読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「第三者委員会」は、こんなものですよ!

 

 どんなものか良く分からないので、私も質問したかったですが、出席した記者から、「舛添氏自ら費用を負担してお願いした弁護士(第三者委員会)の調査に、その中立性は保たれるのでしょうか?保たれているとお考えでしょうか・・・?」との質問に、表記の回答がありましたが・・・。

 

 そのお二人の弁護士さんの略歴(と言えるかどうかは疑問ですが)は以下のようです。

www.msn.com

 このニュース記事に対する読者のコメントが気にかかります。肯定的、否定的何れのコメントも的を得ているとは思いますが・・・。

 

 あと、記者の質問に対する回答の話し始めに「良くおわかりにならないからだと思いますが」という語句を何回か付けて話し始めていた。(実際に話された言葉は、もっとキツイ語句だったと思いますが)

 

 とても失礼な言い方です。

 

 こういう、少し「見下した、上から目線」の言い方は、こういう場では慎むべきでしょう。ご経歴からすると一般庶民には理解できない高所におられるのでしょうか?。

 

 家族の夕食を作りながらラジオで聞いていたので、その、語る表情などは想像するしかなかったですが、何となく高圧的な語り口であったような・・・。

 

 

 果たして、東京都民は「こんな事」を聞きたかったのでしょうか?

 

 

 「企業の不祥事」などで同じように「第三者委員会」が設置され、調査され、発表されますが、もう少しわかりやすく丁寧な会見がほとんどのように感じます。言い訳だけに終始していないと感じます。

 

 

 「舛添氏の疑惑」について、何が明らかにされ何が教訓として残ったのでしょう?

 

 

 

 今日は朝から弱い雨。「梅雨真っ最中」です。

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。