福祉ボランティアの日々

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「新元号」を、あれこれ詮索してみても・・・。

 

 4月に入りました。

 日を追うごとに、お日様の高さが高くなっていくのを、窓から差し込む斜光の傾きで、知ることができます。

 昼間の時間が長くなってきました。

 毎朝5時起床の爺さんは、ようやく、外が明るくなった頃に起きれる。

 

 

 世の中、「新元号」で大騒ぎですが、5月1日までは、更に、「平成という時代は・・・」とか銘打った番組が連日放送されるでしょう。新聞や書き物も同様に。

 

 この大騒ぎを最大限利用して、自民党及び与党各党は、「安倍」の命令通りに法案を通しづけるでしょう。

 既に、「憲法改正云々」との発言が散見される。騙されやすく、お上に任せておけば・・・と、文句を言わない大多数の国民は、うまくコントロールされるだろう。

 

 「原発」は、コントロールが大変だが、「国民」は、コントロールしやすい・・・と。

 

 

 毎月購読している月刊誌「世界」。間もなく、5月号が届くというのに、全然、読み切れないでいる。突っかかっている居るのは、ある「ルポ」記事だ。3月号から連載が始まった。

世界 2019年 03 月号 [雑誌]

世界 2019年 03 月号 [雑誌]

 
世界 2019年 04 月号 [雑誌]

世界 2019年 04 月号 [雑誌]

 

 その「ルポ」記事の名前は、「ルポ 孤塁 消防士たちの3・11」フリーライター 吉田千亜(よしだちあ)投稿。)だ。

 

 3・11大地震発生からの、双葉郡の消防士たちの活動を、消防士一人ひとりにスポットを当てて書き綴っている。

 とても、流し読みにはできないことが淡々と書き綴られ、そのひとコマひとコマが、TVなどで報道されたほんの一握りの映像と合わさり、次を読みに行けない。

 少しだけ引用させていただいた。

・・・・・

 富岡消防署の猪狩拓也(27・消防士長主査)は、正午頃、富岡町役場に情報収集に行き、その足で、前日から避難所になっていた学校や集会所をまわり、「〇〇時に役場から避難のバスが出ますよ」と広報した。この頃猪狩は、長くても数日から一週間程度の避難で帰れるのだろう、と考えていた。
 十五時三十六分。富岡消防署に戻り、車庫で休憩をしている時だった。「ドーン」という音がして窓がガタガタっと小さく揺れた。
 「今の音、なんでしょうね」
 猪狩は一緒に休んでいた職員に問いかけた。部屋の中にいた職員にも「今の音、なんですかね」と問いかけたが、音に気づいた職員はいなかった。
 同時刻、苅野小での避難広報が終わり浪江消防署に戻った佐藤圭太も、「パーン」という乾いた音を聴いた瞬間、空気の振動を感じた。その一~二分後、署の向かいにある町役場の窓ガラスを背景にチリのようなものが見えた。
 「何か降ってきた。やばいぞ・・・・・!」
 キラキラと細かい粒子のようなものだった。
 同署内にいた酒井真和(27・浪江消防署消防士)は、爆発音を聞き、咄嗟に外に飛び出た。空を見上げると、第一原発の方向に白い煙が見えた。しかし、状況が全く把握できない。
 その時、通信司令室から
 「爆発が発生した!」
という声が聞こえた。
 酒井はそれを聞き、「どういうことだよ・・・・・!」と思った。つい一〇日ほど前に、東電職員による研修の講和で、「安全が確保されています」「原発が壊れることはありません」と教えられていたのだ。
 志賀隆充(36・富岡消防署消防司令補主査)は、ちょうど搬送先の川内村の村立診療所「ゆふね」に到着した時に、原発が吹っ飛ぶテレビ映像を目にし、絶句した。福島中央テレビ日本テレビ系列)の無人カメラが撮影していたものを、爆発四分後にローカル局のみ流したものだ。
 「うそだろう」
 何もかも信じられないことだらけだった。
 富岡消防署は、爆発を受けて窓と換気扇に目張りをしたが、「ここでの活動は、もうダメではないか」と移動の段取りが始まる。浪江消防署でも、「このままでは放射線量が高いし、川内出張所に拠点を移したほうがいい」と、車両や資機材の移動準備がはじまった。
  加勢信二(48・消防本部主任主査兼予防係長消防司令)は、管内の危険物担当だったため、ガソリンスタンドの異常がないかを確認しつつ、優先的に消防に給油させてもらえるようにお願いをして回っていた。しかし、スタンドの店員も避難しなくてはならず、「給油のため残ってください」とは言えない。燃料がなくなれば活動は不可能だ。

・・・・・

 

 あと数日で5月号が届く。3冊が、しばらく、机の上の積み重なってしまいそうだ。

 

 

 

  今日の写真は先日撮ったもの。

 

f:id:tomy2291:20190402213516j:plain

f:id:tomy2291:20190402213537j:plain

f:id:tomy2291:20190402213524j:plain

f:id:tomy2291:20190402213549j:plain

 

 撮影地:横浜市泉区(2019/03/28)by PENTAX K-3




 「安静」と「食事制限」の為、動きが取れなかった。

 今日からは、ほぼ普通に動けるようになった。

 

 「衝動買い」で、ズームレンズを購入した。勿論、年金暮らしでお金が無いので「中古品」だが。

 今まで使ったことのないタイプのレンズだ。少し手惑いそうだが、使いこなせるように頑張ってみたい。

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。