福祉ボランティアの日々

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「立腹」。

 

 「福祉ボランティアの日々- tomy2291.hatenablog.jp」をご覧頂き有難うございます。

 サブアカウントの「爺さんのつぶやきhttps:// tomy2292.hatenablog.com 」でも発信しています。併せてご覧いただければ幸いです。

メインアカウントサブアカウントへの移動用に、上記のようにリンクを張りました。)

 

 

 長くお付き合いさせて頂いている方はお分かりかと思いますが、このブログの名称は何回か変更しました。

 

 直近では、数年前までは「福祉ボランティアの日々(スポーツボランティアもあり)」という長~い名称でした。

 

 その「スポーツボランティア活動」として、「マラソン大会」と「遠泳大会」の活動もやっていた為です。

 然し、その活動が、本来の「福祉ボランティア活動」に支障をきたすまでになって、数年前に、活動は、「福祉ボランティア」のみとしました。

 

 

 この時期、年末に行われる「マラソン大会」に向けて、準備作業が始まります。

 人気のあるフルマラソン大会なので、24000人超のランナーはネット登録で、受け付け開始後数時間で満員札止めとなります。

 

 が、3000人ほど必要な「ボランティア」は、なかなか集まりません。勢い、活動したことのある「経験者」に参加要請に近い形で「パンフレット」が送付されてきます。

 

 今年も来ました。

 

 爺さんは、「ボランティア」の中でも少し高い地位にあったので、活動中止に当たって、マラソン大会の実働部隊となる「NPO法人」に対して、「活動終了」を知らせ、今後、関係する「パンフレット」送付などは行わないように・・・と書面を提出しました。

 

 にも関わらず、毎年、この時期、「ボランティア募集」のパンフレットが送付されてきます。

 

 その度に、「送付しないように・・・」の断り書きを添付し送り返します。

 

 今年は、少し、強い語句の文面としました。

 押し売りのようで、あまり気持ちの良いものではありませんので・・・。

 

 

f:id:tomy2291:20190612225752j:plain

 

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。