福祉ボランティアの日々

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「図星」。

 

 「霰まじりの雨」が降った昨日とは打って変わって、今日(3/24)は、朝から快晴、良いお天気です。

 只、朝方、畑は真っ白でした(雪が降ったわけではありません)。冷え込んだのです。その割に、「富士山」は、爺さんの頭の中のように「ボーっと」して霞んでいました。

 でも、暖かくなりそうです。

 

 「センバツ」が始まったようです。

 最近、投手の「肩」の酷使が話題になります。

 「野球学校」ではなくて「高等学校」です。

 本来の「学業」の方に重きを置くべきでは・・・と思ったりもします。

 野球に限らず、「部活」が前面に出ている学校が多すぎるように思います。勿論、それを否定するものではありませんが、優先順位はあると思います。

 

 「学校」は、何をするところでしょうか? 何を学ぶところでしょうか?

 

 

 

 爺さんは、この著書を、発売と同時に購入し読んでみた。

 著者で弁護士の名前は「明石順平氏」。彼が2017年に著した「アベノミクスによろしく」がその著書の名前だ。

 この(以下に紹介する)ブログに、その著書のエッセンスが書かれている。
blogos.com

 ブログに対する「コメント」も、いつもなら、この類の書き物には、「安倍擁護」を自任する「ネトウヨ諸氏」が「批判的なコメント」に終始するのだが、こればかりは、そうでもない。

 「図星」なのだ。

 書籍を読んでほしい・・・などとは言わない。このブログだけでも読んでみては・・・と言いたい。

 

 

 

 フランス当局から「逃げまくっている」JOCの武田会長。

 身柄拘束の恐れがある為、日本国外に出ることができない。この所、数回の国際会議は、全て「欠席」したのも、日本を出た途端に「身柄拘束」があり得ることだから。

不都合な部分を黒塗りにした報告書とはいかにも日本的だが、とてもグローバルに通用するとは思えない。本当にそんな報告書を仏の裁判所に提出したのか。JOCは「捜査中のため、こちらからお答えすることはできません」(広報企画部)とコメントした。

news.nifty.com

 フランス当局の判事さんも「ビックリ!」でしょう。

 恥ずかしいお話です。

 金塗れ、疑惑塗れのオリンピックなんか「止めたら?」と思う。

 東京の、7月下旬から8月上旬にかけての「暑さ」を知らんのか? 電力需給がひっ迫しないことを祈る。

 でも、そうなった時にピッタリの言い訳がある。「原発が停まっているもので・・・」とね。

 

 

 

 「暗め」に撮った「桜」は、まだ、続きます。「富士山」も加えました。

 

f:id:tomy2291:20190324131216j:plain

f:id:tomy2291:20190324131239j:plain

f:id:tomy2291:20190324131317j:plain


 撮影地:横浜市泉区(2019/03/22)by PENTAX K5

 

 

 

 新型車両も良いけど、オール2階建て「Maxとき」も良いなぁ~。

今では上越新幹線を象徴する車両となっていますがE7の導入により来年度末に全車両が 引退する予定になっている。 

www.msn.com

 ご存知の方も多いと思うが、「Maxとき」限定の「名物広告」も終了。

2011年5月からMax限定で掲示されていた広告 「東京新潟物語」だ。シリーズ化されたこの広告は春夏秋冬でフレーズを変えながら8年間にわたりMaxの車内に張り出されてきた。

スポンサーは長岡市の老舗の酒蔵「吉乃川」 。 

 残念です。

 田舎に帰る時は、クルマより新幹線を使うことが多かった爺さんですが、時に、この広告で「ホロリ」とくることがありました。

 

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。