「ふるさと新潟」へ行ってきました。

 

 「謎」(下の引用記事)ではなくて「事実」だと思います。

 

 我が家の近くにも「ヤマダ電機」の「郊外店」があります。あの「飛ぶ鳥を落とす」勢いの頃に出店した店です。

 出店して暫くは「絶好調」だったように見えましたが・・・。

www.msn.com

 暫くして、「謎」の変化が起こりました。

 まず、駐車場の一角に「クルマ」がズラリと並べられて、「自動車販売店」が開店しました。

 次に、「秋葉原」へ行かなくても良いくらいの「部品」(コネクタや接続ケーブルなど)コーナーが無くなり、生モノを除いた食品が置かれ始めました。

 次に、液体の生活用品(洗剤など)が加わりました。

 そうこうしているうちに、「極めつけ」の「住宅用品(流し台とか)」が入り口近くにドンと展示されるようになりました。(引用記事にあるような状況です。)

 

 今、行ってみると「何の店」か判断に迷う状態です。

 

 我が家は、大手住宅メーカーの建売住宅ですが、その大手住宅メーカーの相談窓口は24時間365日対応で、「トラブル」とか「補修」とか「改修」とかの問い合わせを受け付けてくれて、住宅機器メーカーや業者などとの「間」に入って対処してくれます。

 

 「ヤマダ電機」はそういうサービスはあるのでしょうか?

 

 「電化製品」のように、「不良」の場合は、はい!「交換」だけでは済まないのが「住宅関連事業」だと思いますが・・・。

 

 

 

 「朝日新聞」の記事です。

www.asahi.com

 記事からの抜粋です。

 『元派遣隊員は、当時の陸自活動地域で戦闘が起きたかどうかをめぐる国会での議論について「違和感がある」と言う。「あの状況を戦闘と言わずして何と表現するのか。危険だから私たちが行ったわけで、安全なら民間が行けばいい」と話した。

 

 僭越ながら書き加えれば、私も3/14の記事で同じような記述をしました。(赤字及びアンダーラインの部分です。)

 黒塗りにしなければ公表出来ないようなことを、「何故?」国民に「ウソ」をついてまで実行するのでしょう?

 こういった「国民を騙す」行為が、自衛隊に限らず「国政全般に横行」しているのでしょう。発覚するのは「氷山の一角でしかない」と理解するのが良いでしょう。

 

 

 

 昨日は、日帰りで、「ふるさと新潟」へ行ってきました。

 

 

 昨日使った「週末パス」という割引きっぷです。

 「新幹線指定席特急券」は、新幹線改札口で回収されましたので手元にありません。

f:id:tomy2291:20180423092829j:plain

 

 

 応援する(サポーターですが)サッカーJ2アルビレックス新潟」のホームゲーム応援観戦と兄弟姉妹の親睦を兼ねた「食事会」でした。(主目的が、食事会なのか応援観戦なのかは難しい判断ですが・・・)

 

 「アルビレックス新潟」は、残念ながら「負け」ました。昨季J2に降格し、今季1年でJ1復帰を掲げますが「難しい」ようです。

 対戦相手であった「大宮アルディージャ」も、シュート外しまくりで、相手が「アルビレックス新潟」だから勝てたような試合運びで、申し訳ないですが、こちらも今季限りでのJ1復帰は難しいようです。

 

 食事会は、私と兄夫婦と姉の4人で「盛りあがり」ました。

 私と姉のそれぞれのつれ合いは都合で行けませんでしたが、美味しいものを沢山頂きました。帰りの新幹線に遅れそうになって大急ぎで「お開き」となりました。

 

 兄弟7人が、残るは3人となって、「絆」が更に強まっていくように感じます。年に2回ほど、続けられる限りは・・・と思っています。

 

