福祉ボランティアの日々

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「命」の尊さを考えてほしい。

 

 最近、ジャンクメール(迷惑メール)が減りました。

 

 特に、下手な日本語翻訳ソフトを用いたと思われる、辻褄の合わない、変な日本語の文章のメールとか、英語の文章のメール(外資の会社に長く居たので、何とか理解できるが)とか、挙句の果てには、中国語らしきメールとか(残念なことに、爺さんは、中国語分かりません)、文字化けして、何が何やら、全く分からないメール・・・など。 

 時々、「今夜、待ってる・・・」とか、「今、何してる・・・」とか、「卑猥な英文のメール」とか、昭和26年生まれの爺さんに「今夜、待ってる・・・」言われても困りますが、兎に角、『迷惑なメール』が沢山届いていたのだが・・・。

 

 爺さんのメール受信方法は、まず、「WEBメール」(爺さんの場合は、「@nifty」なので、「@nifty」のWEBメール)で選別し、必要なメールのみ「Thunderbirdサンダーバード)」に受ける。(マイクロソフト系のメーラーは使いません。)

 これで、爺さんのPCは、悪意を持ったメールから、取り敢えず(全部ではないが)守れる。

 

 一見、興味をそそるような「お題」のメールでも、一旦、立ち止まって、一呼吸置いてから、読むか捨てるか判断したほうが良いですね。

 

 

 

 まるで、爺さんのような「バカ」のことが書かれているようで、恐縮ですが、10年前に書かれた本です。爺さんは読んだことがありませんが、見事に言い当てて(書き当てて)います。 

blogos.com

 蛇足ながら書き添えれば、爺さんは、「格差社会勝者」でないことは確かです。

 「バカと暇人」には含まれそうな気がします。

 

 

 

 やっぱり!こう来ましたか。

 でも、「疑い」だそうです。

 医師からは「車の運転は許可できない」と言われていたにも拘らず、運転し、アクセルとブレーキを踏み間違えたかも・・・? で済ましている。

 態度大きすぎませんか?

 警察もおかしい。これだけの大事故で、亡くなられた方も居て、大けがをされた方も居て、それでも、「書類送検」だそうです。軽すぎませんか?

 「書類送検」で済むことでしょうか? 人の命を奪っておいて「書類送検」で済まされる人って、相当の「上級国民」なんでしょう。

www.msn.com

 「理不尽」という言葉が、ピッタリ当てはまります。

 正義の味方の警察も終わったようです。「上級国民」には、手も足も出ない。

  加齢による身体機能の衰えや認知症などの病気を持った者が、車を運転し、人殺しをしても、「書類送検」にしかならない。

 この国は「無法地帯」か?

 

 

 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をお読みいただき有難うございました。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

 

 

 

「復興五輪」は何処へ行ったのでしょう?

 

 今日、久し振りに(多分1年振りくらい)、日本が誇る航空機「YS-11」の飛行する雄姿を見ました。どこかの博物館に展示されている静態保存の「YS-11」ではありません。

 

 厚木基地にほど近い位置に我が家があることは、何回も書いていますが、その厚木基地に隣接する(基地の一部と言っても過言ではない)民間の航空機整備工場があります。 

 その整備工場は、「YS-11」の整備を行っています。

 

  今朝、10時過ぎ、買い物に行く途中で、あの、かん高いエンジン音が久しぶりに聞こえてきました。

 見上げると、あの細長の「YS-11」が飛んできました。垂直尾翼に描かれたマークは、見たことのないものでした。

 

 まだ、世界中を探せば、何機も飛んでいるのでしょうが、日本の空からは消えました。

 

 「YS-11」が現役で活躍していた頃の私たちの国は、良かったですね。と言っても、若い皆さんには、何のことかわからないでしょうが・・・。

 そもそも、日本が誇る「YS-11」と言う航空機が、日本の、いや、世界の空を飛び回っていた・・・なんて、信じてもらえないでしょう。

 

 実は、爺さんは、「YS-11」に乗ったことがありません。

 もう、叶わないことですが、乗ってみたいです。

 

 

 

 札幌だって、夏は暑いよね。数度違うくらいでしょ、最近は。

 

 そもそも、「復興五輪」は、何処へ飛んで行ってしまったのだ? 「復興」と言う割に、「東京」にだけ大金を投げ込んで施設を造る理由を聞きたい。

blogos.com

 爺さんは、商業主義に満ち溢れた「五輪」は、中止すべきと考えている。

 大金を払ってくれる米国企業の言いなりになっている「五輪」なんて、「止めちまえ!!!」。

 

 クーベルタン男爵は、草葉の陰で何を思う?

