福祉ボランティアの日々

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「敬老の日」に思う。

 

 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をご覧頂き有難うございます。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 昨日は、「敬老の日」でした。爺さんは、あと数年で「該当者」になります。

 

 

 我が町内会では、この日、「該当者」に「ささやかなプレゼント」を贈りました。数年前までは、「食べ物」が多かったのですが、今年は「クオカード」でした。

 「ささやかなプレゼント」は、各班長が「該当者」に手渡しすることになっていて、爺さんも、「該当者」6名の方に、手渡しで、お渡ししてきました。

 

 

 

 今年の夏は「病室」で過ごした爺さんですが、退院して、少し日にちが経過し、元に戻りつつあるかな・・・と実感できるようになってきました。

 

 かみさんや息子達は、爺さんは、退院しても「後遺症」が残るだろうなぁ~と決め込んでいたようで、介護がしやすいように、2階にある爺さんの部屋を1階の次男の部屋に「移転」すべく、不用品廃棄やら大掃除やら大変だったようで、そのおかげか?家の中が「きれい」になっていました。

 

 ところが、体力や筋力は低下したものの、問題の「後遺症」は「奇跡的に」全くなく、「悪運強すぎ!」と、折に付け言われております。

 

  後は、衰えた体力を戻すこと。普通に動き回ることができる程度にまでね。

 

 入院・手術で迷惑をかけた分を、家事などでお返しできるようにね。

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。