福祉ボランティアの日々

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

正義の味方。

 

 惨めな「菅さん」、もう、「安倍」の尻拭いは止めたらどうですか? あれだけ虚々実々に「安倍」を守る会見を(発言を)していた方が、「お助けメモ」を、何と11回も受け取らなければいけない状況。

 「末期がん」で、手の施しようが無くなった状況にそっくり。

 テレビでチラッと見ましたが、人が変わったようでした。

news.livedoor.com

 今なら。まだ、傷は浅い。一言、本当の事を言って、辞任すればよい。

 今なら、多分、「正義の味方」になれる。

 

  

 「行政文書」ではないものを、なぜ?、共用サーバの「バックアップエリア」に置くかね?

 そもそも「バックアップ」の意味が分かっていない。

 何かの手違いで消去しても、元通りにできるように、「バックアップ」を取っておくのでしょう。違いますか?

 「正真正銘」の「行政文書」でしょう! ボケ老人の爺さんでも、これくらいは分かるぞ!

mainichi.jp

 もう、どうしようもないところまで追いつめられている。

 模範答弁を書く(作る)官僚も、やる気が失せてるんじゃないですか?「やってらんねーよ・・・」と。

 

 

 最近「顔」を見ないと思ったら、そうだったのか。

lite-ra.com

 田崎氏自身がジャパンライフの懇談会に参加し、宣伝に協力していたという問題のようだ。

番組が田崎さんの出演を拒否しているわけではなく、田崎さんご本人から出演を辞退したいという申し出があったらしい。『自分にジャパンライフの問題があるから、出演はできない』と言っている。

  当分出て来れないね。「安倍」にとっては、貴重な「応援団」だったのにね。

 

 

 

 「こども自然公園」の続き。

 

f:id:tomy2291:20191205205212j:plain

f:id:tomy2291:20191205205243j:plain

f:id:tomy2291:20191205205324j:plain

f:id:tomy2291:20191205205359j:plain

f:id:tomy2291:20191205205434j:plain

 

 撮影地:横浜市旭区(2019/12/03)by PENTAX K-5 with TAMRON AF 70-300mm 1:4-5.6 TELEMACRO 1:2 LD Di


 

 

 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をお読みいただき有難うございました。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 今週末は、横浜地方も、「雨か雪」だそうですが? ホントかな?。

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

良いお天気に誘われて・・・。

 

 役所でも、国会議員でも、首相でも、「今後検討してまいります」という「言い訳の意味」お分かりですか?

 

 正解は、「何もしないよ」と言うこと。 

 

 それでは、その後に、何かの機会に、「あの時、このような発言をしていましたが、その後の進捗状況は・・・?」と聞かれたらどうするか?

 

 「〇〇委員会(何でも良い、関連性があるように受け止められる名前で良い)で検討中でございますが、結論が出るまでには至っておりません」と答える。

 

 この論法が、「安倍」のお気に入りなのだ。

 

 この論法を無視した回答や発言をすると、その人の「人生」は終わりを迎える。議員であれ、官僚であれ、今の地位に留まることは不可能となるか(左遷とか降格とか)、それ以上の「出世」は不可能となる。

 

 

 今日は、昨日とは打って変わって、とても良いお天気でした。

 

 久しぶりに、電車に乗って、お隣の「横浜市旭区」にある「こども自然公園」へ行ってきました。最近は、「爺さん婆さん自然公園」と言ったほうがいいかもしれないほどなのですが、幼稚園児も保母さんに連れられて走り回っておりました。

 

 入口がいくつかあって、爺さんは、一つ手前の駅で降りて、あまり混雑しない裏側の入口(「裏口」は得意ですので・・・)から入りました。

 

 早速、「リス」さんがお出迎えしてくれましたが、シャッターを押す前に逃げる態勢に入られました。残念!

