清々しいお天気で・・・。

 

 今日は、早朝ボランティア活動の為、その前に家事を済ませる必要があり、午前5時起きだった。

 と書くと、かなり無理して・・・と取られそうだが、そんなことは全然なくて、いつもの起きる時間と大差ないのだが・・・。

 

 午前5時は、もう、すっかり明るくなっている。つい先日までは、まだ薄暗くて、起きにくかったのだが、季節に移ろいはいつも通りのペースで進んでいく。

 

 

 水曜日恒例の、早朝介助ボランティア活動が終わってから、あっちこっち寄り道しながら帰ってきた。あっちこっちで写真も撮ってきた。それが楽しみでボランティア活動やってんじゃないの? と勘繰られそうだが、まあ、当たらずも遠からず・・・かな。

 

 今日のカメラは、ペンタックスK200Dデジタル一眼レフカメラタムロンマクロ付き望遠ズームレンズ。

 

 例によって、説明などは省略。思うところにピントが合っていないもの構わず載せる。

 

f:id:tomy2291:20160420075230j:plain

f:id:tomy2291:20160420075457j:plain

f:id:tomy2291:20160420075654j:plain

f:id:tomy2291:20160420075809j:plain

f:id:tomy2291:20160420075951j:plain

f:id:tomy2291:20160420080226j:plain

f:id:tomy2291:20160420080943j:plain

f:id:tomy2291:20160420081045j:plain

f:id:tomy2291:20160420081355j:plain

f:id:tomy2291:20160420082112j:plain

f:id:tomy2291:20160420082804j:plain

f:id:tomy2291:20160420082858j:plain

f:id:tomy2291:20160420082913j:plain

f:id:tomy2291:20160420083040j:plain

f:id:tomy2291:20160420084019j:plain

f:id:tomy2291:20160420084027j:plain

f:id:tomy2291:20160420084032j:plain

 

 

 熊本地方の「地震」だが、震源地が「大分方面」へ移動したかに見えたが、そうでもなくて、少しだけ反対側にも移動している。

 この方面へもっと移動していくと、「稼働中」の原発により近くなる。気象庁の専門家も「後付け」であれこれ「状況分析の結果」を述べているだけで「予測」を述べられる事態には至っていない。

 

 何か事が起きてからでは「遅い」。ここは「稼働させたい・・・」を「念のため・・・」に変更できないものだろうか?

 もう「原発神話」は止めましょう。「福島」がすべてを崩してしまったのだから・・・。

 

 「原発」に話題が及ぶといつも思い出す言葉がある。我が故郷の一老人が語った言葉だ。

 『そんなに安全なら、東京湾岸に作ればいいだろう! 長~い送電線も必要ないし、送電ロスも少なくて済むし、積もった雪をかき分けて鉄塔に攀じ登って、鉄塔や電線を点検して見回る必要もない・・・。田舎町の生活を壊すな!』と。(新潟弁を標準語に直しています。)

 

 この言葉に正確に反論できる者は、今も、誰一人居ない。これからも居ないだろう。

 

 

 今日も明日もゆっくりのんびりいきましょう。