「雪」当たりましたね。

 

 またまた出ました「ウソ」と「隠蔽」。

 県警の事情聴取には、最初は、「妻」が運転・・・、その後一転、「自分」が運転と供述を変える。「相撲協会」へは「報告せず」隠す。ニュースで明るみに出ると、同じように「妻」が運転と言い張る。

 何かせねば世間の皆様に・・・と、取り敢えず「休場」。

 また、ワイドショーの「ネタ」が。何人かのコメンテーターが入れ代わり立ち代わり出てきて「憶測」を言い放つ。

 

 警察が調べているのだから、いずれ真相は明らかになる。それまでは放っておけ。「相撲協会」の自助努力なんて誰も期待しない。

 

 今度は、小室さんが「文春」の餌食になりました。「不倫」なんて当事者同士の問題。他人が口出ししてどうする? 夫婦関係や男女関係なんてみんな同じじゃない。みんな同じほうが気持ち悪い。

 

 放っておけ。

 

 

 さて、予報が見事に当たり、我が地も「大雪」です、オヤジ予報士の推定積雪量20㎝。

 おやじをはじめとして北国出身と思えるドライバーは、難なく、雪煙を立てて走り去る。

 「雪」の経験なさそうなドライバーは、平気で、道路の真ん中にクルマ放置して立ち去る。

 

 明日の朝は冷えるそうなので、朝方、出勤の方は大変だろうと思い、先程、住宅内の道路を何周かして「轍」を付けておいた。

 4輪駆動じゃないので少し難儀したが・・・。

 その「轍」も数本になるように周回毎に少し位置をずらしておいた。少しは歩くのが楽なように。その後、日が照れば、その轍部分から雪が解けて地面が出ていく。

 「雪国」の知恵だ。

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。