「P1」と「P3C」。

 

 自衛隊イラク派遣は「非戦闘地域に限る」筈でした。

 日報には「戦闘」と記述されているところがあるそうで・・・。

headlines.yahoo.co.jp

 その記述を見つけた担当者はパニックに陥ったかも? 省内上層部にも報告されたでしょう。「官邸」へも報告されたでしょう。

 結果、無かったものとして「隠蔽」することに・・・。

  「公表」などしようものなら、上へ下への大騒ぎになるでしょう。

 

 そもそも、「災害復旧派遣」を除き、「軍隊」が出かけて行くところに、民間業者がその作業を行っても、安全に遂行できるようなところなんて無いでしょう。

 だから「軍隊」が出かけていくのではないでしょうか。

 政情不安な国や地域に、「非戦闘地域」なんて無いでしょう。

 

 だから、「非戦闘地域」とされているが、政情不安な地域には違いない。もしもの時には「身を守る為の最低限の行動は行う・・・、若しくは、即時撤退する」と明言したうえで、その地域への「派遣承認」を得ればよいのではないでしょうか。

 態々「非戦闘地域に限る」と足枷を嵌めてしまうと、それに引きずられて、「隠蔽や「捏造」がまかり通ることになる。

 

 

 

 

 「首相案件」ですから、何処の誰が「新設」に名乗りを上げても、乗り越えできない「理由」をつけて(作って)却下。

headlines.yahoo.co.jp

  「国家戦略特区」というと聞こえはいいですが、何のことはない、「首相」の個人的な「利益供与」でしょう。

 特区指定を審議する会議のトップ(議長)は「首相」、委員は首相のお友達やその他文句を言わない人物ばかり。

 「一点の曇りもない・・・」という結論は、初めから出ている。首相のお気に入りの案件だけ審議を通過するわけですから・・・。

  首相のお気に入りは「特区」指定「OK」。気に入らないのは「何とか理由を付けて」却下。それだけの事。

 

 愛媛県知事さんが、堂々としていられるのは、「首相案件」で、我々はそれに従っているだけ・・・という判断からでしょう。実際もそうですが・・・。

 

 「森友学園」だって、「教育環境の整備・・・」とか適当な理由をつけて「国家戦略特区」に指定されていたら、もう、「開校」しているでしょう。

 

  だ・か・ら・、柳瀬さんが正直に話さないことが理解できません。余程のことがあるんだな・・・と勘ぐってしまいます。

 「議長」が決定したことですから・・・という「立派な言い訳」があるのに!

 な・ん・で・?

 

 

 

 

 私の理解が正しければ、「うみ」は「首相」でしょうかね。

mainichi.jp

  柳瀬さんも、いやな役割を演じていますね。可哀そうにね。

 でも、どこかの「佐川さん」のように、5千万円もらって「ご勇退」かも知れません。当然、余生も保証されていて、数年後には、何処かの団体の理事長とかに・・・。

 

 

 

 

 「第3者委員会」で調査しなければ、事実は明らかになりません。隠した本人に何が調査できますか?

mainichi.jp

 結局、頑張っていると見せかけているだけの「防衛相」が垣間見えるだけ。

 まあ、北陸のほうに地盤を持つ「崩れ弁護士」よりは「マシ」か?

 「大臣」は「飾り」ですからね。

 取り仕切っているのは「・・・本部」のお偉いさんです。事務方とはいえバックには「鉄砲」が控えていますから・・・、コワイですよ、文句を言うと撃たれます。

 

 

 

 

 

 先日行って来た「厚木基地」で撮りました。

 

f:id:tomy2291:20180414105955j:plain

 

 「P1」国産(川崎重工製)の対潜哨戒機。

f:id:tomy2291:20180414110039j:plain

f:id:tomy2291:20180414110934j:plain

 

 「P3C」ロッキード社製対潜哨戒機。

f:id:tomy2291:20180414110427j:plain

f:id:tomy2291:20180414110318j:plain

 

 

 明日は「大荒れ」のお天気だそうです。気を付けましょう。不要な外出はひかえましょう。

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。