誰も、何も、言わなくなって来た・・・。

 

 勢いに乗って、所かまわず「暴言」や「失言」を放つ「安倍首相」。10月11日夜のテレビ朝日報道ステーション」でも「暴言」を放っていた。

 

  しかし、これを取り上げているマスコミは僅か。

 

 弁護士の「郷原信郎」氏は、自身のブログで以下のように詳細に。

blogos.com

  記事を期待したい新聞では、「毎日新聞」が、書かなきゃマズイかな?程度の数行記事。

mainichi.jp

  何を忖度しているのだろう?

 

 郷原氏は、「このような首相発言が許されるとすれば、もはや今、日本は法治国家ではない。」と結んでいる。

 

 是非!ご一読願いたい。

 

 

 沖縄のヘリ墜落事故(不時着という語句を使っているマスコミもあるが、不時着で原形を留めないほど丸焼けになるかね?)でも変だぞ。

 

 小野寺防衛大臣は、米軍高官(在日米軍副司令官チャールズ・シュロッティ氏)との会談後、「原因究明まで飛行停止云々」と言っていたが、別の米軍高官(米海兵隊第3海兵遠征軍ニコルソン司令官)は「96時間の運用停止(飛行停止)」と言っている。(今朝の朝日新聞朝刊1面より)

 どっちが正しいのだろう?適当にあしらわれている感じがする。前の「稲田」じゃないから、話し相手にしているという「パフォーマンス」だけは出しているようだが・・・。

 「日米地位協定」によって、「植民地対応」してますからね、米軍は。

 ご存知のように、「日米地位協定」は、終戦直後に「占領軍(米軍)」と「我が国」が締結した「協定」なので、我が国は「何も言えない状況」で締結させられた。

 「ドイツ」のそれも「イタリア」のそれも、自国の主権はしっかり守られた協定になっている。

 

 トランプの「ケツ」追いかけている暇があったら、早く「改定」しろ! 沖縄の基地を減らすのも大事だが、こっちの方が遥かに「沖縄の皆さん」に良いことあるぞ。

 

 

 

 東名高速での死傷事故のこと。色々と取り上げられているが、今朝のボランティア活動でも、運転していた「福祉車両」を煽る人がいた。

 

 

 お分かりとは思うが、足腰の衰えた方を後部座席に乗せて走るときは、「急」の付く運転はご法度! ゆっくり走るが基本。

 

 何故か? 足腰が弱っているので、クルマの急な挙動にはついていけない。健常者であれば、足で踏ん張るとか、手でつかまるとかして、体の状態を維持できるが、手足が弱っているので、踏ん張ったり、つかまったりするのが、遅れたり、不十分であったりする。

 それを助けてあげるのが、「ゆっくり運転」。

 

 「ゆっくり運転」ということは、カーブを曲がるときはできる限りスピードを落とす、加速もゆっくり、減速(停車)もゆっくり・・・。

 

 これが気に入らないドライバーが激増している。兎に角「速く走れ!」と、煽って追いかけてくる。当然、追い越した後に、急に前に割り込む。

 まるで、東名高速の事故のドライバーと一緒だ。

 勿論、「福祉車両」の前後左右には「高齢者送迎中」のステッカーが貼ってある。

 

 

 

 さて、お天気は、暫く、「秋雨前線」が居座って、「雨模様」が続くという。仕方ないですね。

 

 我が住宅地は、晴れて適度に風が吹けば、時節柄、「独特の匂い」が漂う。

 

 「キンモクセイ」。

f:id:tomy2291:20171013105902j:plain

f:id:tomy2291:20171013105907j:plain

 カメラ:PENTAX Optio VS20 Compact Digital Camera
 撮影地: 横浜市泉区 2017/10/12

 

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。