「逃げる」には理由がある。

 

 自民党総裁選挙が、ようやく始まったようです。立候補受付は随分前だったようですが、「北海道地震」とか「外交」とか幾つかのことがあって、「待て!」がかかっていたようです。

www.msn.com

 新聞とかTVとかラジオとかいろいろ見聞きしていると、逃げてる「安倍」、遠回しに安倍批判と自論展開の「石破」と見えます(個人的な見解です)。

 官僚が忖度して造った「数字」を恥ずかしげもなく「私のこれまでの成果だ!」とぶち上げる「安倍」には思わず笑ってしまいます。

 だったら、もう少し、その成果なるものが庶民に「トリクルダウン」してきていてもよさそうなものですが・・・。

 

 この総裁選挙に際し、官邸がマスコミに対して「公平な報道を・・・」と「報道管制」とも受け止められる要求をしています。裏を返せば、そうでも言って歯止めをかけておかないと、「安倍」の「ウソ」で終始しかねないほど「安倍政権」は腐敗していることにほかなりません。

 

 いすれにしても、多数の忖度議員と安倍しか居ないと妄信している安倍信者によって当選するでしょう。でも、あと3年で何ができるでしょう。だって、6年近くでこの程度しかできなかったのですから・・・。

 しっかりと注視していかなければなりません。

 と同時に、「安倍」を支持した忖度議員の3年後の身の振り方がとても楽しみです。

 

 

 我が家直近のスーパーでも「北海道地震」の影響か?「牛乳」に異変が起きています。いつも購入する銘柄が欠品していて、見たこともない銘柄が陳列されています。他の商品についても少なからずその影響は出ているのでしょう。

 

 早く正常の状況に戻ると良いですが・・・。

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 秋雨前線の影響でお天気スッキリしませんね。もう少しの辛抱で「澄み切った秋の空」が望めるでしょう。

 

 連休明けから連日「福祉ボランティア活動」です。誰かのように「逃げずに」活動します。