「日米『不平等』地位協定」。

 

 理不尽な「日米地位協定」は、即刻、「改訂」しましょう。 と言っても「安倍」にはできません。「100%アメリカに追従する(100%完全に一致した・・・)」と時ある毎に恥ずかしげもなく語ります。聞いている記者たちも「何も言いません」。

 ヘリやオスプレイが落ちても部品落としても、「再発防止と原因究明を強く申し入れた・・・」と偉そうに防衛大臣などが語りますが、これも「スタンドプレイ」です。「日米地位協定」を前にしては「戯言」でしかありません。 

blogos.com

  先の大戦敗戦国である「日本」「ドイツ」「イタリア」などは「地位協定」を無理矢理理不尽な形で締結させられました。敗戦国なので文句は言えませんでした。

 しかしながら、現在、「ドイツ」や「イタリア」などは「粘り強く」交渉を重ね、その「理不尽」な部分は「改訂」し、双方が同等の協定になっています。わが国だけ「自民党政権」が長い間ほったらかしにして現在に至っています。

 

 「うそ八百」を並べるんじゃない! と言われるかも知れませんね。

 簡単なことがひとつあります。

 「横田空域(よこたくういき)」という語句をWEBで調べてみて下さい。首都東京の上空は「日本」は管理(管制)できていません。米国の管理(管制)区域です。「高度」や「区域」が細かく設定されていて、日本の民間機がその空域を飛行する際は「米軍」の許可が必要です。

  自国の首都の上空を飛行するのに「米軍」の許可が必要っておかしくないですか? 一事が万事、これが「日米地位協定」なのです。

 

 沖縄の「那覇空港」を利用された方はお気づきかも知れませんが、「那覇空港」の遥か手前から「低空飛行」していたのをご存知でしょうか?

 別に、沖縄のきれいな海を眺められるよう航空会社がサービスで低空飛行したのではありません。米空軍「嘉手納基地」の空域を管制する「米軍」の仕業です。

 

  「嘘」で「口から出まかせ」を書いているわけではありません。以下の書籍に詳しく書いてあります。図書館にあるかどうかわかりませんが、是非!ご一読を。

知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)

知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)

 

 

 

 今日の国会も酷かった。夕食を作りながらラジオで聞いていたが、「安倍」は、今国会の「目玉」という「働き方改革法案」など興味がない。こんなデタラメな法案で野党の質問時間を使わせているうちに念願の「憲法改正」を一気に進めようとしているのでは・・・?と感じた。

 「丁寧」に、「真摯」に、「しっかり」と、「説明責任を果たす」は、はるか彼方に飛んで行ってしまったような「不誠実」な答弁に終始している。子飼いの「厚生労働大臣」が、これまた「不誠実」な答弁に終始していた。

blogos.com

blogos.com

 全くその通りです。もっと「怒り」ましょう。

 

 

 

 散歩の序に「菜の花」を撮ってきた。

 もう、「春」もそこまで来ています 。

 

f:id:tomy2291:20180220111724j:plain

f:id:tomy2291:20180220111733j:plain

 

 

 今度は、「燃料満載」の燃料タンクが落ちてきた。落ちてきた燃料タンクは航続距離を延ばすための増設タンク。昔、ゼロ戦がおなかの下に付けていたものと用途は同じ。

 こんなもの付けたまんま緊急着陸したら危ない(場合によっては炎上するかも)ので、着陸寸前に放棄した・・・というのは理解できるが・・・。

 最近、弛んでいませんかね。米軍さん。

www.asahi.com

 例によって、防衛大臣は、米軍に抗議したとか偉そうに会見していたが、上で書いたように全く意味がありません。住宅地などに落ちなかったのが不幸中の幸いか。

 

 

 

 明日は朝から福祉ボランティア活動。

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

「逃亡」の次は、「政権」と「官僚」の「緩み」。

 

 良いお天気の一日でした。

 

 愛車が雪道走行で浴びた「凍結防止剤」を洗い流しにコイン洗車場へ行って来た。この時期は「水」に代わって「お湯」が出るのが嬉しい。綺麗になった(特に車体の下部)。

 因みに、今回の雪道走行の燃費は、550.3㎞走行で34.9Lのガソリンを消費したので、15.77㎞/Lだった。この燃費は年金生活者には嬉しい燃費だ。

 

f:id:tomy2291:20180219221452j:plain

 

