ここまで書いてもらえる・・・。

 

 サッカーJ1は先日(11/3)でリーグ戦2nd.ステージを終了し、残るは年間一位(優勝)を決めるだけになっているが、名門チームの一つ「名古屋グランパス」がJ2に降格することになった。

 

 

 『「なぜ?」降格なのか・・・』というような記事やコラムがいくつか散見されたのだが、田舎の弱小チームでも2004年J1に昇格以来毎年のように降格ラインをウロウロしていて辛うじてJ1残留しているお荷物チームの「アルビレックス新潟」のサポーターからチョットだけ言わせていただければ・・・、

www.goal.com

 名門チームは良いよね! 根掘り葉掘り色んな事を書いていただけて・・・。

 

 

 

 自慢ではありませんが、我が「アルビレックス新潟」は、「選手育成」には自信があります。

 ただ、このように話題として取り上げていただくことは殆どなくて、毎年、シーズン終了とともに、ようやく主力選手として活躍できるまでに育て上げた選手を少々の札束と引き換えに攫われてしまいます。

 海外のチームに攫われるのは、少し嬉しかったりもしますが、国内のJ1とかのチームに攫われるのは、嬉しいどころか、少しばかりの憤りと、我が「アルビレックス新潟」の台所事情の悪さに引き留められなかった悔しさだけが残ります。

 今年も、これからのシーズンオフの間に何人の主力選手が攫われるか・・・心が痛む日々が続きます。

 まあ、選手からしてみても、万年下位で優勝なんか夢のまた夢・・・のチームになんか居ても良いことないですから・・・ね。それぞれに生活がかかっていますから・・・。

 

 

 

 上のコラム記事にもどって、いろいろと書かれている中で、選手がチームに対していろんなことを言っている・・・とか書かれていますが、そんなことできるだけ(言えるだけ)幸せじゃないですか? チームのことを真剣に考えておられる上での言い分だとは思いますが・・・。

 

 しかし、チームの運営に反発し喧嘩別れしたように退団した元選手が、監督が代わると同時に即刻復帰したことも、チームの状況を考えての行動だとは思いますが、かなりの部分引っかかるものがあります。

 

 やっぱりね!と思うのが、その即刻復帰選手は、J2降格と共に、また、監督と一緒に退団してしまいました・・・。「あんた何者!」と言いたくなります。

 

 まあ、ほかのチームのことなのでどーでもいいのですが・・・。

 

 

 

 

 そのチームの降格と引き換えに、我が「アルビレックス新潟」は、めでたく?J1残留を成し遂げました。

 我が「アルビレックス新潟」も、今シーズンは、監督選びを誤ったようで(前監督の目指すサッカーに選手がついていけなかった・・・が正しいが)、「名古屋グランパス」と同様に監督を交代させました。

 ただ、大金払ってどこかから見つけてくることなんて逆立ちしてもできなかったようで、育成チームを率いる監督を昇格させて何とか凌ぎました。J1で試合をした経験もない方でしたが、J1残留だけは成し遂げてくれました。

 

 

 

 

 名門チームで資金的(バックに付いている企業も含めて)にも、その予算規模でJ1上位のチームであっても、ダメな時はダメなのがスポーツの世界でしょうか?

 

 我が「アルビレックス新潟」とは事情が全く異なるが、シーズンオフの動静が気になる。

 また、記事やコラムも沢山書いていただけるのだろう・・・と思う。

 

 名門チームは良いよね! 根掘り葉掘り色んな事を書いていただけて・・・。

 

 

 私的には、相変わらず下位をウロウロする田舎の弱小チームであっても、その「愛」は変わりません。サポーターの一員として、我が「アルビレックス新潟」を「応援」し続けます。

 

 

 

 

 今日は午後からボランティア活動。朝曇っていたが晴れ間が出て気温も上がってきた。車椅子をご利用の利用者さんの通院送迎だ。

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。安全運転で。