「驕り」はいけませんよ!

【 今日の記事 】

1.「とても気になる、どう考えますか?」

 自民党にとっては、こういう態度を取れる議員さんは貴重な存在ですが、その「貴重さ」をご理解いただける幹部議員さんが何人おられるでしょう。

 心の中では同じ考えであっても、こうして公言できない方は、別の意味で情けないですね。

www.msn.com

 さて、下村幹事長代理はどんな判断を下すでしょう。とても楽しみです。都知事選の時の「すったもんだ対応」が、まだ、記憶の片隅にあります。

  

 前川さんの発言、説得力ありますね。しっかりと聞きました。

headlines.yahoo.co.jp

 うちのかみさんが言っていました。「前川さん、頑張ってほしい・・・」と。ごく普通の感覚だと思います。

 

 同じTBSのお昼の情報番組「ひるおび」(こちらはTVですが)に出演された「時事通信」の方、とても醜いコメントを連発していました。まるで、政府(官邸)側の報道官のように・・・。他のコメンテーターの反論に「ムキ」になって反論していました。

 この時事通信の方は、私の5月10日の記事でも話題に取り上げています(雑誌世界6月号の記事から抜粋)。折り紙付きの御用記者(コメンテーター)。

 

 

2.「言いたいこと(1.と関連あり)」

 それにしても、まるで、官邸直属の報道機関のように、朝日新聞の「文書」報道に当てるかの如く、前川さんの私的情報を大々的に報道した「読売新聞」。マスコミ各社・ジャーナリスト各氏からは多くの苦言が発せられている。まあ、政府・官邸寄りの偏った報道では定評がありますので・・・。ネトウヨ諸氏には絶大な支持があるそうですが・・・。

 「加計学園」問題と、前川さんの人格にかかわる件は、当然のことながら切り離して対処すべきことです。

 

 

3.「写真」

 今日も写真撮りには行きませんでした。

 

 

4.「ボランティア活動」

 明日活動予定の福祉車両運転ボランティアは、利用者さんのミスで中止となりました。たまにはこんな事もあります。「ドタキャン」ですけどね。

 

 

5.「終わりに」

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。ボランティア活動がなくなったので、何しよう?