「潮目(しおめ)」。

潮目が変わったかも? ほんの少しだけ。 

 

 石破さんにお願いがあります。「新党」を結成して下さい。「アベ」自民党で言いたいこと言えないでいる人たちが大勢後を追ってきます。 

 出し物を変えて国民の「目を」「気を」逸らして、その隙に「憲法改正」を目論んでいる「アベ」を吹っ飛ばしてください。

 「憲法改正」結構です。その前に、堂々と議論しましょう! 姑息な誤魔化しはいけません。

www.msn.com

 

 またもや「文春砲」が炸裂! 多分、この方は、「全く問題ない」と会見で語るでしょうが、国民も慣れました。馬鹿の一つ覚えのような誤魔化しを。

blogos.com

 

 

 ところで、今日の「アベ」は九州方面の水害に遭われた方々のもとへ行った筈ですが、TVもラジオもネットのニュースサイトも「申し訳程度しか報道」していません。それよりほかに伝えたいことが沢山あったのと、報じる必要性をあまり感じな方のでしょう。また、一つ、目論見が外れました。残念な結果ですね。国民にアピールしたかったのでしょうが・・・。

 

 「加計問題」や「森友問題」の隠蔽工作を指示する代わりに、国民の意識の動向を、世論調査の支持率暴落の「ワケ」を、側近に調査を指示した方が今後の政権運営に役立つと思います。

 

 更に、二階幹事長の「落とすなら落としてみろ」発言から、ほんの少しだけ「マスコミ」の「態度」が「潮目」が変わりつつあることも、しっかり分析し対処しておいた方が良いかと思います。

 

 

 今の、大多数の国民の意識は、多分、こんな感じでしょう。

 

 国民からすれば、「モリカケ」騒動にウンザリしているというのが正直なところだろう。森友にしろ、加計にしろ、総理が頭を下げて、「今後、妻の政治的行動については謹しむようにする」。あるいは、「加計学園の問題については、いったん白紙に戻して検討したい」と、言えば済むことであったと思う。

 それを、周囲の疑念の声を無視して強行突破を図ろうという一強の奢りが、国民の反発を食らい、ずるずると自滅するように自分を追い込んでしまったというのが、安倍内閣の現在ではないだろうか。もっと大切なことは幾らでもあるというのに、何を蟻地獄に足を取られているのか、多くの国民はその政治的稚拙さにあきれ果てているということか。

 政治家が政治的稚拙さから、自滅する。お願いだから、こんな馬鹿な田舎芝居はもういい加減にしてもらいたい。

 

 

 安倍は祖父の岸元首相の思想を完全に引き継ぐ極端に歪んだ右翼思想の持ち主であり、国内においては稀有な存在だ。
 安倍は森友学園加計学園問題で苦境に陥っているが、身から出たサビだ。日本で極端さを売り物にして人気を博した時代は小泉純一郎に始まり安倍で終わりだ。所謂、軍国主義に戻ろうとする安倍はもう時代の流れから外れてしまった。
 政治家は当然ながら時代の一歩先を観て自国民の繁栄を真剣に考えなくてはならない。しかし、安倍は自国民を度外視し、利己主義を貫いて、米国筆頭に他国や与党はじめ周辺人物の利益のみに猪突猛進している。このような宰相の国の民はとても残念というべきだ。
 遅かれ早かれ、必ずや国民からしっぺ返しされる日がやってくることは間違いない。事実、都議選惨敗は安部の終焉のはじまりだ。

 

 

 とあるニュースサイトから引用させていただきました。誤字などは修正してありません。

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。写真撮りに行きたいなぁ~。

 

 我が家のネット環境を更新中なもので行けないのです。