自民党は「JAL」が嫌い。

 

 昨日は、娘の墓参りに行って行きました。

 

 神奈川県三浦半島の先っぽまでです。高速道路を利用しても、片道1時間半ほどかかります。

 東京湾の出口付近が望める高台にあります。

 

 猛暑でしたが、お墓の横に腰を下ろして暫く海を眺めていました。この子が元気に成長してしていたなら・・・と思いを巡らせながら・・・。

 人の一生はそれぞれです。それがその人の人生です。この子の人生は24時間でした。

 

 

 

 写真は、「セミ公園」の続きです。

 

 

f:id:tomy2291:20180723142512j:plain

f:id:tomy2291:20180723142520j:plain

f:id:tomy2291:20180723142528j:plain

f:id:tomy2291:20180723142540j:plain

f:id:tomy2291:20180723142553j:plain

 撮影地:横浜市泉区(2018/07/21)

 

 

 こんな所にも、自民党の「『JAL』嫌い」が。

news.nifty.com

 

 引用した記事をよく読んで頂かないと、お前何書いてんだ?ということになりますので、まずは、引用記事をお読みください。

 

 今度の政府専用航空機は、ボーイング社製の「B-777」という型式です。「ANA」でも使っていますが、勿論、「JAL」でも使っています。

 運用は、航空自衛隊ですが、整備は「ANA」に変わります。

 「ANA」に変える理由など殆どありませんし、「JAL」が現行の政府専用機「B-747」の整備で不具合を起こしたこともありません。

 あるのは、引用した記事中にあるように、自民党の「JAL嫌い」だけです。

 そのような些細な事柄を気にするのであれば、昔、「ロッキード事件」という政界を巻き込んだとても大きな事件がありました。そこに登場したのは「ANA」です。

 政界には、随分『お世話』になった筈ですが・・・。

 

 「安倍政権」らしいといえばそれまでですが・・・、「ANA」選定にかかる「理由」としては、情けなく・お粗末なことではないでしょうか? もっと公明正大に「入札」でもして決めればよいのでは・・・と思います。

 政治家爺さんたちがやってることは、まるで「子供のケンカ」です。

 もっとも、当世の子供達はしっかりしていますから「僕たちはそんなことしないよ・・・」と言われるかも知れません。

 

 航空路線・空港や鉄道路線・駅などは、昔から、政治家の利権のかたまりであったことも事実です。何でこんなところに駅が? とか、この狭い国土の中に90を超える空港が存在し、空気を運ぶ航空路線が存在します。

 

 そのような事を考えあわせると、

 胸を張って言える、その「選定理由」を聞きたいものです。

 多分、言えないでしょう。「安倍」と、その仲良し組で忖度しながら決めたのでしょうから・・・。

 

 この他にも、「ANA」に対しては、航空路開設や就航便数の増便などで、あらかさまな「差別」措置が、普通に行われています。

 最近では、羽田空港の国際線枠拡大時の、行先や便数の決定で、「ANA」が大きく優遇されています。

 

 航空機をよく利用される皆さん、「JAL」と「ANA」とでは、どちらがどんなふうに「優位性」を持っていますか?

 地上でのサービスは勿論、機内でも、到着地でも・・・、全体を含めてのことですが。

 但し、国際線のそれについてのことです。

 

 私は、航空機には殆ど乗りませんので分かりません。「撮る」ほうが専門ですので・・・。

 

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 暑さは当分続くようです。水分と塩分を適切に摂って乗り切りましょう。