 

f:id:tomy2291:20191203221222j:plain

 

 いつもなら、「紅葉」がとても奇麗なのですが、やはり、台風の影響か、いつもの年ほどではありませんでしたが・・・。

 

f:id:tomy2291:20191203221312j:plain

f:id:tomy2291:20191203221357j:plain

f:id:tomy2291:20191203221720j:plain

f:id:tomy2291:20191203221749j:plain


 撮影地:横浜市旭区(2019/12/03)by PENTAX K-5 with TAMRON AF 70-300mm 1:4-5.6 TELEMACRO 1:2 LD Di

 

 

 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をお読みいただき有難うございました。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

「笠富士」に似た画像。

 

 今日は、昨日より「雲」は多めながら、少し暖かく、まずますのお天気でした。

 夕方(16:40頃)、こんな「富士山」が望めました。

 

 「笠富士」に似た画像ですが、ホントのところは(想像ですが)富士山のかなり手前に、たまたま、笠のような雲があったのでしょう。

 

 流石に、「富士山」好きの方は、午後の明るい内から「予想」がつくようで、爺さんが、いつも「富士山」を撮影する場所は、混雑しておりました。

 

 左上の雲は邪魔ですね。

 きっと、「画像処理」に堪能な方は、「処理ソフト」を使って「消す」でしょうね。

 

 爺さんも、そういった「処理ソフト」を持っていますが、「ピンボケ」を直す程度に使うことはあっても、「あった」ものを「なくす」ようなマネはしません。

 

f:id:tomy2291:20191201202438j:plain

 

 でも、この画像では、背景が、ほぼ同色で、夕暮れ時特有の「グラデーション」のかかった背景画像が欲しくなりますね。

 

 グラデーションも、その「処理ソフト」なら、意外と簡単に出せるのですが、同様に、爺さんは、そこまで「処理ソフト」で加工する気にもなりません。

 

 これくらいの「グラデーション」がかかっていれば「GOOD!!!」なんでしょうね。きっと。

 

f:id:tomy2291:20191201212326j:plain

 

 撮影地:横浜市泉区(2019/12/01)by PENTAX K-5 with TAMRON AF 70-300mm 1:4-5.6 TELEMACRO 1:2 DiⅡ SP

 
 へぼ写真家の爺さんの戯言など読みたくもないでしょうから、この辺で・・・。

 

 

 時々遭遇します。スマホで撮った写真を誇らしげに見せびらかすような方に。

 あ~だ、こ~だと、一方的に話される方も。

blogos.com

スマホでぱちぱち撮った写真は、その人の中だけにある思い出の、ほんの断片でしかない。それを他人に見せながら楽しむならば、この写真の青い海のスケール感や空気感はどうだったか、ダイビングではどんなものを見たのか、この風景の中でなにを感じたのかなど、自分が行って見て体験した実感をもっと言葉で語るという会話が必要だ。

それがないと、聞いている相手は写真から想像を膨らませて楽しむということができないし、興味を持ったり、共感したりすることもできない。むしろ一方的でウザい、ということになってしまうのだ。

 

 

 「毒蝮三太夫氏」のブログ、「切れ味」最高。分かりやすい。

 今回は、あの「桜」が標的。

blogos.com

桜を見る会」なんてさ、要するに時の総理が芸能人やスポーツ選手と一緒に笑顔で写真撮ったりして、その模様がニュースで流れて、これで少しでも支持率なり好感度が上がれば儲けものだな~っていう人気取りの場だよね。だから、あそこで写ってる笑顔がどうも下心が見え隠れして、収まりが良くないんだよな。どっかで似たようなのを見たことあるよ。あれはどこだったかな? あっ、そうそう北朝鮮将軍様喜び組だ!?

