「日米『不平等』地位協定」。

 

 理不尽な「日米地位協定」は、即刻、「改訂」しましょう。 と言っても「安倍」にはできません。「100%アメリカに追従する(100%完全に一致した・・・)」と時ある毎に恥ずかしげもなく語ります。聞いている記者たちも「何も言いません」。

 ヘリやオスプレイが落ちても部品落としても、「再発防止と原因究明を強く申し入れた・・・」と偉そうに防衛大臣などが語りますが、これも「スタンドプレイ」です。「日米地位協定」を前にしては「戯言」でしかありません。 

blogos.com

  先の大戦敗戦国である「日本」「ドイツ」「イタリア」などは「地位協定」を無理矢理理不尽な形で締結させられました。敗戦国なので文句は言えませんでした。

 しかしながら、現在、「ドイツ」や「イタリア」などは「粘り強く」交渉を重ね、その「理不尽」な部分は「改訂」し、双方が同等の協定になっています。わが国だけ「自民党政権」が長い間ほったらかしにして現在に至っています。

 

 「うそ八百」を並べるんじゃない! と言われるかも知れませんね。

 簡単なことがひとつあります。

 「横田空域(よこたくういき)」という語句をWEBで調べてみて下さい。首都東京の上空は「日本」は管理(管制)できていません。米国の管理(管制)区域です。「高度」や「区域」が細かく設定されていて、日本の民間機がその空域を飛行する際は「米軍」の許可が必要です。

  自国の首都の上空を飛行するのに「米軍」の許可が必要っておかしくないですか? 一事が万事、これが「日米地位協定」なのです。

 

 沖縄の「那覇空港」を利用された方はお気づきかも知れませんが、「那覇空港」の遥か手前から「低空飛行」していたのをご存知でしょうか?

 別に、沖縄のきれいな海を眺められるよう航空会社がサービスで低空飛行したのではありません。米空軍「嘉手納基地」の空域を管制する「米軍」の仕業です。

 

  「嘘」で「口から出まかせ」を書いているわけではありません。以下の書籍に詳しく書いてあります。図書館にあるかどうかわかりませんが、是非!ご一読を。

知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)

知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)

 

 

 

 今日の国会も酷かった。夕食を作りながらラジオで聞いていたが、「安倍」は、今国会の「目玉」という「働き方改革法案」など興味がない。こんなデタラメな法案で野党の質問時間を使わせているうちに念願の「憲法改正」を一気に進めようとしているのでは・・・?と感じた。

 「丁寧」に、「真摯」に、「しっかり」と、「説明責任を果たす」は、はるか彼方に飛んで行ってしまったような「不誠実」な答弁に終始している。子飼いの「厚生労働大臣」が、これまた「不誠実」な答弁に終始していた。

blogos.com

blogos.com

 全くその通りです。もっと「怒り」ましょう。

 

 

 

 散歩の序に「菜の花」を撮ってきた。

 もう、「春」もそこまで来ています 。

 

f:id:tomy2291:20180220111724j:plain

f:id:tomy2291:20180220111733j:plain

 

 

 今度は、「燃料満載」の燃料タンクが落ちてきた。落ちてきた燃料タンクは航続距離を延ばすための増設タンク。昔、ゼロ戦がおなかの下に付けていたものと用途は同じ。

 こんなもの付けたまんま緊急着陸したら危ない(場合によっては炎上するかも)ので、着陸寸前に放棄した・・・というのは理解できるが・・・。

 最近、弛んでいませんかね。米軍さん。

www.asahi.com

 例によって、防衛大臣は、米軍に抗議したとか偉そうに会見していたが、上で書いたように全く意味がありません。住宅地などに落ちなかったのが不幸中の幸いか。

 

 

 

 明日は朝から福祉ボランティア活動。

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。