「公平」な報道とは?

 

 大学・医学部の入試の「点数」の付け方が話題ですが、正直に会見した大学の状況を微に入り細に入り書きまくる新聞、映し出すテレビ。

 では、その他の正直に会見を開かない大学はどうなんでしょうね。まるで、「正直者はバカを見る」の典型的な例ではないでしょうか?

 「公平さ」を欠いた報道は控えるべきです。

 

 プロ野球は、クライマックスシリーズ・ファイナルステージが始まりましたが、セ・リーグは「広島カープ」、パ・リーグは「ソフトバンクホークス」が先勝しました。

 

 最近のプロ野球中継(テレビでもラジオでも)を見聞きしていて、少し、解説が「煩く」感じることがあります。何か、「種明かし」を聞かされているようで、「どうなるんだろう?・・・」的な関心ごとが薄れる時があります。

 結果について、あれこれ評価するのは良いとしても、これから進行していく試合(内容)を予測するような解説は「控えめ」にしてほしいと個人的に思います。

 高校時代に「捕手」をやっていた者としては、「次の投球は・・・」と解説者に予測されると、同感を覚えたり違和感を覚えたり・・・。

 

 

 昨日は福祉ボランティア活動も無くて時間があったので、いつもの散歩の他に自宅近くを歩いてみた。

 

 

f:id:tomy2291:20181017224438j:plain

 

 

 

f:id:tomy2291:20181017224502j:plain

 

 

 

f:id:tomy2291:20181017224533j:plain

 撮影地:横浜市泉区(2018/10/17)by PENTAX K5

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。