「安英学」さん、ありがとう!!!

【 今日の記事 】

1.「とても気になる、どう考えますか?」

 この方も、ご自身の立場をご理解いただいていないようです。「私人」としてのご意見や思いをこういった公式の場で発言してはいけません。例え「私人として・・・」と断って発言したとしてもいけません、しっかりとお勉強して下さい。

headlines.yahoo.co.jp

  ちょっと見だと、「首相補佐官」が勝手にやったように捕らえられがちですが、それは「首相補佐官」の職務の範疇にはなく、すべて、「官邸」や「総理」や「官房長官」のご指示を唯々忠実に遂行するのです。従って、この記事における「要請」というものは、「官邸」「総理」「官房長官」の指示(要請)に他なりません。

headlines.yahoo.co.jp

 でも、姑息なやり方では右に出る者がいないほどの方々が総理はじめお揃いですから、これを「補佐官」が勝手にやった・・・と言い放ち責任逃れをやりそうな気配濃厚ですが・・・。

 

  前川さんは「嘘つき」にされそうですね。そうしないと、社民党福島瑞穂議員の質問に「興奮して、我を忘れて」答弁した通り「責任」を取らないといけなくなるのです。覚えていますか?「アベ」さん!

www.msn.com

 

 

2.「言いたいこと(1.と関連あり)」

 朝日新聞5月26日朝刊 池上彰の新聞ななめ読み

 加計学園「総理の意向」文書 それでも認めないトップ

 

 以下。転記します。(下線は筆者が追加)

 

 5月16日の夜7時、NHKニュースが「秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまが、大学時代の同級生の男性と婚約される見通し」という特ダネを報じました。これを受けて新聞各紙は翌17日の朝刊で追いかけます。各紙1面トップで報じる中、異彩を放ったのが朝日です。「眞子さま婚約へ」という記事は2番手で、1面トップに加計学園の新学部は「総理の意向」という別の特ダネをもってきたからです。

 この紙面構成にするに当たっては、社内で議論があったのではないかと勝手に推測しています。加計学園をめぐる特ダネ記事を1面トップにするか、眞子さまの婚約見通しをトップにするか。
 朝日は独自路線を選択しました。いい判断でした。
 加計学園の新学部に関し、安倍晋三首相の意向が働いたかどうか。これが最大の焦点でした。それを示す内部文書が文部科学省の中にあったというのですから、スクープです。
 〈安倍晋三首相の知人が理事長を務める学校法人「加計学園」 (岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画について、文科省が、特区を担当する内閣府から「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向だと聞いている」などと言われたとする記録を文書にしていたことがわかった〉 そうか、ついに決定的な証拠が出たか。一読して、そう感じたのです。
 朝日の特ダネに敏感に反応したのが毎日です。17日夕刊で、すぐに追いかけました。次のように。
 〈毎日新聞文科省関係者から入手したA4判の文書によると、「獣医学部新設に係る内閣府の伝達事項」と題された文書には「平成30年4月開学を大前提に、逆算して最短のスケジュールを作成し、共有いただきたい」「これは官邸の最高レベルが言っていること」と早期の開学を促す記述があった〉
 この記事を読むと、毎日が入手した文書は、朝日が得ていた文書と同一のようです。朝日の記事が重要な特ダネだと毎日も理解したのです。朝日が報じた文書について、同日午前、菅義偉官房長官は「どういう文書か。作成日時だとか、作成部局だとか明確になってないんじゃないか。通常、役所の文書はそういう文書じゃないと思う」と語ったそうです(18日付朝日朝刊)。官房長官は怪文書扱いしたのですね。不思議な対応です。
 本来、このような重大な事実を推測させる文書の存在が報道されたら、「重大な問題を提起している。早速事実関係を調べてみたい」と答えるべきなのではないでしょうか。それが、怪文書扱いして調べようとしないのは、何か不都合なことがあるからではないかと思ってしまいます。
 この官房長官の記者会見でのコメントに、朝日は事実をもって反論します。18日付朝刊で、作成日時と「対応者」の4人の実名が書かれていると報じたのです。
 さあ、こうなったら、実名が記された人たちは、なんと答えるのか。朝日は19日付朝刊で伝えています。18日の国会答弁で、「わからない」「記憶はない」と繰り返したというのです。
 さらに20日付朝刊で、文科省が文書の存在を調べたが「存在は確認できなかった」と松野博一文科相が発表したと報じています。「個人が省内で使っているパソコンは調べなかった」というのです。

 

 これを調査というのか。都合の悪い文書の存在が明らかにされたため、関係者たちが右往左往している様子がわかります。
 この対応に朝日は追い打ちをかけました。25日付朝刊で文科省の前川喜平前事務次官のインタビュー記事を掲載。事務次官在職中、問題の文書を見たと証言したのです。
 怪文書ではなくなりますが、松野文科相は25日の参議院文教科学委員会で、「すでに辞職された方の発言であり、文科省としてコメントする立場にない」と述べています。何としても認めたくない。教育行政のトップは、こういう人なのです。

 

 

 何とかして国民の気を逸らしたい「官邸」は、例の「官邸」御用達の報道機関(新聞2紙)を使ってあれこれと躍起になって報道させていますが、一般人が見るところ、自ら「墓穴」を掘っているように見えてしまうのはどうしてでしょう!

 

 

3.「写真」

 散歩がてら写真を撮ってきました。

f:id:tomy2291:20170527094841j:plain

f:id:tomy2291:20170527095406j:plain

 富士山もこんなになってしまいました。

f:id:tomy2291:20170527095725j:plain

 これは5月24日に撮った「笠富士」です。

f:id:tomy2291:20170524100519j:plain

f:id:tomy2291:20170527095903j:plain

 

 

4.「ボランティア活動」

 今日もボランティア活動はありません。

 私の所属している社会福祉法人の「高齢者・障がい者外出支援送迎サービス」は、基本的に、ボランティアが利用者さんを選んだり、利用者さんがボランティアを選んだりすることは禁止です。

 従って、利用者さんが「あのボランティアさんは親切だったから次に利用する時に指名したい・・・」とか、ボランティアが「あの利用者さんはすこし気難しい方なので担当しません・・・」とかはできません。

 とは言え、お互い生身の人間ですから、そういって原則だけを振りかざしてもいられません。

 ということで、来週活動予定に入っている利用者さんは、私を指名してきた方だそうで、事務所の配車担当者も断り切れなかったようです。

 

 あまりいい気持がしませんが・・・。

 

 

5.「終わりに」

 たまにはこんな話題も。

sportiva.shueisha.co.jp

headlines.yahoo.co.jp

  安さん、我がJ1「アルビレックス新潟」が、まだJ2でウロウロしていたころお世話になりました。安さんの活躍でJ1昇格ができたと言っても過言ではないと思います。

 先日(4月30日)にホームの「デンカビッグスワンスタジアム」で行われた「引退セレモニー」(写真はその時のもの)に行きたかったです。

 本当にありがとうございました。そして、今度は、「コーチ」&「監督」として、「アルビレックス新潟」に戻って来て下さい。首を長~くして待っています!!!!!

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。