 例えがいいですね。気が晴れます。

 

 

 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をお読みいただき有難うございました。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

  良い天気が続いていましたが、明日は、「風と雨」が激しいそうです。こりゃあ「買い物」が大変だ! 爺さんは「クルマ」止めたので、「風雨」には、めっぽう弱い。

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

  

「美しい演説ではなく具体的な計画を・・・」。

 

 偉そうに、一見、正論のようで、よ~く考えてみると、何言ってんの!誰かに「脅されているか・・・?」と感じてしまう。

 それが「電波」に乗ってしまう。発言は慎重にも慎重が宜しいかと思う。何を、どう考えようと、それは、本人の勝手だが・・・。

lite-ra.com

 どうしてこんな話になってしまうのか、もはやため息をつくほかないが、何もこれは局所的な話でもないだろう。実際、安倍首相が説明から逃げつづける一方、一部の番組を除いては「桜を見る会」問題の追及が盛り下がっている印象だからだ。

 そして、これは安倍官邸からの“恫喝”が効いている証拠だろう。本サイトでも以前、紹介したように、安倍首相の11月20日の首相動静を見てみると、こう記載されている。

〈午後6時34分、官邸発。同39分、東京・平河町都道府県会館着。同所内の中国料理店「上海大飯店」で内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談。〉

 安倍首相は公の場での会見も開いていないというのに、そんなタイミングで記者クラブの各社キャップが揃って安倍首相を囲んで懇談をおこなう──。しかも、本日発売の「週刊新潮」(新潮社)によると、この懇談会は開催2日前に急に設定されたという。無論、目的は「桜を見る会」報道に釘を刺すことだ。実際、この場で安倍首相と今井尚哉首相秘書官兼補佐官はキャップにこんなことを言ったのだという。

 安倍首相「この問題、ワイドショーはまだやるのかな? 昭恵のことももうやったし、後援会の話も出たからもういいんじゃないのかね」

 今井秘書官「NHKの報道はひどい。だから同時配信はだめだと言われる。1万1000円以上じゃなきゃ出来ないとホテルが言ったのを最初に報じたのもNHK。総理番が毎日細かいことを質問する。細かいことまで総理が分かるわけがないのに、袈裟懸けみたいに質問する。あれ、キャップが聞かせているの?」

「ワイドショーはもういいんじゃないか」「NHKの報道はひどい」「キャップが聞かせているのか」。これらの発言は報道の現場に介入しようとする、完全な“恫喝”ではないか。この懇談を蹴ったのは毎日新聞だけだったというが、参加した他の社は──とくにNHKは──直接言及されて震え上がったのではないか。いや、これは酷い擁護報道をした『スッキリ』の日本テレビもそうだろう。日テレは安倍事務所の「桜を見る会」ツアー資料を最初にすっぱ抜いたからだ。

 安倍首相が国会の集中審議から逃げ、メディアが懐柔されれば、これまでの数々の問題と同様、「桜を見る会」問題も誰も責任をとらないまま、有耶無耶になってしまう。そして、税金の私物化や都合の悪い文書は廃棄されるといった根本的な問題は解決されず、むしろ国民がそれを許したことにしてしまうだろう。

 

 

 「美しい演説ではなく具体的な計画」を・・・。そんなものを持ち合わせていない「安倍」は、演説を断られていた。

 隠さずに報道してほしいものだ。

this.kiji.is

 深刻さを増す地球温暖化に対処するため9月に米ニューヨークの国連本部で開かれた「気候行動サミット」で、日本政府が安倍晋三首相の演説を要望したが国連側から断られていたことが28日、分かった。二酸化炭素(CO2)の排出が特に多い石炭火力発電の推進方針が支障になったという。主催したグテレス国連事務総長は開催に先立ち「美しい演説ではなく具体的な計画」を用意するよう求めていた。

 

 

 「無償ボランティア」に応募し、採用された方々が可哀そうですね。

 同種の仕事でも、一方は「無償ボランティア」は、ほぼ無償。一方の「スタッフ」と称する、人材派遣会社から送り込まれる人は、時給1,600円。

 足りないんだったら、「無償ボランティア」に応募し、採用されなかった人の中から、もう一度、選び直してはどうだろう。

lite-ra.com

 更に、こっちの方が、もっと、おかしい???と思うのが、その「スタッフ」と称する人を派遣する「人材派遣会社」はパソナだ。

 こんなところにも食い込んで、利益を上げようと目論んでいるようで・・・。

 