 今回は「新幹線」で行きました。いつもは「クルマ」なのですが、偶には、長岡⇔新潟間の車窓から、「ふるさと新潟」の「田んぼ(新潟平野)」と「国上山・弥彦山・角田山」を眺めるのもよいものだなぁ~と。(「クルマ」だと運転操作でチラッとしか眺められませんので・・・)

 

 「ふるさと新潟」も随分変わりました。市内中心部などは、昔の面影がどんどんなくなっています。が、遠目にみる「田園風景」は昔のままです。

 

 

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

「記事休止」のお知らせ。

 

 いつもお読み頂き有難うございます。

 

f:id:tomy2291:20180413141154j:plain

 

 

 本日(21日)及び明日(22日)の記事を休ませて頂きます。

 再開は明後日(23日)を予定しております。 

 

 今日もお出で頂き有難うございました。再開後も宜しくお願いいたします。

 

 

f:id:tomy2291:20180413141211j:plain

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびり参ります。

 

 

「ウソ」は、いつか、「バレ」ます。

 

 「防衛大臣」も「米国」へ逃げました。

 

 「文書隠蔽」、「統制不適切(上司への報告なし)」に続いて「暴言」まで飛び出してしまい、とても国外へ行っている場合ではない筈です。

 

 ご本人は、防衛大臣に就任するにあたって、「軍部(旧日本軍)」の「過去の失態」を調べたりはしていないでしょうが、「自衛隊」の現状は、その、「いつか来た道」に通じる部分を幾つかはらんでいます。

 

 「安倍政権」が、「集団的自衛権」問題を国会に持ち出す時に、「委員会の質疑(答弁)」に耐えらないと判断して、別の方を「防衛大臣」に任命した経緯を持つ、その程度の人ですから、いかにも、私は「防衛通」だ・・・と意気込んでみても、現状の厳しさを十分理解することなどできないでしょう。

 

 閣僚に任命される方は、何方も、その分野で「高い認識」が必要ですが、とりわけ、「財務大臣」や「防衛大臣」にはそういった「見識」の高い方を任命してほしい。

 

 

 

 さて、今日も朝から良いお天気でした。気温もグングン上がって・・・。

 

 今日のボランティア活動(福祉車両運転)は、昨日と同様に、送迎した利用者さんの「病院滞在時間」が長く、朝、お送りした後、終了時まで4~5時間かかるというものでした。

 その待ち時間を「待合室」で待っているのも勿体ないので、一旦、事務所に帰り、自宅にも帰り、自宅周辺を散歩方々写真を撮りました。

 元々、自分が受診する場合を除き、病院内には「居たくない」ので・・・。

 「清潔」なイメージの病院内ですが、実は、意外とそうでもないことは、ご想像がつくと思います。具合が悪くなった方が行くところが「病院」ですから・・・ね。

 

 

f:id:tomy2291:20180420123651j:plain

f:id:tomy2291:20180420123700j:plain

f:id:tomy2291:20180420123711j:plain

f:id:tomy2291:20180420123722j:plain

f:id:tomy2291:20180420123730j:plain

f:id:tomy2291:20180420123740j:plain

f:id:tomy2291:20180420123748j:plain

 

 

 まさに「春爛漫」です。

 

 

 

 この問題も、早めの(もう、早めなんて言っていられない状況ですが)「白状」がよろしいと思います。

headlines.yahoo.co.jp

 何故?「会った」と言えないか?

 それは、「会った」日時がとても「大変な、重要な」日にちなのです。

 【特区】の会議(安倍が議長を務める)で検討され始める遥か前に、この面会が行われ「首相案件(総理案件)」なる言葉が飛び交っていたからです。

 従って、これ認めることは、「柳瀬さん」がどうこう言う前に、「安倍」の直接関与が「正式」に日の目を見るのです。

 確か、「安倍」は、この「加計学園」が「特区指定」されたのは、2017年1月まで知らなかった・・・と「国会で答弁」している。

 「安倍」の「逃げ道が閉ざされる」のです。

 「ウソ」は、いつか、「バレ」ます。

 

