読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やはりそうでしたか・・・。

 

 今朝の朝刊、「世論調査」の結果が報道されていましたが、

www.asahi.com

 この中で(設問で)、先に安倍首相が「消費税増税」の延期について「再び延期することはない。断言いたします。」と明確に発言していたことについて、今回の「新しい判断」とかいう会見の中で、その発言を反故にしたことへの「言い訳や反省」には全く触れませんでした。

 このことに対して「世論」は、「大きな問題ではない」とする回答が、回答者の半数以上を占める結果となっている。

 

 「政治家の発言」とはそんなに軽い」ものなのでしょうか?

 

 自身の発言(公約)を、いとも簡単に、理由も告げずに、平気で変えてしまう政治家に「国の行く末を任せて」いいのでしょうか?

 

 

 ひとつ言えることは、「増税」を好んで受け入れる国民は皆無でしょう。しかし、この国の財政は危機的状況です。これをこれから国を支えて行く国民の皆さんの負担をできる限り減らすには、今から少しずつ「増税」することが必須です。一時的に増税すれば返済完了となる程度の借金ではないからです。

 「今が良ければ・・・」「あとは何とかなる・・・」では解決しません。一時的な多額の増税が経済へ及ぼす影響は想像を絶するものとなるでしょう。2%の増税でもこの有様ですから・・・。

 

 

 ところで、

 確か、数年前の「民主党(現民進党)政権」がその支持を失った最大の要因(原因)は「公約違反」であったはずです。

 

 

 数日前の記事に書きましたが、この国から、また一つ、「大事なこと」が消え去ろうとしていることを危惧します。

 

 

 

 

 今日は朝から曇り空。「梅雨」らしいお天気です。

 

 幸いにも、「夏風邪」は快方に向かっています。あともう少し! 長引かずに良かった! でも、気の緩みは禁物です。無理せず治しましょう!

 

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。