 かなり「匂う」、プンプン「匂う」。

 「パソナ」と言えば、パソナグループの取締役会長は、「安倍」と大の仲良しの「竹中平蔵」だ。

無償ボランティア12万人の「余剰人材」があるのに、わざわざパソナを通じて高時給スタッフを新募集しているのも、一種の利益誘導ではないかとの疑いが生じるだろう。

 

 

 久しぶり(一週間のご無沙汰)に「晴れ」ました。今朝は、随分、冷えました。

 

 久しぶりに「散歩」に行って来た。

 

 「富士山」が、すっかり真っ白になっていました。

 

f:id:tomy2291:20191129221317j:plain

f:id:tomy2291:20191129221354j:plain

f:id:tomy2291:20191129221425j:plain


 撮影地:横浜市泉区(2019/11/29)by PENTAX K-3 with SIGMA 18-300mm 1:3.5-6.3 DC

 

 地球温暖化のせいか?、裾野のほうの雪の積もり方が毎年変わっている。まさか、自衛隊が訓練で砲弾を打ちまくり、裾野の地形が変わったかな? 

(山の形が変わった・・・というのは、先の大戦硫黄島でのお話でしたね。爺さんの考えすぎでした。)

 

 


 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をお読みいただき有難うございました。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

 

 

疑惑追及が止まらない。

 

 1985年1月25日にリリースされた、こんな歌がありました(かなり古いですが・・・)。

Romanticが止まらない (Single Mix)

Romanticが止まらない (Single Mix)

 

 「ロマンチック」どころか、「疑惑追及」が止まらない。止まるどころか「深みに嵌っていく」「安倍晋三首相」。

lite-ra.com

 嘸かし、「心中穏やか」ではないでしょうね。

 「内閣府」も、次から次へと公表される「本当の事」に、「ウソだ!」の蓋をするのに連日連夜追われているようで・・・。

 少し「働き方改革」でもやったほうが、国の為、国民の為になるでしょう。「過労死」が危ぶまれる。

 それとも、「内閣府」は、「ブラック内閣府」ですかね? 裏から「手を回す」のがお得意のようです。

lite-ra.com

〈知らない番号で私の携帯に着信。一昨日の夕方。
蓮舫さんの携帯ですか?」で始まる留守電には、その方の名前と会社名と肩書に続いて「お話したいことがあります」とありました。
桜を見る会」に飲食物を提供する業務を担う会社CEOから、でした。
私はこの方を存じません。携帯も伝えてません。〉
予算委員会理事懇の協議事項の一環として、桜を見る会の飲食物提供業者について2回、内閣府内閣官房の数人の職員と打ち合わせでケータリングについて話しました。いただいた資料はこれだけ。まだ調査もしていない段階なのに、なぜ当事者のCEOから私の携帯に連絡がくるのでしょうか。〉

 内閣府内閣官房の職員と「『桜を見る会』に飲食物を提供する業務を担う会社」について2回打ち合わせし、資料を要求しただけなのに、なぜか当該企業のCEOから直接電話がかかってきた──。蓮舫議員は行政文書を出すよう要求はしたが、〈当事者に何か確認してほしいとの要請ももちろんしていません〉と述べている。

 つまり、どう考えても、蓮舫議員が「桜を見る会」のケータリング業務を担った企業について調べていることを、内閣府内閣官房が企業側に情報を漏らした。そうとしか考えようがないのだ。

 ここまで「国を挙げて、庇う人物」でしょうか? 「悪い事をした人は、お縄頂戴」が宜しいかと思います。

 

 最近、NHKが「シルクロード」の再放送をやっている。「全ての道はローマに通ず」を映像を通して語る。久しぶりに見たが、良い番組ですね。

 