 いろいろありますが、「文科大臣」に、この件は「拍手」を贈りたい。

 

  段々と、追い詰められていく「安倍」と「その仲間たち」ですが、「その仲間たち」の中には、逃げ出したいと考えている方も多いでしょう。その行動は「早い」方がおよろしいかと思う。

 仮に、「安倍」が倒れたら、皆さんどうするでしょう? 二言目には「安倍と仲良くしていたでしょう・・・?」と言われ続けますからねぇ~。

 

 

 

 さて、週末です。

 

 気温が異常に高くなるようです。体調には気を付けましょう。

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

 

「改ざん文書」はどうなった?

 

 今日はとても良いお天気でした。

 

 福祉ボランティア活動は、朝、利用者さんを通院先の病院へ送った後、「待ち時間+診察時間+処方薬の受け取り」まで、合計で4~5時間かかるので、一旦、事務所に帰り、「終了」の連絡を受けて、再度、通院先(病院)へ迎えに行くという行程でした。

 

 その間、「ヒマ」だったので、一旦、帰宅し、家の周りで写真を撮りました。

 

f:id:tomy2291:20180419174401j:plain

f:id:tomy2291:20180419174407j:plain

f:id:tomy2291:20180419174433j:plain

f:id:tomy2291:20180419174440j:plain

f:id:tomy2291:20180419174449j:plain

f:id:tomy2291:20180419174457j:plain

 

 

 

 もう、滅茶苦茶な「政治」と「官僚」の世界。

 

 訳の分からない「理由」を振りかざして「逃げ回る」姿には、呆れてしまいます。

 

 比較的「まとも」な対応と言動を行っていた「防衛大臣」も、ここに来て、自衛官の議員への暴言問題で、とうとう墓穴を掘ってしまいました。

 「・・・人それぞれに考え方はあるので・・・」と、「暴言自衛官」を「擁護」するかのような発言をしてしまい、更に、自分自身に非難を浴びることになってしまいました。

 

 やっぱり、この程度だったのですね。

 

  財務大臣は、国会開会中の国外会議への出席不承認(強制力はないが)を無視して「逃げ」ました。

 

 最近、色々出てくるので「忘れた」ような状況になっていますが、できる限り早く調べて公表すると言っていた「改ざん文書」の件はどうなったのでしょう? 「太田局長」しっかりして下さい。「ウソ」はいけませんよ。

 国会に対する「約束」です。(勿論、国民に対しても同様に「約束」です。)そんなに時間がかかることでもないでしょう。

 

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

 

「辞任」しましたね。

 

 今日は朝から肌寒い。雨が止むのも午後になりそう・・・とお天気お姉さんは語っていた。毎度のことで、私から見て「信頼性」に著しく欠けるので、受け止めは「ふ~ん?」程度ですが。

 気象予報の難しさは(というか人類の無知は)今に始まったものではないですが、人工衛星で観測し、高度な情報処理(処理手法)を施しても「このザマ」でしかない。

 「統計」手法は、取り込むデータや期間がが多く(長く)なればなるほど出てくる結果は平均的なものになって「曇り時々晴れのち雨」的な予報になってしまう。

 こういった手法に溺れることなく「古文書」でも読み返してみては如何だろうか? ヒントの一つや二つは掴めるように思うが・・・。

 

 

 

f:id:tomy2291:20180418132056j:plain

 

 

 

 いつになっても「収束」の道筋さえ見つからない「加計問題」ですが、定員200人のところを186人しか集まらなかった学園。(校門の脇に「空きあり」って小さな看板があるかも?」

 「足らない・・・」と言っていた「日本のウミ(膿)総理」は、この現実をどう見ているのだろうか?

