読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日曜の午後。

 

 昨夜は、我が住宅地でも、日本人らしからぬ格好の子供たちや大人も交じって、「お菓子」を貰いに練り歩いている光景がありました。

 最寄り駅にクルマで迎えに行ったかみさんと、「日本人の宗教観ってなんなんだろう・・・」と老人同士の会話でした。

 もっとも、「🎃ハロウィン」自体の理解の中に「宗教的意味合い」はかなり薄れていて、単なる「騒ぎ」の一つになっている観はあると思う。「クリスマス」と同様に・・・。

 

 

 

 お天気がよければ「紅葉見物」の筈だったが、曇りベースの「寒空」で風邪でもひいてはいけない・・・と中止。少しだけ暖房を効かせた家の中に籠っている。

 

 

 

 プロ野球日本シリーズは「北海道日本ハムファイターズ」の勝利で幕。「広島ファン」には申し訳ないが、野球の技量だけではない総合的な「実力の差」ですね。球場全体を真っ赤に染めても勝てないもので・・・。

 

 

 

 先日購入した書籍、

デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)

デフレの正体 経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)

 

  なかなか読み進まない。発刊当時から話題になってはいたのだが購入を見送っていた。しかし、話題通りの内容。日本の昨今の世論をを支配したかに見える「リフレ派」(金融緩和策が全て・・・)の論者たちには、実際の数字(WEBなどで誰もが入手できる)を酷使した「目も耳も痛い論理」の組み立てが並ぶ。

 

「リフレ派」の皆さんはここにきて急激に「声」が出なくなっている。それもその筈、既に「敗北」に近い。「アベノミクス」と言えなくなった首相、とうとう方向転換を余儀なくされた日銀など。

 首相も国会答弁などで口癖のように「・・・しっかりとした検証が必要でしょう・・・」と言います。「リフレ派」の皆さんには。今、必要なのは、正にこれでしょう!!!

 

 発刊当時、これでもかこれでもかと叩きに叩いた皆様には、藻谷氏へ「謝罪」の一つもほしいものだ。

 

 『口は災いの元』

 

 その後発刊されたこの書籍にも同じように、

金融緩和の罠 (集英社新書)

金融緩和の罠 (集英社新書)

 

  どうか、「謝罪文」でも公表願いたい。批判するだけ批判してその後の検証なしでは片手落ちというものだ。無責任だ。

 

 

 

 サッカー「天皇杯」のチケットを購入した。

 第4回戦、「横浜Fマリノス」 VS 「アルビレックス新潟」 / 日産スタジアム

 毎年、3回戦くらいで格下リーグのチーム相手に敗戦していた、我が「アルビレックス新潟」だが、今年は何年振りかで4回戦まで進んできた。

 J1リーグもあと1試合を残すところ、どうもJ2降格濃厚なので、そうなると暫く応援に来ることもなくなる「日産スタジアム」での試合の、取りあえずの「見納め」でも・・・と思った。

 勿論、奇跡を信じて、J1残留天皇杯勝ち残りを願うことには、何ら変わりはないのだが・・・。

 

 

 

 音楽CDを購入した。

スナックJUJU ~夜のRequest~

スナックJUJU ~夜のRequest~

 

  全15曲カバーアルバムだ。

  

 今回は、自分的に、「五輪真弓」の歌う「恋人よ」がベスト。(個人差はあるでしょうが・・・)

恋人よ

恋人よ

 

 

 

 「JUJU」については、名前だけは以前から知っていたが、実際の歌を聞いたのは(見たのは)、NHK-BSの「ザ・カバーズ」という番組。

 

 

  その後、以下の2枚の音楽CDを購入。

Request

Request

 

 

Request II

Request II

 

 

 今回は3枚目。すべて「カバー曲」。

 

 

 「カバー曲」ということで、時に、自分流(歌う歌手流に)にアレンジしずぎる傾向があるが(「物まね」ではない・・・という部分ではそれなりの説得力はあるが)、その加減が「JUJU」の場合「上手」。

 「カバー曲」だけで「ライブ」が成り立つという歌手でもある。

 

 

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。