福祉ボランティアの日々

「何で?そうなの!?違うじゃん!」を綴ります。

「証人喚問」で、何が分かる?

 

 ここでも「政治家(自民党文教族)」の介入の疑いが・・・。

headlines.yahoo.co.jp

 日ごろから、日常的に、こういうことを繰り返しているでしょう。

 調べたければ、自身で問い合わせすれば良いことを、「文科省」を経由してやるところが、「安倍一強」下の自民党の『驕り』」でしょう。

 それを、その通りに行ってしまうのは、「官僚」の「政権」への「忖度」の賜物です。

 

 文科大臣の言い訳も歯切れが悪い。

 「法律的には何ら問題はないが、担当部局(担当者)に注意した・・・」と会見で述べていた。一見、満点の「言い訳」に思えるが、全く違う。

 「問題ない」のに「注意する必要」があるのかな? 大臣殿!

 マスコミもおかしい。会見のその場で、なぜ? 文科大臣に「疑問」を問わないか!? 「問題はないのに、なぜ?注意するのか?」と。

 

 「劣化」したマスコミが、政権の都合のいいように対処されてしまっている「好例」だ。

 

 

 

 次々と「新事実」なるものが出てくるが、まだ、「本丸」の前の「外堀」で足踏みしている。

 国民は、薄々、「本丸は・・・」と気づいている。

 ポツポツと出てくる「世論調査」に、それが反映されるだろう。(既に「支持率の急降下」を報じるものもある。)

 

 悪者に祀り上げられている「佐川さん」の「証人喚問」も実現するだろう。

 でも、それも、何処かの機関の「鶴の一声」で、やってもやらなくてもどうでもよくなると思う。

 それは、「大阪地検」が「『佐川さん』から事情を聴く・・・」と表明すればよい。これによって、「佐川さん」は、「・・・発言を控えさせていただく・・・」と、正々堂々と言えるようになる。

headlines.yahoo.co.jp

 誰にでも理解できる「分かりやすいシナリオ」は、政権の後押しの下で、着々と進行している。

 

 これに「待った」をかけられるのは、今に至っては、「国民」しかいない。

 

  しかし、最後まで残る「疑問」は、『「不正」を行ったところが、その「不正」を調べて何が分かるのだろうか?』ということ。

 

 

  関連して、興味深い記事があります。

www.msn.com

 

 

  明日もゆっくりのんびりいきましょう。