲法違反」であることは、解散時に、幾つかのマスコミと、多くの憲法学者や識者が、声高らかに指摘していた。

 しかし、今は?どうだろう? 「総理大臣」自らが「憲法違反」を犯しても、何も起きない。この国は、既に、「法治国家」を通り越して「独裁国家」に成り下がったか?

 

 

 

 今日も朝から肌寒いお天気でした。夜になって、少し雨脚が強くなってきたようです。

 

 プロ野球セ・リーグの「クライマックスシリーズ」、阪神 VS DeNA横浜ベイスターズの「泥んこ試合」を終わりまで見ていた。

 あれほどの状況でも試合を強行するには、それなりの理由があるのですが、別の機会に詳しく書きましょう。

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

何を恐れる?

 

 今日も、雨が降ったり止んだり、ハッキリしないお天気でした。

 気温も低くて、少し、肌寒い日でした。

 

 

 数日前から一部のマスコミで報道されていましたが、「アベ」自身が立候補した「山口4区」の選挙区で、自分は多忙で行けないので、代りに「昭恵」さんが代役をつとめているそうな。

news.nifty.com

 ここまでは良くあることだが、「昭恵」さんが演説する集会への報道陣の取材を拒否すると地元記者クラブに通達したという。「アベ」が一体何を恐れているのかはわからないけれど、選挙期間中に演説会の取材拒否とは前代未聞だと思う。ここぞとばかりに、大いに利用すべきなのでは・・・。

 「だめマスコミ」の「忖度報道」が大手を振って堂々と歩く、この、ご時世に「何を隠す必要があるのか」は不明。

 小さな「穴」が空いたら、そこから、大噴火のように噴き出す「隠したいマグマ」が溜まっているのでしょう。

 

 それ以前に、この方、「体調」悪そう? 持病の治療方法には、選択肢は多くないようで・・・。

 

 

 昨夜、某国営放送のニュースを見ていたら、ある選挙区のことをクローズアップしていたのだが、そこに出てきた「希望の党」からの立候補者。昨今の「流行り」かも知れないが、国政を任すには少し「軽~い」感じ。場慣れしていないというか、言いたいことをうまく言えないというか・・・、小池さんの言動挙動あれこれの前に、これだと「むずかしい」かな? と感じた。

 

 「希望の党」低迷・・・と報じる各紙は、多分、この辺をしっかり見て、記事を書いているようにも見えた。有権者も然り。

 

 

 先日の記事で、ご自身のブログを紹介させていただいた「小林よしのり」氏。そのブログの中で、「希望の党」は失速、「立憲民主党」はもっと大勢の候補者を立てても良かったのでは・・・と、書かれていましたが、その、「立憲民主党」の応援演説をされたそうで、自身で「保守」と言いながら「立憲民主党」の応援演説をするに至ったことなど語っている。

www.buzzfeed.com

 実物を聴いてみたい・・・と思う。

 是非、ご一読を。

 

 

 雨の晴れ間を狙って、庭の「センリョウ」を撮ってみた。色づき始めている。

 もう少し色合いが濃くなると、小鳥たちが訪れて、食べてしまう。毎年のことだ。

 本当は、年末(年始)の頃に、かみさんが「生け花」の材料として使うために植えたのだが・・・。 

 その、主に使いたかった用途には、毎年、使えない。

f:id:tomy2291:20171014210238j:plain

f:id:tomy2291:20171014210245j:plain

カメラ:PENTAX Optio VS20 Compact Digital Camera
撮影地:横浜市泉区 2017/10/14

 

 

 明日も、ぐずついたお天気のようです。

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

 

誰も、何も、言わなくなって来た・・・。

 

 勢いに乗って、所かまわず「暴言」や「失言」を放つ「安倍首相」。10月11日夜のテレビ朝日報道ステーション」でも「暴言」を放っていた。

 

  しかし、これを取り上げているマスコミは僅か。

 

 弁護士の「郷原信郎」氏は、自身のブログで以下のように詳細に。

blogos.com

  記事を期待したい新聞では、「毎日新聞」が、書かなきゃマズイかな?程度の数行記事。

mainichi.jp

  何を忖度しているのだろう?

 

 郷原氏は、「このような首相発言が許されるとすれば、もはや今、日本は法治国家ではない。」と結んでいる。

 

 是非!ご一読願いたい。

 

 

 沖縄のヘリ墜落事故(不時着という語句を使っているマスコミもあるが、不時着で原形を留めないほど丸焼けになるかね?)でも変だぞ。

 

 小野寺防衛大臣は、米軍高官(在日米軍副司令官チャールズ・シュロッティ氏)との会談後、「原因究明まで飛行停止云々」と言っていたが、別の米軍高官(米海兵隊第3海兵遠征軍ニコルソン司令官)は「96時間の運用停止(飛行停止)」と言っている。(今朝の朝日新聞朝刊1面より)

 どっちが正しいのだろう?適当にあしらわれている感じがする。前の「稲田」じゃないから、話し相手にしているという「パフォーマンス」だけは出しているようだが・・・。

 「日米地位協定」によって、「植民地対応」してますからね、米軍は。

 ご存知のように、「日米地位協定」は、終戦直後に「占領軍(米軍)」と「我が国」が締結した「協定」なので、我が国は「何も言えない状況」で締結させられた。

 「ドイツ」のそれも「イタリア」のそれも、自国の主権はしっかり守られた協定になっている。

 

 トランプの「ケツ」追いかけている暇があったら、早く「改定」しろ! 沖縄の基地を減らすのも大事だが、こっちの方が遥かに「沖縄の皆さん」に良いことあるぞ。

 

 

 

 東名高速での死傷事故のこと。色々と取り上げられているが、今朝のボランティア活動でも、運転していた「福祉車両」を煽る人がいた。

 

 

 お分かりとは思うが、足腰の衰えた方を後部座席に乗せて走るときは、「急」の付く運転はご法度! ゆっくり走るが基本。

 

 何故か? 足腰が弱っているので、クルマの急な挙動にはついていけない。健常者であれば、足で踏ん張るとか、手でつかまるとかして、体の状態を維持できるが、手足が弱っているので、踏ん張ったり、つかまったりするのが、遅れたり、不十分であったりする。

 それを助けてあげるのが、「ゆっくり運転」。

 

 「ゆっくり運転」ということは、カーブを曲がるときはできる限りスピードを落とす、加速もゆっくり、減速(停車)もゆっくり・・・。

 

 これが気に入らないドライバーが激増している。兎に角「速く走れ!」と、煽って追いかけてくる。当然、追い越した後に、急に前に割り込む。

 まるで、東名高速の事故のドライバーと一緒だ。

 勿論、「福祉車両」の前後左右には「高齢者送迎中」のステッカーが貼ってある。

 

 

 

 さて、お天気は、暫く、「秋雨前線」が居座って、「雨模様」が続くという。仕方ないですね。

 

 我が住宅地は、晴れて適度に風が吹けば、時節柄、「独特の匂い」が漂う。

 

 「キンモクセイ」。

f:id:tomy2291:20171013105902j:plain

f:id:tomy2291:20171013105907j:plain

 カメラ:PENTAX Optio VS20 Compact Digital Camera
 撮影地: 横浜市泉区 2017/10/12

 

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。