 愛媛県の皆さんには申し訳ないが、「京都」とか「大阪」とか「東京」とかに開校していたら・・・と勘ぐってみたくなる。

 「一極集中」は「官公庁」だけの事ではないでしょう。「集まる」ところには「集まる」理由があります。

 詳細を書き始めると「長~い論文」みたいになりますので、独断と偏見で2文字に纏めると『便利』の文字に集約できそう。

 

 

 さて、「希望に胸を膨らませて・・・」の新入生の「意気込み?」が下の記事にのっていますが、抜粋しますと、

 

 【「不満なんてないですね。校舎は新しいし、学食もおいしい。サークル活動も、すべてイチからのスタートです。『こんなサークルを作ろうよ』など、みんなの意見が活発に飛び交っていますよ」】

 「爺」のコメント⇒「勉強」も、活発に「ヨロシク」! 、太らないように・・・。

 

 【「大学の外で起こっていることは、私たちにはどうしようもありません。ここに入った以上、私たちにできることは勉強することだけ。だから『国家試験に合格して、世間を見返してやろう』と、みんなで言っていたところです」】

 「爺」のコメント⇒「国家試験に合格」は当たり前、見返す理由には無理が・・・。

 

 【「みんな『ほかに合格できなかったから、この大学に入ったんだろう』と思っているみたいですが、それは違います。僕たちはみな、獣医になりたくてあえて県外からここにやってきたんです。だから不安なんてありません。もちろん大学が廃校になるというなら、また話は別ですが……」】

 「爺」のコメント⇒みんな「そう思って」います。だって、定員割れだもんね。

 

 詳細は以下をお読みください。☟☟☟

blogos.com

 

 

 

 

 「ウミ(膿)総理夫妻」と一緒に、アメリカに逃げました。

blogos.com

 

 

 

 

 「東大」では「官僚になる方法」は教えますが、「セクハラ」は教えないようですね・・・。

biz-journal.jp

 福田次官、辞任しましたね。まだ、「裁判で明らかに・・・」と息巻いていますが、争う内容がこんなことではね・・・。

 「情けない」の一言ですね。

 

 字の読めない財務大臣の「責任」はどうなるのでしょうか。これで2人目ですね。居座るのもいい加減にしてほしい。 

 

 

 

 ずいぶん元気な「自衛官」ですね。心強く?思います。

 昨日の記事の続きで申し訳ありませんが、こういう元気な方は「市ヶ谷」に居るのは勿体無いです。「前線」へ行ってもらいましょう! 

www.huffingtonpost.jp

 

 

 

 

f:id:tomy2291:20180418132143j:plain

 

 

 

 午後になって、ようやく、空が明るくなってきました。

 明日から気温が上昇するそうです。

 

 

 我が故郷の、「新潟県知事・米山さん」が辞任しました。

 辞任理由は、褒められたものではありませんが、一番喜んでいるのは、「原子力ムラ」の方々、とりわけ「東京電力」でしょう。「安倍」も大喜びでしょう。そして、原子力発電関連企業の方々も・・・。

 

 「後任の知事さん」は、「米山さん」が前任者の「泉田さん」から引き継いだ「東電・福島原発事故検証」をしっかりと引き継いでほしいと思います。 

 

 日本国中を見渡しても、この「検証をしっかりと」・・・と言い続けていた(いる)方は、他に誰がいるでしょう?

 大きな被害を被った「福島」でさえ・・・。

 

 

 

 明日から3日連続で「福祉ボランティア活動」です。頑張ります!

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

冴えないお天気で・・・。

 

 朝から冴えないお天気で、今日は、神奈川県の水瓶の「宮ヶ瀬湖宮ヶ瀬ダム)」へ行く予定でしたが中止。

 家の近くの「中田東公園」へ散歩を兼ねて行ってきました。

 「ツツジ」が綺麗な公園なのですが、少し早すぎて、咲いていませんでした。

 

 仕方ないので、我が家の「花たち」に「急遽登場」してもらいました。

 

f:id:tomy2291:20180417121037j:plain

f:id:tomy2291:20180417121042j:plain

f:id:tomy2291:20180417121054j:plain

f:id:tomy2291:20180417121107j:plain

f:id:tomy2291:20180417121115j:plain

f:id:tomy2291:20180417121131j:plain

f:id:tomy2291:20180417121145j:plain

 

