「地球」が『怒って』いる?

 

 何をアホなことをぬかす!? と言われそうですが、「本気」で考えてみたくなる。

「地球」が『怒って』いる?

 

 「地球」の長~い歴史からしたら、我々が、今、住んでいるこの時代は、「地球」の歴史を1年に例えると、12月31日午後11時〇〇分からの〇〇分間なのだとか?。(「分」じゃなくて「秒」だったかもしれない。)

 そんな長~い年月かけて「地球」が作り上げたものを、ほんの一瞬で「枯渇」させようとしている「愚かな人間ども」に、「地球」が天罰を下そうとしているかも?・・・。

 

 このところの「気象現象」などを見聞きすると、そんな風に思ってしまう。

 

 一部の識者や一部の政治家たちが、「熊本・大分」の地震発生地帯に近い「原発」について、稼働を停止しては・・・という提言?を出している。

 政府や電力会社は「無視」の構えのようだが、そういうふうに突っ撥ねないで、ここはひとつ「稼働停止」してみてはどうだろう。

 「自然の力」に勝てないことは「福島」が示している通りなのだから、地震発生が落ち着いて減少傾向がはっきりするまでの間「稼働停止」したら、「市民」の「原発」に対する感情も、政府や電力会社から見て「好転」するのではないだろうか?。

 

 そういった「余裕」のある態度は、「原発」に限らず、あらゆる場面で「有効」で「必要」なことではないだろうか?。

 

 「ネトウヨ」の方々からは、「九州の電力」をどうするんだ!・・・的なコメントがニュースサイトに散見されるが、原発数基止めたからと言って、九州全体が「真っ暗」にならないことも、つい最近までの実績である。

 この国全体を見ても、ほぼ全ての原発が停止していても、「真っ暗」にはなっていない。電力会社の「停電が起きる・・・」という「脅し」も最近は聞いたことがない。

 

 現実をしっかり見る「目」も必要なことだ。

 

 

 さて、大荒れの天気は今日まで。明日は好天とか。

 

 

 明日は、愛車「ブルーバードシルフィ」の定期点検。序に「冬タイヤ」から「夏タイヤ」へ付け替える。

 

 

 明日もゆっくりのんびりいきましょう。