 世の中、「オリンピック」で忙しい。この世には「オリンピック」しか無い・・・とでも言いたげだ。

 確かに「日本代表」の選手が「メダル」を獲得するのは悪くない。でも、その場面を繰り返し繰り返し何度でもこれでもかこれでもかと見せられるのは「正直」腹が立つ。

 

f:id:tomy2291:20180219221533j:plain

 

 オリンピックの他にも「知らせてほしい」事柄は山積している。でも、「魂」をどこかに売り飛ばしてしまった「マスコミ」は「それ」を報道しない。

 

 この国が「崩壊」に突き進んでいるようで「歯がゆい」「情けない」「腹立たしい」。

 

f:id:tomy2291:20180219221606j:plain

 

 「マスコミ」に「良識」なるものが、まだ、あるとするならば、「トップ」に持ってくるニュースはこれだろう。

www.msn.com

 

f:id:tomy2291:20180219221640j:plain

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

「雪道ドライブ」も、また楽し。

 

 まるで「逃亡犯」ではなく、真に「逃亡犯」でしょう。ご自宅には帰れませんね。ご家族やご親戚の皆様のご心境や如何に? 勿論、ご本人のご心境も伺いたいものですが・・・。

 昔、TVドラマ、少し前、劇場版映画で話題となった「逃亡者」とは全く違う「理由」で逃亡しなければならない所が「情けない」。

 当然のことですが、「ある筋」からは支援の手が差し伸べられているでしょう。どの「筋」からでしょうか? 本当の事を語られては、自分の行動を隠しきれずに政権を追われる方々でしょうか?

news.biglobe.ne.jp

 

 

 「確定申告」、やりたくないですね。国有財産を「たたき売り」している傍で「税金納めろ!」では「道理が通りません」ね。

 オリンピックで浮かれている場合ではありません。

www.jiji.com

  実は「年金生活者」の私も「確定申告」しないといけません。

 誰かから頼まれたわけでもない「福祉ボランティア活動」。所属する福祉団体の事務所までの「交通費」として1活動当たり1,000円の「活動費」を頂いている。年間10万円に届きませんが、これが「雑収入」にあたるとして「確定申告」を要求されている。

 自分自身の都合はどうあれ、所属する福祉団体が何か「お咎め」を頂いては申し訳ないので、キッチリと申告している。必ず税務署まで行って手続きしている。税務署の担当者さんも「これくらいのことでお越しいただいて・・・」というような顔つきをされる。まあ、「塵も積もれば山となる」ものではありますが・・・。

 

 

 

 さて、記事を1日お休みしました。何をしていたかというと、「スキー」と「雪道ドライブ」をやっていました。

 「雪道ドライブ」って何すんの?と「疑問」を持たれると思いますが、「雪道」を「ドライブ」するのです。それも、「通行止め寸前」の道が「尚良し」。誠に変った趣味ですね(自分でいうのも何ですが・・・)。

 「スキー」は、前回(1/27)にも行きましたが、関越自動車道の「事故渋滞」と雪の為の短時間でしたが高速道路上での「立ち往生」も重なって、殆ど滑る時間がありませんでした。そのリベンジで行ってきました。

 今回も、関越自動車道で、私が通った直ぐ後に、また、事故渋滞が発生したようですが、難なく逃れて、一路「八海山スキー場」へたどり着きました。早朝7時前のことです。

 この頃は、時折、「青空」も見え隠れする状況で、「絶好のスキー日和」と思ったのもつかの間、午前9時頃から「前がほとんど見えなくなる」くらいの雪が降りだしました。折角来たんだからと滑り始めましたが止むどころかだんだん強く降ってきました。 

 こういう状況で無理して滑ると思わぬところで転倒したりしてケガする(下手なので)ことがあるので、午前10時半過ぎに「スキー」は終了。

 駐車場に止めた我が愛車に戻ってみると、たかが小一時間の間に「クルマ」が「ダルマ」になっていました。(雪の降り方の想像がつくと思います。)

