「安全運転」で参りましょう。

 

 「小林よしのり」氏のブログ、思わず、「正解!」と叫びたくなる。

blogos.com

 

 「希望の党」が大敗北を喫する・・・。その通りだと思う。「排除する」発言が尾を引くことは間違いないと思う。

 「ブーム」は去った・・・も、そんな気がする。

 

 「緑の旗」の下に集まった皆さんを見てみると、「バラエティー」に溢れている。果たして、一つに纏まることができるのだろうか?

 テレビの「バラエティー番組」じゃないんだから、取るに足らないことを、わいわいがやがやでは済まない。何も決まらない(決められない)ような気がします。(余計なお世話か?)

 

 もっとも、わたくし的には、自身の主張を押し殺して(鎧の下に隠して)「踏み絵」を踏んでしまった「前民進党」の議員さんたち。選挙区に戻って「何と説明」するのだろう。是非!聞いてみたいのだが・・・。

 

 我が地にも、その、「渡り鳥候補者」となる筈の方がおられたのだが・・・。

 私鉄の駅から歩いて数分の好立地にあった「事務所」も無くなり、今回の選挙の立候補者名簿にも「お名前」は無い。「枝野さん」の仲間にも入らなかった(入れなかった)ようだ。

 

 その「枝野さん」、新党を立ち上げました。「希望の党」に行けない人達を集めて・・・などと悪口を言う方もおられますが、そういう方たちも、実は、「立憲民主党」に入りたかったりして・・・。

 まだ、離陸したばかりです。操縦桿をしっかり握って、巡航高度に到達し、順調に飛行を継続して下さい。

f:id:tomy2291:20170617235956j:plain

 カメラ:PENTAX K20D
 レンズ:TAMRON AF ASPHERICAL XR LD [IF] 28-300mm 1:3.5-6.3 MACRO
     + KENKO MC UV SL-39
     + KENKO Pz-AF 1.5X TELEPULS SHQ
 撮影地:2017/06/16 東京都大田区羽田空港

 

 

 「考え方」や「政策」は、同じところもあれば、相容れないところもあって当然。「訴え」をしっかり吟味する事が要求されるでしょう。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

 痛ましい事故でしたが、テレビ番組にでも出てきそうな(「警察24時」とかいう番組)執念の捜査が実を結んだようで、関係者の努力を労うとともに、事故に遭遇された方々のご冥福をお祈り致します。

www.asahi.com

 「PA」や「SA」で、駐車帯にクルマを止めず、「売店」などの前に直接クルマを止める方は、かなりおられますね。私が、よく利用する「関越自動車道」や「北陸自動車道」などでも時々遭遇します。

 また、高速道路に限らず、一般国道でも、特に「夜間走行」の時に、異常に接近して煽ったり無理な追い越しをしてくる大型トラックなどに遭遇することが時々あります。(ライトを上向きにして煽ってくるワゴン車などもたまにいますが、急ブレーキをかけて速度を落としてあげると、逃げていきます。この撃退法はお薦めしませんが・・・)

 現役の頃、数年間、工場勤務をしていた時に、出入りの運送会社のドライバーとの冗談交じりの会話で、「眠気覚ましにやることが・・・」と聞いたことを思い出しました。

 今回の場合は、「カッ」となって、前後の見境がつかなくなっての、いやがらせ走行が原因のようですが・・・。

 

 「安全運転」で参りましょう!!!。

 

 

 当地では、10月らしからぬお天気も今日までのようです。

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。