控えめに・・・。

 

 与党・自民党の惨敗に終わった「籠池さん」の「証人喚問」から一夜明けて、何とかして幕引きを図りたい自民党は、また、次なる姑息な手段を考慮中でしょう。

 

 それはそれとして、何が出てくるか「ご期待」申し上げるとして、このところの「北の国」の状況を聞くときに「気になる」ことがあります。(ずっと前から気になっていることですが・・・。)

 

 安倍政権が進める(安倍首相だけが、異常に、拘り続けているようにも見えますが)、原発再稼働のこと。

 「北の国」のミサイル発射実験や開発(改良)のニュースを聞くたびに、安倍首相は「新たな脅威」とかいう決め台詞を言い放ちます。確かにそうかも知れません。

 しかし、そのミサイルの標的はどこでしょう? アメリカ本土でしょうか? グアム島でしょうか? 沖縄でしょうか? 東京でしょうか?

 我が国の日本海沿岸には「原発」が並んでいます。我が故郷・新潟、能登半島、福井、島根。全部で何基あるでしょう。

 原発事故の恐ろしさと復旧の困難さは、東日本大震災での東電福島原発事故で周知のことです。稼働停止中だから大丈夫・・・なんて気休めは何の足しにもなりません。再稼働に備えて燃料棒は準備されています。

 そこに「北のミサイル」が飛んで来たら・・・、落下して爆発したら・・・。

 そのミサイルを迎え撃つ自衛隊の迎撃ミサイルは? どこに? 何基? 高性能な「イージス艦」は、どこに? 何隻?・・・。

 

 「南スーダン」行ってる暇があったら、こっちを何とかしたら・・・? 早期警戒のレーダーぐるぐる回していても、迎え撃つ「弾」はあるの? 「訓練」してる?

 

 と、いつも思います。 詳細を知る方がお読みでしたら教えてください。

 

 

 「森友問題」に戻って、

 

 天下の「読売新聞」の記事です。本当は、こんな記事書きたいくないでしょうけどね、読売さんは。

www.msn.com

 全くその通りですね。「何とか守ろう」と知恵を絞っている与党・官邸のご苦労がしのばれます。

  旦那は「口が軽い」。「・・・このことにについて関与しているようなことがあれば、総理いや国会議員を辞めなければいけない・・・」と軽口を叩いてしまう。これが足かせとなって無視もできなくなって対応に追われる与党・官邸。

 かあちゃんは「空気読めない」。こんな状況でも彼方此方講演に忙しく立ち回る。

 安倍ご夫妻のことです。

 一句出来ました。

 ◎ 役人を 二人携え 私人かな

 ◎ 軽口を 叩いて掘るは 墓穴かな

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。