 ところが、どうだ? 「すべての事象は安倍に通ず」とでも言い切れる今の日本。

www.msn.com

 あの時も、破棄したはずの文書が、「オリジナル版」と「書き換え版」が出てきましたね。

 私の長い官僚経験から言って、そもそも、官僚が簡単に文書を捨てることはない。過去問を解いて受験戦争を勝ち抜いてきた官僚たちは、前例がなければ、何もできない。省内で説明するときも、最も重要なのは前例。

「昨年はどうだったか」「今年は違うのか」「違うなら何が違うのか」ということを説明できなければ、どんな案件も通らないのが役所の掟だ。文書を残していなければ、責任を問われることもある。だから過去の文書は何があっても残す。

 では、なぜ文書の保存期間が定められているのか。

 それは、政治家や官僚にとって都合の悪い文書を「廃棄した」と言っても、「責任を問われないようにする」ためである。つまり、「廃棄した」と官僚が言っても、それは、「『公には』廃棄したことにした」という意味で、実際には、必要な資料なら、誰かが必ず密かに保存している。

 

 今や、霞が関は無法地帯。証拠隠滅してもお咎めなし。全てのルールは安倍総理が決める。「私は関与していない」と総理が言えば、「関与を示す文書は出すな」というメッセージとなる。行政のガバナンスの完全崩壊だ。もちろん、文書がなければ、国民の代表たる国会議員も、政府をチェックできない。政府に対する国民のガバナンスが全く機能しない異常事態。日本は、民主主義国家の名に値しない国に成り下がってしまった。

 さらに言えば、その根本にあるのは、国民の規範意識の崩壊だ。本件について、「どうしていけないの?」「たいしたことじゃない」という声がネットに広がり、それを公言する「有識者」まで出る始末だ。追及する記者や野党議員へのバッシングさえ行われる。

 総理を筆頭に、政治家、官僚、検察、裁判所という支配層だけでなく、民主主義を支える国民の倫理規範までが歪んでしまったとしたら、この国の危機は臨界点に達していると言わざるを得ないのではないか。

  古賀氏の指摘は「的を得ている」と爺さんは考えるが・・・。

 

 

 「ない」と言って、「言い訳」していたものが、また、出てきました。

 今度は、どんな「言い訳」をするでしょう?

news.nifty.com

 神戸学院大学の上脇博之教授が解説する。

「これらの行事に安倍事務所のスタッフが“政党支部″のお金を使って参加していたとすれば、問題はさらに深刻です。支部の代表は安倍首相ですから、れっきとした安倍首相主体の政治活動といえる。そうなれば、やはりツアーや前夜祭の開催について収支報告書に記載がないのは益々おかしい。また政党支部には税金が原資の政党交付金が支給されています。その使途について、支部の代表たる安倍首相は、きちんと説明する義務があります」

 

 「郷原信郎氏」、今度は「将棋」を使って、「安倍」の「詰み」を解説。爺さんも少しだけ「将棋」をやったことがありますので、分かりやすい。

blogos.com

 

 与党は、「臨時国会の会期延長はやりません。法案は、すべて成立させます・・・」と、威勢が良い。

 成立の見通しさえつかない「国民投票法」(名前が正しくないかも知れないが)と、審査会開催のメドさえつかない「憲法審査会」(これも、名前が正しくないかも知れないが)のことは「諦め」たか? 一番の関心事だろう。

this.kiji.is

 ホントのところは、一問一答方式の予算委員会への「安倍」の出席を防ぐため。いや、答弁(模範解答)を作る「官僚たち」がお手上げ状態では・・・。「ウソ」が多すぎて・・・。

 加えて、更に、「ウソ」を言われたら、「俺たち、家へ帰れなくなる・・・」と、あらぬ心配事が・・・。

 

 それほどに、「安倍」の「罪」は、「重く」「大きい」と言う事。

 

