「・・・記憶がない・・・」

 

 またまた出ました「認知症官僚」。「・・・記憶がない・・・」と言い張っている。この手法は、もう、使えない筈ですが・・・。

 この方も「認知症」では職務遂行は難しいでしょうから「クビ」にしましょう。

www.nikkei.com

 もっとも、「調整」とか言う手法(お薬)を使うと、「与党」&「安倍」に都合の良い部分だけ「記憶が甦る」そうです。

 それも、ハッキリと断言できるあたりは、とても、「ようやく蘇った記憶」とは言い難いシロモノです。

 「調整」と呼ぶ「お薬」は、どこの製薬会社の「認知症特効薬」か知りませんが、「官邸」では、広く使用されているようです。

 

 ※「認知症」の語句の使い方に「適当でない」箇所が数か所あります。ご容赦下さい。

 

 

 

  「前川さん」も「民間人」なのに迷惑がかかりますね。「安倍」の言い逃れに「前川さん」の発言が引用されてしまいました。本当は言ってもいないことなのですが・・・。「安倍」も「逃げ」が苦しくなってきました。

www.nikkan-gendai.com

 

 

 

 

 写真は、昨日撮ったものです。

 

f:id:tomy2291:20180516000244j:plain

f:id:tomy2291:20180516000303j:plain

f:id:tomy2291:20180516000320j:plain

f:id:tomy2291:20180516000340j:plain

f:id:tomy2291:20180516000352j:plain

f:id:tomy2291:20180516000404j:plain

f:id:tomy2291:20180516000417j:plain

f:id:tomy2291:20180516000435j:plain

f:id:tomy2291:20180516000448j:plain

 

 

 

 詰まる所、何なのでしょう。

www.msn.com

 薄学オヤジの見解は、これです。筆者も、これが言いたいために「あれやこれや」と書いている訳で、随分前から、複数のジャーナリストが書いている、語っていることです。

 

 『・・・元凶は、安倍政権が官邸主導を強行するために霞が関の主な人事を握ったところにある。・・・』

 

 目新しくも何ともないですが、強く賛同します。

 

 

 自民党の議員さんにまでこんなことを言われています。「柳瀬さん」の言い逃れも苦しくなる一方です。

www.msn.com

 

 愛媛県知事の「中村さん」からも「逆襲」を浴びています。

www.msn.com

 

 

 

 「アメフト」の試合での出来事も、「言った」「言わない」の応酬が始まりました。今年の流行でしょうかねぇ~。

 

 

 

 今日も良いお天気で「暑い日」でした。

 「区民の森」へ行ってきました。いろんなものの写真を撮ってきました。明日以降の記事に加える予定です。

 

 

 このところ、「血圧」が正常値(110-70位)に近くなってきて、体調も良くなってきました。毎年のことで、夏場は何もしなくても「血圧」は低くなるので、「奇形心臓」が良くなったわけではありません。

 今度の受診時に「心電図」も測定されるでしょうから、その結果によっては、「降圧剤」の処方も変わるでしょう。

 

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。