 

 

 

 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をお読みいただき有難うございました。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

 

 

 

しどろもどろに・・・。

 

 国会議員も「十人十色」。色んな人が居ます。

 

 日本語が読めないのは、「副総理・財務大臣」ですが、日本語の意味を理解できない人が、なんと!自民党の「幹事長」をやってる。

 どちらも、偉そうにしている割に、情けない人だ。

www.jiji.com

 この人が言いたかったのは、『「気象庁」が警告していたほどに被害が大きくならず(実際には甚大な被害が出ているのだが)少し安堵したけどね・・・』と。

 気持ちはわかるけどね・・・。

 

 で、この人よりも情けないのが、「安倍」。この発言に対してのコメントを求められて、「ノーコメント」だとか。

  いま、まだ、首相で居られるのは、この人の「鶴の一声(自民党の総裁の任期は9年でも良いんじゃない・・・)」のせいですから、下手な事は言えません。

 

 そうは言っても、段々と按排が悪くなってきたので、渋々「撤回」する羽目に。

 

 久しぶりに「国会中継」見ましたが、緊張感無いね。

 質問者も、「TV」を意識して、TVカメラの方を向いて質問してたり、答弁する大臣は、最大限忖度した官僚が書いた台本を、正確に読めばいいものを、ちゃんとした理解の下に読んでいないから、しどろもどろ。

 聞くに堪えない。

 加えて、一議員だった時に発言していた内容と、大臣になってから答弁する内容に相違点があって、さらにそこを突かれてしどろもどろに・・・。(誰のことかわかりますよね?)

 

 

 何回も書くが、この国、終わってる。

 

 

 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をお読みいただき有難うございました。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 暫く、写真は載せません。悪しからず。

 

  今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

「台風」は、傍を通り過ぎましたが・・・。

 

 何だかんだと大騒ぎでしたが、我が地(横浜市西部地方)は、然したる被害もなく、「台風」は、通り過ぎていきました。

 横浜も東京寄りの地域は、色々あったようですが・・・。

 

 我が地は、最大風速は23m/sで、朝から繰り返し「脅かされていた風速」には、遠く及びませんでした。

 この前の、台風15号のほうが、風が強くて、家がかなり揺れましたが、今回(19号)は、そんなことは少なく、代わりに、千葉県沖を震源とする地震が家を揺らしました。震度2でしたが・・・。

 

 午後6時頃から、風が強くなってきて、午後9時前後が最高潮でした。雨も、午後9時までの24時間で200㎜位、これも、昨日から繰り返し「脅かされていた雨量」には、遠く及びませんでした。

 

 まあ、この手の予測は「当たらない」のが嬉しい!。

 

 しかし、NHKのデータ放送、良いですね。「dNHK あなたの街の天気」と言うのですが、何処の気象情報会社からデータを得ているのかわかりませんが、結構、大当たり!でした。

 

 

f:id:tomy2291:20191011235206j:plain

f:id:tomy2291:20191011235240j:plain

f:id:tomy2291:20191011235315j:plain

 

 撮影地:横浜市泉区(2019/10/08)by PENTAX K-3 with smc PENTAX DA 1:3.5-6.3 18-250mm ED AL(IF)



 

 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をお読みいただき有難うございました。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 明日は、「夏日」の良いお天気だそうです。「台風一過」と言うのかな?。

 

  今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

愛機(PENTAX K-5)が壊れました。

 

 先日、まだ完治していない病のリハビリを兼ねて、散歩&リハビリ&写真撮りに、愛用の、結構重い「PENTAX K-5」をぶら下げて出かけました。

 