 「安倍応援隊」の、識者や教授や評論家や芸能人まで、ほぼ「中傷」に近いことまで織り交ぜて「応援」を展開している。

 

 有能な識者は、自衛隊が訓練で打つ「空砲」に似ている・・・と一蹴する。

 

 韓国との一戦は、「完全勝利」と威張る「安倍」を横目に、韓国に「謝罪」したそうな。「完敗」が正しいようだ。

 

 また、「ウソ」言っちゃった。

 

 「ウソが止まらない安倍」でございます。

 お後がよろしいようで・・・。

 

 今日は、写真ありません。当地は、毎日・毎日、「雨」です。今週末は、「真冬の寒さ」になるとか?

 なんか、今年は、「紅葉見物」ができないまま暮れて行きそうです。

 

 

 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をお読みいただき有難うございました。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

昔だったら・・・、今は、許されません。

 

 プロ野球・巨人・阿部2軍新監督、お気持ちは、爺さんにも、よ~くわかります。

 

www.msn.com

 

 指導開始から約1カ月。秋季練習では熱心に指導する場面も多く見られたが、期待をかける選手については「いない」と即答。「そのくらいレベルが低いのを(選手は)分かって欲しい」とシビアに現状を分析する。

 技術の向上はもちろん、指揮官は「人間教育もしていきたい」と熱弁。あいさつの徹底から始め、自らが考えて行動し、自己主張する大切さを浸透させている。「自分も1年目から厳しさを味わってきたからこそ長くできた」。19年間の現役生活で得たプロの神髄を後輩にたたき込んでいく。

 

 でも、世の中の「思考回路」は、急激に、変わりました。(良し悪しは、爺さんにはわかりませんが・・・。)

 阿部さんが、プロ野球選手として出発したころとは・・・。

 「プロの神髄をたたき込む」のも結構ですが、「指導」の裏側にある「ハラスメント」と捉えられないようにご注意を!。

 

  爺さんの大好きなサッカー「Jリーグ(J1)」でも、「熱血監督」が、今、1年間の謹慎中(監督活動の停止)です。

 昔だったら・・・、でも、今は許されません。

 

 

  「英語」に続いて、「国語」と「数学」も、「記述式問題」が・・・。

 

news.livedoor.com

 

 何故か登場する「ベネッセ」。

 

「なにより問題なのは、民間企業が行う採点の質を公的にチェックする仕組みがないこと。英語民間試験では、各試験団体に指示する権限が文科省になく、運営上の混乱を呼びました。記述式問題を採点する企業との関係についても、同様の問題を指摘できます。問題の漏洩や情報の目的外使用についても、ずっと懸念されています」

 ちなみに、50万人が受験するであろう記述式問題の採点業務を8月30日、61億円で落札したのは、ベネッセホールディングスの100%子会社、学力評価研究機構であった。

 

 ここにも、「安倍とその一味」が顔を出す。何やら、おかしなムードが漂う。

 

 流石に、彼方此方で「経験値」を拾ったでしょうから、もう、「ヘマ」はやらないでしょうが・・・。

 

 「学習塾業界」(こんな業界名があるかどうかもわかりませんが・・・)も、少子高齢化を迎えて(特に少子化)、生き残りをかけて、色々と試行錯誤されているでしょうから・・・。

 

 少し「匂い」ませんか? 似てませんか? 

