全ては、昨年2月17日から始まりました。

 

 本日2回目の記事になります。

 

f:id:tomy2291:20180313213519j:plain

 

f:id:tomy2291:20180313213602j:plain

 

 

 

 全ては、昨年2月17日、衆議院予算委員会で「安倍首相」が、こう言ってタンカを切ったことから始まりました。

 

 『私や妻が国有地払い下げに関わっていたということになれば、首相も国会議員も辞める』

 

 詳細は以下の記事をお読み下さい。

news.nifty.com(「日刊ゲンダイDIGITAL」の記事)

 

 この時以後、「財務省」は「改竄」の実行者(犯罪者)となったのです。

 また、これ以後、「財務省」が「改竄」を認めるまでの約1年間は、「改竄された公文書」に記載された事柄を「正しい」ものと信じて、「国会」は疑惑解明に当たってきた訳です。

 「財務省」は、国会、いや、国民を敵に回してしまったことになります。この背任行為の責任は、一担当者の辞任や解任では済まされません。

 

 

f:id:tomy2291:20180313213702j:plain

f:id:tomy2291:20180313213647j:plain

 

 

 

 明日は福祉ボランティア活動日です。少し過密スケジュールのようです。しっかり頑張ります。

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 当地の「ソメイヨシノ」の蕾は、まだ、硬いです。