「粗大ごみ」が消えた?

 

 今日は、我が家の「粗大ごみ」を横浜市資源環境局に処分をお願いした日。

 

 家の中の家具などを整理して、不要となった小さな家具などを廃棄することにしていて、廃棄すると決めた物の明細を、あらかじめ横浜市資源環境局にWEBでエントリーし、その廃棄指定日(粗大ごみを引き取っていただける日)が今日だった。

 

 これに合わせてこの前の日曜日に家の中を大掃除して、廃棄すると決めていた物(小型家具4点)を家の中にまとめて置き、今朝、指定された通り、粗大ごみの種類と大きさによって金額が異なる「粗大ごみシール」を指定された通り購入し、それを「粗大ごみ」に貼って玄関先に出しておいた。

 

 ところが、粗大ごみ取集車が我が家の玄関先に収集に来られた時には「何もなくなって」いた。

 

 作業員の方にお詫びするとともに「どうしましょう?」と聞いたところ、よくあることで、多分、リサイクル業者さんが持ち去ったか、リサイクル業者さんに売り渡すために誰かがもっていかれたんでしょう・・・かまいませんよ、とのこと。

 

 まあ、廃棄をお願いした小型家具は、汚れも傷も殆ど無く、リサイクルショップに並べたら売れそうなものだったが・・・。

 

 

 というようなことは結構あって、それを商売や仕事としている人もいるのだ・・・と作業員の方は言っておられた。

 

 

 まあ、世の中色々です。とは言え、法律に触れる行為だそうで、罰金刑が課せられるそうです。

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。