 「彼岸花」が綺麗に咲いていたので、これは撮らねば! とシャッターを押しますが、一向に、特有の、「ガシャッ!」という音が出ません。(他社の同機種に比べて音が大きい。) 

 

 カメラにとって、シャッターが切れないって最悪ですよね。壊れてしまったようです。

 

 仕方がないので、こういうこともあろうかと、一緒に持ち歩いている、もう1台の「PENTAX K-3」で代わりに撮りました。(これも結構重いが、シャッター音は小さくなりました。)

 

 製品名からすると、「PENTAX K-3」の方が「PENTAX K-5」より古い機種のように思えますが、実は逆で、「PENTAX K-3」の方が新しい機種です。

 

 いずれにしても、もう、皆さんは、もっと新しい機種に乗り換えてしまっていて、中古市場を賑わす機種になっていますが、爺さんにとっては、まだまだ使いたいカメラなのだ。(と言うか、お金が無いので、中古品の程度の良いものを、選んで購入している。)

 しかし、修理代金が高額になるようだと、修理を諦めるしかありません。もっとも、古すぎて、修理用部品が無くなっている恐れもある。

 

 メーカーに問い合わせてみることが一番の解決策でしょうが、結局のところ、現品を確認しないと修理料金は・・・、と言われそうなので、東京・新宿にあるサービスセンターへ持参しようかと思ったら、業務内容が変更になっていて、現在は、受け付け業務しかやっていないようで。

 でも、修理受付に先立って、簡単なチェックくらいはやってくれそうな気がするので、今度の週末にでも・・・と考えたら「台風」が来るとか。

 

 なかなかうまい具合には事が運びませんが、なるべく早めに行ってみようと思ったのだが・・・。

 実は、爺さんは、「PENTAX K-3」より「PENTAX K-5」が何となく気に入っているので、簡単には手放せないので、尚更だ。

 

 それでは、サービスセンターに行けるのは・・・と、日にちを模索していると、爺さんの頭の中に一つのひらめきが。

 それは、「ファームウエア」を更新したら、少しは変わるかも? と。

 『ファームウェアとは、コンピュータなどに内蔵されるソフトウェアの一種で、本体内部の回路や装置などの基本的な制御を司る機能を持ったもの。機器内部に固定的に組み込まれ、あまり内容の変更が行われないことから、ハードウェアとソフトウェアの中間的な存在としてファームウェア(firm:堅い、固定の)と呼ばれている。』

 

 早速、ペンタックス(現在は、「リコー」)のホームページで、「PENTAX K-5」のファームウエア情報を見ると、何回かの改良が加えられ、更新されている。

 爺さんの「PENTAX K-5」にインストールされているファームウエアと、ホームページにある最新のファームウエアとを比べてみると、バージョンが2世代くらい違う。(当然、爺さんのが古い。)

 

 早速、最新のファームウエアをダウンロードし、更新してみた。(更新操作は省略。)

 

 その後、恐る恐るカメラのスイッチを「ON」にした。

 今までと何か動作が違う。

 適当にピントを合わせてみた。レンズが回転してピントが合った。

 シャッターボタンを押した。「ガシャッ!」という音と共にシャッターが切れた。

 

 えっ!マジですか! 撮れた画像を確認したが問題ない!。

 

 こんなので不具合が直ったのかな?、何となく半信半疑。暫く使い込めば判るでしょう。

 

 爺さんと言う人間もかなり古くなったが、持ち物もかなり古い爺さんです。不思議なことが起こります。

 

 

 

 さて、憲法改正に意欲を燃やすのも良いですが、森友・加計に始まって幾つかの疑惑が取り沙汰された。

 こちらの方も、「真相解明」と分かりやすい詳細な情報を「しっかりと説明」してほしいものだ!。

www.msn.com

 

 

 「田原総一朗氏」も、「関西電力」には、お怒りのようです。ようやく辞任することを表明したようですが、世論に押されての辞任。「自分が悪い」と考えての辞任ではないようで「残念」の一言に尽きる。

www.msn.com

 

 

 

f:id:tomy2291:20191009170915j:plain

f:id:tomy2291:20191009170949j:plain

f:id:tomy2291:20191009171023j:plain

 

