「常識の欠如」に「無責任」。

 

 凡そ、現在の世の中の常識というもの、随分変わってきているようだ。単純に「常識が無い・・・」で済ませられる問題なのだろうか。

www.msn.com

 引用した記事中にもあるが、先の総裁選の「安倍」と「石破さん」の得票数の単純な分析でも読み取れるものがある。

 議員票⇒「安倍」支持:「石破さん」支持が 82:18で、「安倍」の絶対多数。

 党員票⇒「安倍」支持:「石破さん」支持が 55:45で、「安倍」と「石破さん」に大きな差はない。

 これを見る限り、「安倍」は、勝った!勝った!と喜んでいる場合ではないことがわかる。「安倍」自身が思い描いているほどに「党員」の間では「安倍」人気はそんなに高い訳ではないことがわかる。

 これが、今の、「安倍」に対する、世間の「常識」なのだ。

 

 

f:id:tomy2291:20181006222429j:plain

f:id:tomy2291:20181006222450j:plain

 

 

 確か、この、「重量」云々のことは、「汚染」がどうした・・・とか、「地下」に「空間」がある・・・とか「ワイドショー」で連日取り上げられていたころに、建設エコノミストの森山高至氏などが取り上げていた問題。

 結局のところ、誰も何も改善もしなかったということ。いまさら何を!である。

www.msn.com

 「無責任」がまかり通る豊洲市場であります。

 

 

 「無責任」と言えば、東京オリンピックにつぎ込むお金が、当初の予算額を大きく上回ってきたという。

 東京オリンピックに限らず、諸官庁が発注する工事などの「予算額」ほど当てにならないものは無い。当初の予算額は、理解を得やすいように低く抑えておいて、工事などが始まると、あれもこれも・・・と爆発的に増加する。

 確か?コンパクトで費用の少ない東京オリンピックであった筈。結局のところ、国の借金で賄われ、そのツケは「孫子の時代」に回される。

 ここでも「無責任」がまかり通る。

 

 

f:id:tomy2291:20181006222520j:plain

f:id:tomy2291:20181006222546j:plain

 撮影地:横浜市泉区(2018/10/03)by PENTAX K20D

 

 

 昨夜から「風」が強くなってきました。朝には弱まるようですが、我が町内会も、今日、近くの中学校のグラウンドを借りて「運動会」の予定です。

 

 果たして、朝6時に「合図の花火」が打ち上げられるでしょうか?

 

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。