「暑い」、でも、そろそろ変わり目とか・・・。

 

 同じニュースでも「新聞」や「TV」 によって若干の「言い方」の違いがあります。

 

 先ずは「朝日新聞デジタル版」。

www.asahi.com

 

  「記事」はこちら☟

 小泉進次郎自民党筆頭副幹事長(発言録)
  (安倍晋三首相の予算委員会での発言について)北朝鮮の問題とかで大きく世界の構図が変わろうとしている局面で、いつまでたっても、こういった(加計)問題に時間をとられ、与党も国民から信頼を失い、野党も長く欠席が続くこと自体も評価されず、政治全体、行政全体の信頼が失墜しているということは本当に不幸なことですよね。

 国会審議を欠席した野党を非難するのではなくて、この問題にいつまでたっても終止符をうてないことを自分たちは反省しないといけない。(首相が)「うみを出し切る」と言ったわけですから、その通りの行動をしなければいけない。疑惑払拭(ふっしょく)、国民が納得してくれるために必要なことはちゃんとやるべきだと思いますね。(視察先の北海道訓子府町(くんねっぷちょう)で記者団に)

 

 

 続いて「産経新聞デジタル版」

www.sankei.com

 

 「記事」はこちら☟

 自民党小泉進次郎筆頭副幹事長は14日、加計学園をめぐる疑惑解明に向けた安倍晋三首相の対応が不十分だとの認識を示した。視察先の北海道訓子府町で記者団に「世論調査を見ても、納得している人が圧倒的に少ないことは明らかだ。疑惑を払拭し、国民が納得してくれるために必要なことはちゃんとやるべきだ」と述べた。

 首相が「うみを出し切る」と繰り返していることに触れ「その通りの行動をしなければいけない」と強調した。

 

 

 次に「TBSテレビ」

news.tbs.co.jp

 

 「放送内容」はこちら☟

 自民党小泉進次郎筆頭副幹事長は14日、加計学園問題などの疑惑解明に向けて「国民が納得してくれるために必要なことはちゃんとやるべきだ」などと述べました。

 「(安倍首相が)一つ一つけじめをつけると、膿を出し切ると言ったわけですから、その通りの行動をしなければいけないと思います。疑惑払拭、国民の皆さんが納得してくれるために必要なことは、ちゃんとやるべきだと思いますね」(小泉進次郎筆頭副幹事長)

 北海道訓子府町で小泉氏は記者団の取材に応じ、加計学園問題について「世論調査を見ても納得している人が圧倒的に少ないことは明らかだ」と述べたうえでこのように強調しました。

 また、「北朝鮮の問題など世界の構図が変わろうとしている局面で、いつまで経ってもこうした問題に時間をとられ、与党も信頼を失い、野党も長く欠席が続くこと自体も評価されず、政治全体、行政全体の信頼が失墜していることは本当に不幸だ」などと述べました。

 

 

 同じ事象を報道しているのですが、若干の相違があります。省略したり、詳細を載せたり・・・と。

 

 

 皆さんは、どの報道が、「分かりやすく」「自分の思うところ」と一致するでしょう。

 

 

  それぞれに、「社」や「局」の「編集方針・報道方針」に則って、記事にし報道する訳で、その特徴を理解していないと、思わぬ方向へ導かれたりもします。気を付けましょう。

 

 

 

 今日も、のんびりと散歩&撮影に行ってきました。お天気も良すぎて「暑かった」です。

 

f:id:tomy2291:20180515233140j:plain

 

f:id:tomy2291:20180515233146j:plain

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。