 撮影地:横浜市泉区(2019/10/08)by PENTAX K-3 with smc PENTAX 1:3.5-6.3 18-250mm ED AL(IF)



 

 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をお読みいただき有難うございました。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

確認が大事です。

 

 他の電力会社も、似たりよったりでしょう。「調査したが、そういう事実はない・・・」とか言われていますが・・・。

 関西電力も、最初は、「問題はない・・・」と言ってませんでしたか。

news.nifty.com

 酷いもんですね。

 同じとは言えないかも知れませんが、公共事業などでも、「入札」の時に「談合」とか言って、わが社はこの工事を・・・、おたくはこの工事を・・・と、中心になって動く会社の存在が明るみに出ますね。

 

 日本全国、こんな慣習の中で会社が成り立っているのではないでしょうか?

 

 

 

 昨日の迷惑電話には参りました。高校時代の同級生からの電話だったのですが。

 

 爺さんの高校時代の仲良くしている同級生は、関東地方に住む数人以外は、殆ど、故郷・新潟に住んでいるのですが、今回の入院騒ぎについては、大まかな事を知らせました。 毎年2月、東京・有楽町で開いている「私的同級会」への出席のこともありましたので・・・。

 

 昨日、然程親しくしていなかった同級生から、突然、電話が入りました。卒業してから一度も連絡を取り合っていない同級生からでした。

 何処をどう回って爺さんの入院騒ぎのことが、その同級生に知れたのかはわかりませんが、病状とかを執拗に聞いてきました。

 

 電話が来た時間は、夕方(夜)7時頃。我が家では、家族揃って夕食の時間でした。

 この時間なら家にいるかな? と考えたのかも知れません。

 それぞれのご家庭では、それぞれの生活パターンがありますが、日曜日の夕方(夜)7時頃というのは、普通に、夕食やその前後の団欒の頃ではないでしょうか。

 

 然程親しくしていなかった同級生に、根掘り葉掘り病状とかを話すこと自体が、あまり気乗りすることではありませんが、折角、頂いた電話ですから、少し付き合っていましたが、一向に終わりそうもなく、他のことも話し始めたので、「今何時かな?日曜日のこれくらいの時間って、家族団欒の時間じゃないかな?、そんな時間にかける電話って、少し控えめに、手短に用件を話すのが良いんじゃない?」と問いかけました。

 

 気まずそうに電話は切れました。

 

 電話って、便利なものですが、一番の欠点は、相手の状況をつかめないまま電話してしまうことです。

 

 自分自身も、時に、ひょっとしたらマズイ時間かも?と思いながら、電話することがある。

 

 今、電話で話して大丈夫? と確認する心遣いが必要ですね。

 

 

 

 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をお読みいただき有難うございました。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

  今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

元の道に戻れるように・・・。

 

 昨日は、当地から、「ダイヤモンド富士」が望める日でしたが、すっかり忘れていて、撮り損ないました。残念!。

 

 今日、少しズレた「ダイヤモンド富士」が撮れそうだったら(雲の加減とかで望めない日かも知れませんので)チャレンジしてみます。

 

 

 夏休みが終わって、2学期が始まり、みんな元気に学校へ・・・と思っていると、夏休みの過ごし方に、少し問題があったと思われる生徒(高校生と思われる)が目につきます。

 我が住宅地にも、一人、道を誤った、付き合う友達を間違えたな・・・と思われるお子さんが居る。

 毎日、学校へ行かず、バイクの改造に全精力を傾けている。時々、試運転なる「騒音走行」を実行する。

 

 早めに気付いて、元の道に戻れることを、願っています。

 

 自分の家族でもないのにね・・・。

 

 

 

 この花は、今が旬。

 

f:id:tomy2291:20191004212621j:plain

 

 

 季節外れと言いましょうか? この暑さのなかで、咲いています。

 

f:id:tomy2291:20191004212700j:plain

f:id:tomy2291:20191004212731j:plain

 

 撮影地:横浜市泉区(2019/10/02)by PENTAX K-3 with smc PENTAX-DA 1:3.5-6.3 18-250mm Di AL(IF)


 

 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をお読みいただき有難うございました。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。