そろそろ「年賀状」も・・・。

 

 相変わらず「携帯電話」市場が話題ですが・・・。「万年ガラケーユーザー」には何のことかわからないことが多いです。

 少なくとも、歩く時も「スマホ」を持ちながら時に使いながら「人」や「モノ」に当たるぶつかる。自転車にのっているときも、車を運転しているときも、「スマホ」の画面を見ていないと落ち着かず、時に「人」に危害を加えてしまったり究極的には死亡させてしまったり・・・、そういう人間にはなりたくありません。

 携帯(スマホ)に何を求めるか? というところで気が付いているようで気が付いていないところでもあるのでしょう。(気が付かないほうが良いと思いますが・・・)

 メールと電話くらいしか期待しないユーザーは(私もその一人ですが)、「スマホ」など全く必要性を感じません。

news.nifty.com

 楽天が「キャリア事業」に参入するそうです。何か「勝算」はあるのでしょうか? この飽和状態の市場に今更・・・という判断が多いようで「株価」も低迷しているそうで。

 「株」はやっていないのでどうでもいいですが、各社の競争で「安くなる分には良い・・・」というご意見にも違和感を覚えます。

 「スマホ」対「人間」、「安い」「高い」という簡単な問題ではないと思います。「便利」になることが「機能」が充実することが、「人間」にとって良いことなのか良くない事なのか・・・、うまく言えませんが・・・。

 その弊害も見え隠れしていることは認識できます。

 

 

 「新幹線」とか「リニア」だとか鉄道も話題には事欠きませんが、ど素人の思いとして書かせてもらえれば・・・。

toyokeizai.net

 「振り子車」は随分前から採用された技術です。今回もその改良版と言ったら良さそうな技術なんでしょう。色々と細かい技術的な数値などあれこれ言われてもわかりませんが、より快適に乗れるに越したことはありません。今回の改良車両では速度の速い遅いはあまり話題になっていませんが・・・。

 いつもこういう鉄道関連の話題に出会うとき、あまりお目にかからない事があります。それは「線路」の改良とか技術革新の話題です。

 相変わらず、枕木の上に間隔1メートル位隔てて2本のレールを置き、素人目に見ても頼りなさそうな固定方法で枕木とレールを固定し・・・というあのやり方。話題にならないだけで改良されているのかもしれませんが、鉄道の話題に出会うときにいつも「進歩ないな」と思ってしまう。

 車両の改良も重要ですが、もっと線路そのものの改良が成されてたとしたら、もっと快適にもっと安全にもっと高速で走行できるのでは・・・と素人は考えるのです。

 

 

 今日は夜になって久しぶりに「雨」が降りました。それほどの雨ではありませんが、少し空気の乾燥が治まった気がします。明日は、また、晴れのお天気だそうで、つかの間の湿り気かもしれません。

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 ようやく年賀状に取り掛かりました。今回の年賀状を境に、基本的に年賀状をやめることにする予定です。

 その判断が逆かも知れませんが、年賀状だけでつながっている方とは継続します。年賀状以外の方法でつながることができる方とは今回の年賀状で終わりにします。