「復元」ではなくて、また「改竄」では?

 

 「隠し事」と「書き直し」が「特技」の「財務省」が、「佐川氏」が「破棄した」と強弁した「文書」を公表しました。

headlines.yahoo.co.jp

 毎日新聞の記事ですが、記事中にあるリンクをクリックすると、「廃棄したはずの文書の写真(文字を読み取ることもできます)」が大量に出てきます。

 「信用が地に落ちた財務省」ですから、今回、嫌々ながらも公表したものが「全て」と思えませんが、その一端を目で確認することができます。

 

 

 

 信用できますか?

mainichi.jp

 記事中に以下の記述があります。

 『・・・あわせて提出した改ざん前の決裁文書は計14文書で約3000ページに上る。大阪地検から提供を受けたコピーなどをもとに、財務省が改ざん前の状態を復元した。・・・』

 「信用が地に落ちた財務省」です。「復元」を信用できますか?

 疑り深い私は「信用」しません。何か、故意に、隠している筈です。「安倍」への「忖度」で・・・。

 

 

 

 やはり、肝心な部分は公表していない(抜き取っている)ようです。

blogos.com

 

 

 

 「信用が地に落ちた財務省」を「信頼できる財務省」に取り戻すことは「不可能」かも知れません。「あの方」が「トップ」では・・・。

 

 

 

f:id:tomy2291:20180524123302j:plain

f:id:tomy2291:20180524123310j:plain

f:id:tomy2291:20180524123319j:plain

f:id:tomy2291:20180524123408j:plain

f:id:tomy2291:20180524123445j:plain

f:id:tomy2291:20180524123540j:plain

 撮影地:横浜市泉区(2018/05/22)

 

 

 週末です。

 「暑さ」も戻って来るようです。

 

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。