「情け無い」。

 朝から「雨」。風はないが少し強めの雨。一日降り続くかも知れない。予報では、午後には雨も上がるような? あんまり信用しない。

 いつもながらに思うことは、超高速・超高級なコンピュータに加えてお空の上にはこれも高性能な気象衛星まで上げてもらっても「この程度」。

 「気象予報」は「難しい」のでしょうね。凡人にはわかりませんが。

 

 さて、この所の安倍首相。少し元気がないように見てしまうのは私だけでしょうか? また、お腹の調子が悪くなったのでは? と勘繰ってしまう。お気の毒なことですが、その病気は薬で抑えてるだけなので、快癒した訳ではないのだそうで・・・(私が通う総合病院の主治医が教えてくれた)。

 

 「戦争法案(安保法案)」を前代未聞の「強行採決」で成立させ、最大級のお土産を持って、意気揚々と訪米したわりに、「オバマ」さんには会ってもらえず相手にしてもらえなかった安倍首相。

 「情け無い」。

 

 「アベノミクス」は、安倍総裁の任期があと三年続くと決定した九月二十四日をもって「第二ステージ」に突入したのだそうだ。希望と、夢と、安心のために「新三本の矢」-----第一ステージでは三本の矢は「折れる」か「あさってのほうに飛んで行き」、又は、「飛ばなかった」。

 今度はどうだろうか? 戦争法案成立によってガチガチに武装してるから、国民や国家を突き抜け、置き去りにして地球の裏側までぶっ飛んでいくでしょう。他国の為に。

 GDP六〇〇兆円達成で「戦後最大の国民生活の豊かさ」を。夢を紡ぐ「子育て支援」で希望出生率一.八を。安心につながる「社会保障」の構築で「介護離職ゼロ」をーーーーー。

 翌二五日の会見で「大きな目標を掲げているが、具体的にどのような道筋で進むのか」と突っ込まれた安倍首相は、実のあることを何も答えられなかった。

 「情け無い」。

 

 序に、総裁選挙で「嘘でもいいから対立候補を立てられなかった」自由民主党

 「情け無い」。

 

 もう一つ、「改造」と言いながら、新しく入閣させる「お友達」も少なくなって、留任される方が増え「変わり映えしない」との批判をかわそうと、とうとう自分のブログを「メインテナンス」とか言って「閉鎖に等しい」状態にしないと野党から非難の嵐を浴びそうな方まで入閣させる事態。

 「情け無い」。

 

 

 さて、昨日書いた通り、愛車の「臨時点検」に行って来よう。担当営業マンと取るに足らない世間話でもしてくるか。

 

 

 「雨」小降りになってきた。今日の予報は「当たり!」か。

 

 今日もゆっくりのんびりいきましょう。