福祉ボランティアの日々

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「美しい演説ではなく具体的な計画を・・・」。

 

 偉そうに、一見、正論のようで、よ~く考えてみると、何言ってんの!誰かに「脅されているか・・・?」と感じてしまう。

 それが「電波」に乗ってしまう。発言は慎重にも慎重が宜しいかと思う。何を、どう考えようと、それは、本人の勝手だが・・・。

lite-ra.com

 どうしてこんな話になってしまうのか、もはやため息をつくほかないが、何もこれは局所的な話でもないだろう。実際、安倍首相が説明から逃げつづける一方、一部の番組を除いては「桜を見る会」問題の追及が盛り下がっている印象だからだ。

 そして、これは安倍官邸からの“恫喝”が効いている証拠だろう。本サイトでも以前、紹介したように、安倍首相の11月20日の首相動静を見てみると、こう記載されている。

〈午後6時34分、官邸発。同39分、東京・平河町都道府県会館着。同所内の中国料理店「上海大飯店」で内閣記者会加盟報道各社のキャップと懇談。〉

 安倍首相は公の場での会見も開いていないというのに、そんなタイミングで記者クラブの各社キャップが揃って安倍首相を囲んで懇談をおこなう──。しかも、本日発売の「週刊新潮」(新潮社)によると、この懇談会は開催2日前に急に設定されたという。無論、目的は「桜を見る会」報道に釘を刺すことだ。実際、この場で安倍首相と今井尚哉首相秘書官兼補佐官はキャップにこんなことを言ったのだという。

 安倍首相「この問題、ワイドショーはまだやるのかな? 昭恵のことももうやったし、後援会の話も出たからもういいんじゃないのかね」

 今井秘書官「NHKの報道はひどい。だから同時配信はだめだと言われる。1万1000円以上じゃなきゃ出来ないとホテルが言ったのを最初に報じたのもNHK。総理番が毎日細かいことを質問する。細かいことまで総理が分かるわけがないのに、袈裟懸けみたいに質問する。あれ、キャップが聞かせているの?」

「ワイドショーはもういいんじゃないか」「NHKの報道はひどい」「キャップが聞かせているのか」。これらの発言は報道の現場に介入しようとする、完全な“恫喝”ではないか。この懇談を蹴ったのは毎日新聞だけだったというが、参加した他の社は──とくにNHKは──直接言及されて震え上がったのではないか。いや、これは酷い擁護報道をした『スッキリ』の日本テレビもそうだろう。日テレは安倍事務所の「桜を見る会」ツアー資料を最初にすっぱ抜いたからだ。

 安倍首相が国会の集中審議から逃げ、メディアが懐柔されれば、これまでの数々の問題と同様、「桜を見る会」問題も誰も責任をとらないまま、有耶無耶になってしまう。そして、税金の私物化や都合の悪い文書は廃棄されるといった根本的な問題は解決されず、むしろ国民がそれを許したことにしてしまうだろう。

 

 

 「美しい演説ではなく具体的な計画」を・・・。そんなものを持ち合わせていない「安倍」は、演説を断られていた。

 隠さずに報道してほしいものだ。

this.kiji.is

 深刻さを増す地球温暖化に対処するため9月に米ニューヨークの国連本部で開かれた「気候行動サミット」で、日本政府が安倍晋三首相の演説を要望したが国連側から断られていたことが28日、分かった。二酸化炭素(CO2)の排出が特に多い石炭火力発電の推進方針が支障になったという。主催したグテレス国連事務総長は開催に先立ち「美しい演説ではなく具体的な計画」を用意するよう求めていた。

 

 

 「無償ボランティア」に応募し、採用された方々が可哀そうですね。

 同種の仕事でも、一方は「無償ボランティア」は、ほぼ無償。一方の「スタッフ」と称する、人材派遣会社から送り込まれる人は、時給1,600円。

 足りないんだったら、「無償ボランティア」に応募し、採用されなかった人の中から、もう一度、選び直してはどうだろう。

lite-ra.com

 更に、こっちの方が、もっと、おかしい???と思うのが、その「スタッフ」と称する人を派遣する「人材派遣会社」はパソナだ。

 こんなところにも食い込んで、利益を上げようと目論んでいるようで・・・。

 

 かなり「匂う」、プンプン「匂う」。

 「パソナ」と言えば、パソナグループの取締役会長は、「安倍」と大の仲良しの「竹中平蔵」だ。

無償ボランティア12万人の「余剰人材」があるのに、わざわざパソナを通じて高時給スタッフを新募集しているのも、一種の利益誘導ではないかとの疑いが生じるだろう。

 

 

 久しぶり(一週間のご無沙汰)に「晴れ」ました。今朝は、随分、冷えました。

 

 久しぶりに「散歩」に行って来た。

 

 「富士山」が、すっかり真っ白になっていました。

 

f:id:tomy2291:20191129221317j:plain

f:id:tomy2291:20191129221354j:plain

f:id:tomy2291:20191129221425j:plain


 撮影地:横浜市泉区(2019/11/29)by PENTAX K-3 with SIGMA 18-300mm 1:3.5-6.3 DC

 

 地球温暖化のせいか?、裾野のほうの雪の積もり方が毎年変わっている。まさか、自衛隊が訓練で砲弾を打ちまくり、裾野の地形が変わったかな? 

(山の形が変わった・・・というのは、先の大戦硫黄島でのお話でしたね。爺さんの考えすぎでした。)

 

 


 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をお読みいただき有難うございました。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。