 そんなこともあってか、早々に、「取り下げて」しまいました。「英語民間試験」を、あの、問題の、文科大臣が・・・。

 マスコミ連中が、嗅ぎ付けて(もう取材も進んでいるでしょうが・・・)、記事にする前に。

 

 

 

 責任者なら、責任者らしく、逃げずに、最初から、ありのままを話せば、「株」が上がったでしょうに・・・。時すでに遅し。

 「同じ穴の狢」に格下げになってしまいました。

 

news.nifty.com

 

 今、新聞記者の「映画」が話題になっていますが、その「映画」の主人公に「問い詰められて」回答も反論もできず、急遽、会見を終わらせた程度の方ですから、まあ、この程度ですね。

 

 

 

 新聞によって「名前」は変わりますが、朝日新聞では「首相動静」という題がついた記事が隅っこに書かれています。

 「安倍」の一日が書かれています。そう言われてみれば、確かに、連日のように「ご会食」をやっておられる。

 

news.nifty.com

 

 野党の追及に余裕シャクシャクだとアピールしたかったようだが、かえってその焦りが透けて見えるようである。政治ジャーナリストの角谷浩一氏がこう言う。

「事態の沈静化に慌てて動いていることは確かでしょう。もっとも、桜を見る会が大炎上しているさなか、国民の目の届かない場所で首相の“言い分”を聞くというのは、報道機関のやるべきことではありません。〈会食する時間があるなら、国会の場できちんと説明するべきだ〉と言えなかったのでしょうか」

 臨時国会の会期末まで残り2週間。野党が安倍首相を国会に引っ張り出し、ガンガン攻めるしかない。

 

 引用した記事にもある通り、「ご会食」に招かれて、ノコノコと出ていく「報道機関」の連中も、「情けない」の一言ではありますが・・・。こんなことでは、記事も書けず、報道もできなくなる。

 その成果かな? 最近、「ワイドショー」が「題」にしなくなったのは。

 

 

 「逮捕は陰謀」のほうがシックリくる。

 全文引用したいのだが、そうもいかないので、読んでください。

lite-ra.com

 

 うまい具合に「繋がり」ます。お見事!!!。

 

 

 

 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をお読みいただき有難うございました。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 

  今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 

 

騙されないように・・・。

 

 寒い一日でした。おまけに、一日中「雨」でした。

 

 季節の変わり目は、寒暖の差が大きいですね。

 

 もうすぐ12月。「冬」です。

 

 

 と言いながら、良いお天気(青空)の写真は何ですか?と言われそうですが、先日、良いお天気の日に撮ったものです。

 

 

f:id:tomy2291:20191122155906j:plain

f:id:tomy2291:20191122155939j:plain

f:id:tomy2291:20191122160014j:plain

f:id:tomy2291:20191122160044j:plain

 

 撮影地:横浜市泉区(2019/11/19)by PENTAX K-3 with smc PENTAX-DA 1:3.5-6.3 18-250mm ED AL(IF)

 

 

 今日は、「あなたのクレジットカードに不正使用の・・・」という「スパムメール」が2通届きました。

 

 クレジットカード会社や通販会社の名前を出して申し訳ないが、

 

 1件目:鉄道系(ビューカード)の提携カード(「JCB」が提携先)で、不正使用の疑いがあるので、「パスワード」の変更を・・・というもの。
 2件目:「楽天」カードで不正と思われるアクセスが・・・というもの。

 

 1件目は、JR東日本の切符購入以外は使わないのに加えて、ここ数か月、体調を崩して切符も買っていない。且つ、日本語の文章に「少し」おかしなところがあったので、「スパムメール」と判断。

 

 2件目は、「楽天」は商品の購入などで「使ったこともなく」、「楽天カード」自体持っていないので、アクセスもできません。これも「スパムメール」と判断。

 

 今日の2件は、比較的、不正と分かりやすかったので、難なく「スパムメール」と判断できましたが、もう少し手の込んだ「一見、正しい・・・」と思ってしまうような「スパムメール」が届くことがある。

 

 まあ、判断に困るような場合は、メール本文内にある「問い合わせ先」ではなくて、WEBで「問い合わせ」指定されている会社の問い合わせ先(お客様相談ダイヤルなど)を見つけて、そこに問い合わせるのが肝心。

 

 まあ、敵もさるもの。あの手この手で「騙し」に掛かっていますので、一歩引いて、冷静に判断するのが良いですね。

 

 


 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をお読みいただき有難うございました。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。