 「クルマ」に積もった雪を払って身支度を整えてスキー場を後に。

 途中のコンビニで昼食をとって、「横浜」へ帰ろうかと思いましたが少し早いので「雪道ドライブ」をやることに。

 「八海山スキー場」の麓でこんな雪の状態だから、一般道(国道17号線)の新潟・群馬の境の「三国峠」はさぞかし・・・と行く気満々になりました。

 

 いつもは「六日町IC]で関越自動車道に入るところを「国道17号線」に進路変更、一路、「三国峠」へ。

 途中、「石打スキー場」も人影まばら。

 「越後湯沢」(正確には「湯沢町」・「川端康成」の小説で有名)でもスキー客らしき人や車もまばら。横殴りの雪で視界はかなり悪い。「越後湯沢」を過ぎると、直ぐに上りにかかる。対向車殆ど無し。「水」が流れ出て路面の雪を解かす「消雪パイプ」も無くなり、路面も真っ白になってきた。上りの急カーブで少しハンドルを取られたが難なく修正。

 急カーブとトンネルを幾つか通過し「みつまた(三俣)スキー場」にたどり着いた。雪はさらに激しく、気温は零下4℃まで下がり、前方にいた車も見えなくなり、後方に数台の車が連なっている状態。何回か「国道事務所」の除雪隊に出会ったが、除雪しても直ぐ降り積もるようだ。

 もう、ホワイトアウト寸前。前を行ったクルマの轍がかろうじて確認できる状態。少し広くなったところでは事故処理か?数台車が止まっていた。

 「田代スキー場」の入口まできたが、もう、スキー客も何も見えない。というか、そんな余裕はない。路面と対向車のヘッドライト(昼間ですが自分の存在を対向車に知らせる唯一の手段)だけを注視する状況が続く。

 流石に「越後交通」(この地域を運行するバス会社)のバスはすごい!。こんな中、対向車線(下り)をぶっ飛んで来る。通過した後は雪煙がすごく、一瞬何も見えなくなる。

 「田代スキー場入口」を過ぎると長い上りが待っている。少しアクセルを踏み込むと車輪が滑る(空転する)。その寸前のアクセル状況を維持しながら「この上り」をクリアしたら「苗場スキー場」が待っていると気を落ち着かせて進む。ワイパーは凍りついてしまったようだ。

 「苗場スキー場」前の信号にたどり着いた。「苗場スキー場」なんか「駐車場」も「プリンスホテル」も「ゲレンデ」も「降雪」で全然見えない。ホテルやロッジが立ち並ぶ「街」らしき風景も道路際の建物以外はほとんど見えない。

 いつもなら、スキーを抱えた若者たちでにぎわっている筈が、今日は、人影もない。気温は零下6℃まで下がった。(気温は、道端の「道路状況表示盤」の表示です。)

 でも、ここまで来れば「三国峠」まではあと僅か。キツイ上りやカーブはもう無い。程なく県境の「三国峠」(三国トンネル)に到着。トンネルを抜けた後の群馬県側は、 少量の降雪と道路上にも少量の雪がありましたが、今までのそれに比べたら比べ物にならなかった。

 

 というわけで、少しキツイ「雪道ドライブ」でした。

 道程を確認されたい方は「グーグル・マップ」などで、「国道17号線、新潟・群馬県境付近」をご覧いただければ、記事の中に出てきた地名などと合わせて確認できると思います。

 

 尚、お断りしておきますが、途中の雪路走行は、「通行止め」を無理やり突破したわけでもなく、スコップやタイヤチェーン(いざという時にはスタッドレスタイヤより有効)や防寒用毛布などを「もしも」の場合に備えて準備していたことを付け加えておきます。決して「無謀」な行動を行ったわけでもありません。

 

 

 また、雪路走行で浴びた「凍結防止剤(塩化カルシウム)」は、明日、コイン洗車場で洗い落とします。

 

 

 明けて今日は風は冷たいものの弱く絶好の撮影日和。何枚か撮ってきました。

 

f:id:tomy2291:20180218140048j:plain

f:id:tomy2291:20180218140112j:plain

f:id:tomy2291:20180218140133j:plain

f:id:tomy2291:20180218140142j:plain

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 今週の福祉ボランティア活動は2/21(水)です。

 

 

「働き方改革」って何でしょう?

