「鶴丸」急がず着実に。

 

 「鶴丸」とは、日本航空JAL)のマーク(鶴のマーク)の事。

 

 経営破綻してから再建のために多額の公的資金(支援)を受けたことに対する幾つかの制限が課せられていた日本航空だが、その制限が来年3月末で解除される。

 

 その一つが「新規路線開設制限」。下の記事では、日本航空JAL)への「制限」というよりは、全日空ANA)への「優遇」とも書かれているが・・・。

 

 例えば、今年4月に日米間で合意した羽田発着米路線枠でも、全日空ANA)4便に対して日本航空JAL)2便の割り当てだった。

 

www3.nhk.or.jp

www.j-cast.com

 

  来年3月末で、その「制限」が無くなることで「新規路線開設」が可能となって、成田空港が運用開始されてから、国際線⇒成田、国内線⇒羽田となって、NY路線は成田に移っていたが、来年4月から39年ぶりに、日本航空JAL)の羽田⇔NY線が復活するという。

 

 この「制限期間」を、逆に、最大限利用して「拡大」(路線拡大、新規路線開設、同業他社への経営参加など)を図る全日空ANA)だが、少し無理をしているところもあるようで、朝日新聞の同じ記事によれば(10/15付け朝刊)、収益は、日本航空JAL)>全日空ANA)だそうで、その無理が収益に表れているという。

 

 全日空ANA)、無理は禁物!

 日本航空JAL)、無理ぜず確実に! 採算性を重視して!

 

 というところだ。

 

 因みに、私は、日本航空JAL)が大好きです。全日空ANA)は好きになれません。

 

 理由は、単純! 「鶴丸」が好きだからです。(全くの個人的理由ですが・・・)

 

 羽田空港へ写真を撮りに行っても、後で写真を編集してみると、圧倒的に「鶴丸」が写っている。発着便数は全日空ANA)が多いのに・・・。

 

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。