読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「引っ込みどころは難しい」のです。

 彼方此方でいろいろな報道が出ています。どうも、敵は、北の国のようです。そのとばっちりで、超大型爆弾を投下された国はたまったものではありませんね。

 

 「暴走政権(勝手に何でもありの安倍政権)」の「施策」にも、同じように、彼方此方から、いろいろな報道をされることを切に希望して止みませんが、これについては「報道管制」がしっかりと効いているので「政権のポチ化進行中・継続中のマスコミ」には望む術もありません。

 更に、「森友」や「加計」問題から国民の気を逸らすには絶好の機会とばかりに、「暴走政権(勝手に何でもありの安倍政権)」は、「アメリカのポチです発言」をあたかも重大決定事項と言わんかのように繰り返している。言ってることはな~んにも意味なしで、「アメリカ」のケツ舐めてるだけ。(有害語句には注意しましょう!)

 

 一度手を挙げたら、それを引っ込めるのは、それ以上に、大変で・難しくて・ダメージが予想以上に大きくて・決断できないものになる事を、「トランプ政権」は理解しているだろうか? 「巨額の富を築いた不動産取引」のように、買う?買わない? では交渉中止・・・とはいかないのです。

www.msn.com

 「トランプ政権」の支持率が上昇したと報道されています。支持者は「何か?を期待」している証拠。その「何か?」を実行できない(実行しない)まま幕を引こうとしたら(幕を引いたら)、支持者は逃げて批判者に変わり、手を挙げられた当事国や関係する諸外国(地球上の大多数の国)からは「笑い者」にされます。「ば~か!、過去を学ばねぇからそうなるんだよ!」ってね。

 同時に、今度は「絶対に必要」って時に使えなくなりますねこの手法は・・・。「またかよ? どーせ使わないだろ(使えないだろ)・・・」と、序に、人気はガタ落ちに、世の中は大混乱に・・・。

 

 「同盟国」とか言って「正義の味方」面(づら)してた国は、もっと悲惨なことに・・・。

 

 世の中こうやって、太古の昔から、同じことを繰り返してきているのですが、某国営放送の「大河ドラマ」とか見ていると、そんな一端にお気付きになられるかと思います。相も変わらず「登場人物ほぼ固定のチャンバラ劇」ではありますが・・・。

 

 もう少し「冷静」な「報道」や「コメント」を期待しながら、「老人の戯言」を書いてみました。

 

 

 今日は、朝から良いお天気ですが強風が吹き荒れています。我が地の桜も散ってしまうようです。

 

 昨日撮った「名残り」の数枚を。

f:id:tomy2291:20170414104134j:plain

f:id:tomy2291:20170414104240j:plain

f:id:tomy2291:20170414075711j:plain

f:id:tomy2291:20170414075845j:plain

f:id:tomy2291:20170414080934j:plain

 来年も、また、「綺麗に咲き誇って」下さい!!!

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。

 

 残念なことですが、やってることは危険極まりないことですが、北の国が一枚上のような気がしてなりません・・・。