 

 政治の世界では、「モリカケ」問題で「シドロモドロ」の答弁を強いられている大臣や官僚たち、ご苦労様ですね。これも「お仕事」ですから、我々の納めた税金から得ている「高額の報酬」に見合った「お仕事」をこなして頂きたい。

 

 この問題を回避するが如く「働き方改革」とかいう「自分たちも正しく把握できていない」お題目をわかったような顔つきで「審議らしきもの」をやっている。

 

 先日は、とうとう「安倍」が答弁を撤回する羽目に陥った。「安倍」の「答弁指南書」を作るために「一晩中仕事をさせられた」腹いせに「官僚たち」が少しだけ反発してみたのかもしれない。「答弁にならないデータ」が入っていた。「安倍」はそんなこと知らないので「棒読み」して野党からキツイご指摘を食らった。

 

 

 我が身内にも、昔、「大蔵省」に居た者が、そんな苦労を話してくれたことがあった。

 こういう人たちこそ「働き方改革」の格好の対象だろう。「審議らしきもの」が佳境に入ると「家に帰れない・・・」そうだ。

 

 

 「働き方改革」と言って分かったようなふりをしている議員さん、自分の足元を見つめ直してみたら如何でしょう。

 足元って? なに? という議員さん、「お付きの運転手さん」や「秘書さん」がどんな「勤務状況」で仕えているか考えたこと(確認したこと)ありますか? 朝早くから夜遅くまで懸命にお仕えしてますよ。一度確認してみたらよろしい。

 「ブラック企業」も「真っ青」な勤務状況かもしれませんね。

 

 

 「日銀」の人事が決まったようですね。やはり、「安倍」に文句を言わない人が総裁に、「リフレ派」の人が副総裁に・・・。

 これで「国の借金」は増える一方で、買い入れる「国債の残高」も「際限なく」増えていくでしょう。

 新しく「副総裁」になられる方は「消費増税」に反対だそうです。どうやって、「国の収支」を「黒字」に持っていくのだろう。

 

 さて、週末です。

 

 勝手ながら、明日(17日)の記事はお休みさせていただきます。皆様のブログを読ませていただくことも休止させていただきます。

 

 再開は明後日(18日)からになります。

 

 よろしくお願いいたします。

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

 

「オスプレイ」が「厚木基地」に来た。「落ちないでくれ!」。

 

 誠に苦しい答弁に終始する「財務大臣」。普通に見て聞いて「世の中こんなことが通るか?」と思わず口に出しそうな答弁だ。

 こんな答弁がまかり通る「国会」ってどうだろうか?

 

 そろそろ「白旗」を揚げておいた方が良さそうな気配だ。典型的な自分で自分で追い込んでいる対応だ。こうやって、自分で自分の首を絞め、取れる選択肢をどんどん狭めていることに気づかないはずはない。

 それでも、逃げ切れると判断しているのは、「この国民なら・・・」と国民をバカにしているのだ。

 いずれ、立ちいかなくなる。今の内なら「傷」は浅い。

biz-journal.jp

  話は簡単。国税庁長官が国会に出てきて「頭を下げる」か、又は、自ら「混乱の責任を取って辞任」すればよいだけのこと。

 「悪しき前例」ができるから・・・とかいう屁理屈は、言いたい人が言っていればよい。善悪の判断ができなくなった国がどういう道をたどるか? 前例はいくらでもある。

 

 

 また、出てきた。まだ、他にも沢山あるだろう。そんなことより他に審議すべきことは沢山あるだろう・・・と「安倍応援団」は語る。

 しかし、こういう事を蔑ろにしておいては、それこそ「悪しき前例」になってしまう。

 徹底的に追及して欲しい。

www.asahi.com

 

 

 「厚木基地」に「オスプレイ」が飛来した。何とも言い難い「変な飛行音」を響かせながら飛び回っている。日米合同訓練に参加するための中継基地としているようだが、訓練が終わるまで長期間居るようだ。

 落ちないことを祈る。

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

 

「マスコミ」の劣化。

 

