今日から「八月」、もう「八月」?。

 

 八月に入りました。待ち遠しかった「「梅雨明け」も、何とか七月中に明けて、夏真っ盛りです。

 

 先週末、殆ど義務的になってきている「ご先祖様の墓参り」にも行って来て、我が家は、もう、「お盆」も終わり、夏のイベントも終了です。

 

 近隣に複数の「分家」が点在する「本家」の者としては、その存在を示す唯一の証が「本家の墓に参る」こと。これを怠ると、後々良いことばかりではなくなる。若かった頃は、そんなのどうでもいいじゃないの・・・と考えていたが、年齢を重ねてくるとそうでもなくなる。

 たとえ、高速道路や新幹線を使えば数時間で行き来できるものであっても、行くと行かない、来ると来ないでは親族の対応ががらりと変わる。

 

 まあ、こんな風習(習慣)も我々世代で終わりかもしれない。

 

 

 

 

 さて、都民ではないが気になっていた都知事選は大方の予想通り「小池さん」が当選。やはり、「操り人形」は飽きられましたね。

 「増田さん」には申し訳ないが、当選されていたら、自民&公明の都議連が牛耳る舛添時代と何の変りもない状況になったでしょうから・・・。そこは完全に読み違えましたね。というか都民をバカにしていた・・・と思います。

 只、「小池さん」がその状況にどれだけ入り込んで変えることが出来るか・・・は疑問点も多々あると思います。少なくとも姑息なやり方で定評のある安倍政権がオリンピックに名を借りて乗り込んでくるでしょうから・・・。

 

 

 

 

 こんな記事が踊っていますが、

www.msn.com

 朝日毎日の記事ではありません。読売新聞の記事です。

 

 「会話ができる状態でない」って、どんな状態???

 

 自民党も政権の内閣改造を控えて大変な時期に「それはないよ!」と言いたいでしょうが、我々国民にも、高名な先生にでも「診断書」を書いていただいて、その状況をはっきり示していただきたいものだ。

 もっとも、「診断書」と言えば、「甘利さん」の時のこともあるので、少なくとも治療中の疾患の専門医に書いていただきたい! と思う。

 間違っても、「循環器内科」の先生には書いてほしくない。専門外ですので・・・。

 

 加えて、自民党だけの問題ではない!!!

 

 「党務の継続は難しい」のであれば、当然、「国会議員としても議員活動の継続は難しい」でしょうから、いつまでも国会議員としての報酬を税金から支払うわけには行かない。

 

 

 「谷垣さん」と言えば、自民党総裁であったときに何が起きたかご存知でしょうか? 「東日本大震災」です。

 

 時の政権は「民主党」でしたが、事象の大きさに意を決した時の首相「菅さん」は、自民党にも閣内に入って協力して「原発事故」対策や「津波被害」対策に力を貸してほしいと申し入れをしました。

 なぜ?「菅さん」は自民党にそのような申し入れをしたか? 長きにわたり自民党と良好な関係を築いてきた「官僚」や「団体」が、政権を取ったとはいえ右も左もわからない「民主党」を無視し続けていて、これでは、ろくな対応ができないと自ら判断したのです。

 

 これに対して「谷垣さん」は見事に断りました。当初からこの判断は論議を呼びましたが、今になって振り返ってみると、決して「適切な判断」とは言い難い事実が、今、幾つも幾つも存在します。

 このことについては、マスコミは報道しません、著書も出ません。理由はおわかりでしょう。

 

 「谷垣さん」には失礼ながら、「しっぺ返し」を食らってしまったのかも知れません。時の神様から・・・。

 

 

 

 今日も朝から「ムシムシ」。雲も多くて午後からは「雨」とか。今週後半までは、夏らしいお天気は望めないようです。

 

 

 

 今月末に、湘南海岸(江の島・逗子)で行われる「オープン・ウォーター・スイミング」のボランティア活動に関するメールが先日届いた。

 

 大会の詳細はこちら↓↓↓

shonanows.jp

 

 私が泳ぐわけではなくて、「ボランティア」として参加する。

 この大会のスポーツ・ボランティア活動は、もう一つのスポーツ・ボランティア活動の「湘南国際マラソン」に比べたら、参加人数もマラソン大会ほど多くなくて、アットホームな雰囲気で参加できるのが楽しい。

 

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。