「首に鈴をつける」のは誰でしょう 。

 

 あれこれと、色んなことを、いろんな方々から言われますが、当の本人は、「心の中」は別としても、表面上は「平静」を保っている。

 

 

 「首に鈴をつける」のは誰でしょう 。

 今の所誰も名乗り出ませんね。みんなで、いずれ誰かが名乗り出てくれると「息をひそめて」待っているんでしょう。

 進んで何かやると、後々、時ある毎にいろいろ言われそうですからね。

 

 その程度の人物の集まりが「自民党」です。

 

dot.asahi.com

 

 その程度の「自民党」を支持するのが、その程度の「国民」です。最近、少しだけ支持者が減ったようですが・・・。

 

 「お上」がそれなりにやってくれるから、黙って従っていれば良いんだよ・・・と、昔からの「悪しき慣習」が蔓延るこの国。

 

 そんな、「悪しき慣習にどっぷり浸かった国民」を最大限利用し続ける「自民党」です。

 

 今は良いかもしれない。

 でも、いずれ、「自民党」や「公明党」が造った「負の遺産」を、「処理」しなければならない時がやって来ます。

 遠い未来の事ではありません。間もなくやって来ます。

 

 

 

 

 今日は、JR東日本の「びゅうプラザ」へ行ってきました。

 

 今度の日曜日(22日)に、日帰りで「田舎」に行ってきます。今回は「クルマ」ではなく「新幹線」を利用することにしました。

 

 どうせなら、「座席指定」で、「自由席の空席」を探すことなく、ゆっくりと行こうと、昨夜、「えきねっと」で予約して、今日、発券してもらいに行ってきました。

 

 加えて、「週末パス」という割引きっぷも購入してきました。普通に乗車券を買うより、少しだけ「お得」のきっぷでした。

 

 「座席指定」では、「窓側」の指定ができたので、迷わず、「窓側」の席を要望し取れました。

もっとも、「上越新幹線」は、高崎(群馬県)⇔長岡(新潟県)間はトンネルが多くて、一番外を眺めたい区間も、「窓側の恩恵」はあまりないのですが・・・。

 

 

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。