 「産経新聞」の読者や支持者の皆様方には誠に申し訳ないが、一言、「良くここまで書けるものだ」と思う。「裏」は取れているのでしょうか?(同じような失敗を何度も繰り返さないようにご忠告申し上げます。) もらいモノ記事か? まるで、某国営放送の「安倍」べったり女性記者と酷似していて妙だ。(臨場感もタップリと・・・)

www.msn.com

 

 

 

 自衛隊の墜落ヘリの整備時交換部品は「中古品(摩耗した部分を修理し再生した)」だったそうです。

 

 「毎日新聞」の記事。

mainichi.jp

 

 「産経新聞」の記事。

www.sankei.com

 

 「時事通信」の記事。

www.jiji.com

 

 「朝日新聞」の記事。

www.msn.com

 

 各社夫々に書き方はあるが、基本的な事柄が一つ二つ抜けている。

 

 「産経新聞」の記事は論外。(事故の状況以外に何も書いていないので)

 

 まず、「メインローターヘッド」なる部品を、何故、1750飛行時間に達したら交換する必要があるのか? 当然ながら、摩耗するとか強度が低下するとか何か要因がある筈だ。事故機の「メインローターヘッド」は「摩耗」が進んでいたのか? 交換する前に付いていたもの(交換前のもの)を調べればわかるだろう。

 次に、別の同型機で845飛行時間が経過したところで「別の部品とヘッドとの接続部の一つに摩耗が見つかり」交換したその原因(摩耗した原因)は何だったのか・・・。

 

 という具合に突っ込んでいけば疑問点はいくらでも出てくる。それを一つ一つ明らかにしていくのが「マスコミの使命」ではないのだろうか? 尊い命が失われてしまった「重大事故」なのだ。

 防衛省に聞いても明快な回答は得られないかもしれない。ならば、軍事評論家などの識者に聞いてみればわかるかもしれない(多分、わかる)。

 このような記者としての基本的な行動(これが仕事だろう)が疎かにされていないか? 政権や防衛省の発表だけを鵜呑みにしていては上記の程度の記事を書くのが精いっぱいだろう。

 

 最近よく言われる「マスコミの劣化」はこんなところにハッキリと出ている。

 

 しっかりしろ! マスコミの諸君! 東京新聞の「望月記者」のように、納得がいくまで何度でも挙手し質問し、菅官房長官を逃げ帰らせるような状況まで追いつめてみろ!

 防衛省は、「ボイスレコーダー」の解析も「破損がひどく困難・・・」とか言って、早くも防御線を張っている。

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

 

「メダル」獲得も喜ばしいことですが・・・。

 

 連日、繰り返し繰り返し、オリンピック報道。いくら喜ばしいことでも、数回、全く同じ場面を見せつけられると、見る気が失せる。

 頑張ってメダルを取ってくれた選手たちには本当に申し訳ない言い方しかできないが、大騒ぎも程々にしてほしい。

 

 

 私個人的には、オリンピックより以下の件 ☟☟☟ の方が大事な事柄だと思う。(次元の違う事柄ではあるが・・・)

headlines.yahoo.co.jp

mainichi.jp

 (2/14、以下の記事、追加)

headlines.yahoo.co.jp

 

 会計検査院の調査報告に反論できない状況で、「うそ八百」を並べた人物を「適材適所」と庇う。

 マスコミも、もう、記事にならないと見たか? 裏で操られているか? 真面に書いた記事が見当たらなくなってきた。

 それでも、未だに、世論調査をすると、「他の内閣より良さそう・・・」という理由で支持する人々が多い。「他の内閣」って、どの内閣の事ですか? 過去の潰れた内閣と比較して「良い」「悪い」と判断しても仕方ないのでは?

 

 

f:id:tomy2291:20180213225153j:plain

f:id:tomy2291:20180213225201j:plain

 

 

 さて、今日は、「人間ドック」を受診してきました。結果は、昨年とほぼ同様の体調で、「耳」の能力が少し落ちた(高音が聞き取れなくなってきた)ことが目新しいことだった。日常生活に支障が出るほどの低下ではないのだが・・・。

 「奇形心臓」は相変わらずで、「心電図」の波形の乱れが少し大きくなっていると指摘を受けた。こればっかりはどうしようもないが、主治医と相談するようにとの指摘だった。相談したところで、成す術はないのだが・・・。

 

 

 明日は、朝から福祉ボランティア活動。

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。