 

 

 窮地に立たされている「安倍」から、国民をの気をそらす目的か、セクハラ官僚が「新潮」を「訴える」そうで、話題にはなりますが、週刊誌の続報(次の号で明らかにすることがあるそうな)で、「墓穴」を掘らないことをお祈り申し上げます。

 「慎重」にやった方が良いでしょう。

 

 

 「ヒゲ隊長」のニックネームがある某氏も、自衛官であったころは「大嘘」をついていたようで、これも「証人喚問」しないといけませんね。

 「小泉政権に嘘をついて」、「国民にも嘘をついていた」訳ですからね。

 国会議員やってる場合ではないでしょう。昔の軍隊だったら、「前線送り」ですね。

 

 防衛大臣も、前の「アホ」防衛大臣と同様に、「非戦闘地域での活動だった」と繰り返し答弁しています。

 「日報」読めば明らかなことです。「砲弾(ロケット弾かな?)」が移動中の自衛隊車両の直近に着弾し、車両に無数のキズが付いたりドアミラーが破損したり(写真在り)・・・と、「非戦闘地域」でそんなことが起きるか?

 防衛大臣辞めろ。「前線送り」だね。

 

 

 「前線送り」と言えば、NHK-BSで数年に1回くらい放映してくれるので見ますが、こんな映画がありますね。

 1970年公開の映画ですから、若い方はご存じないかも知れませんね。

 

 

 物悲しいテーマソングに、揺れる「ひまわり」の花が印象的です。

 

 「ソフィア・ローレン」と「マルチェロ・マストロヤンニ」主演の映画の解説はこちらを。☟☟☟

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B2%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8A_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

 

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

「首に鈴をつける」のは誰でしょう 。

 

 あれこれと、色んなことを、いろんな方々から言われますが、当の本人は、「心の中」は別としても、表面上は「平静」を保っている。

 

 

 「首に鈴をつける」のは誰でしょう 。

 今の所誰も名乗り出ませんね。みんなで、いずれ誰かが名乗り出てくれると「息をひそめて」待っているんでしょう。

 進んで何かやると、後々、時ある毎にいろいろ言われそうですからね。

 

 その程度の人物の集まりが「自民党」です。

 

dot.asahi.com

 

 その程度の「自民党」を支持するのが、その程度の「国民」です。最近、少しだけ支持者が減ったようですが・・・。

 

 「お上」がそれなりにやってくれるから、黙って従っていれば良いんだよ・・・と、昔からの「悪しき慣習」が蔓延るこの国。

 

 そんな、「悪しき慣習にどっぷり浸かった国民」を最大限利用し続ける「自民党」です。

 

 今は良いかもしれない。

 でも、いずれ、「自民党」や「公明党」が造った「負の遺産」を、「処理」しなければならない時がやって来ます。

 遠い未来の事ではありません。間もなくやって来ます。

 

 

 

 

 今日は、JR東日本の「びゅうプラザ」へ行ってきました。

 

 今度の日曜日(22日)に、日帰りで「田舎」に行ってきます。今回は「クルマ」ではなく「新幹線」を利用することにしました。

 

 どうせなら、「座席指定」で、「自由席の空席」を探すことなく、ゆっくりと行こうと、昨夜、「えきねっと」で予約して、今日、発券してもらいに行ってきました。

 

 加えて、「週末パス」という割引きっぷも購入してきました。普通に乗車券を買うより、少しだけ「お得」のきっぷでした。

 

 「座席指定」では、「窓側」の指定ができたので、迷わず、「窓側」の席を要望し取れました。

もっとも、「上越新幹線」は、高崎(群馬県)⇔長岡(新潟県)間はトンネルが多くて、一番外を眺めたい区間も、「窓側の恩恵」はあまりないのですが・・・。

 

 

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。