読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一日中「雨」。

 

  朝からずっと「雨」。これで夏場の「水」も確保できたのでは・・・と思うくらい。

 ただ、神奈川県を除く関東各県の水瓶である群馬県山間部にあるダム付近は、あまり降っていないのだそうで、取水制限は強化することはあっても緩めることは今のところ考えられない・・・という。

 世の中、なかなか思い通りに物事は進まないようです。

 

 

 今日は我が愛娘の墓参りに行ってきた。もう少し早めに行く予定だったのだが、こちらも思うようにいかず、今日になってしまった。

 

 元気でいてくれれば、きっと、孫の一人や二人は・・・と時々思ったりもするが、これもまた叶わぬこと。

 

 今月末、今度はわが故郷の生家の墓参りに行く予定。こちらのほうは、少し早め。お盆の混雑を避けて。

 

 

 

 中部電力浜岡原発に用地を提供した地元の住民組織に、中部電力から累計で約30億円の寄付があったという。

 この件で、中部電力朝日新聞の取材に対して「地元の皆さんに迷惑をかけるのだから地域振興のお手伝いをさせていただくのは当然」と寄付の事実を認めたという。

 どんな「迷惑」をかけるのでしょうか? 安全!安全!と言いながら実はとても危ないものを作るので、その迷惑でしょうか?

 違いますね。原発立地が進まない中で寄付による反対派の切り崩しは電力会社の常套手段でしょう。

 

 

 今回の参議院選挙。自民党ほか改憲勢力の勝利に終わりましたが、「これが民意だ」とか「改憲を進める」とか言われている。

 確かに、この結果が民意だとすれば、自民党にとっては「頭の痛い民意」もあったことを忘れてはいけません。

 沖縄と福島で現職閣僚が落選しました。本来ならば、自分たちの地元から目出度く閣僚に就任した方を支持するのが普通ですが、沖縄では「普天間辺野古問題で、福島では「震災からの復興」で、それぞれ政権への批判が強かったのではないだろうか。

 また、東北6県のうち、福島を含む5県の一人区で敗れている。「震災からの復興」に加えて「TPP」への反対も政権への批判へつながったのでは?

 

 

 

 

 もう週末です。明日もゆっくりのんびりいきましょう。